スタッフ雑記

恐い間取りの家で稲川淳二や泉鏡花の怪談びたりしてたらゾゾゾとした的な。

投稿日:

金曜日です。

お久しぶりです。もういろいろと話題がうつろいゆく感じですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

夏といえばチューブと怪談ですが、今年は結構怖い話関連の本がにぎやかでございます。

こちらは文芸書コーナーで展開中です!

 

リイド文庫の稲川淳二の恐い話や、二見書房から刊行されてヒットした松原タニシの恐い間取りの続編、そして怪談と結婚した女と呼ばれている深津さくらの怪談びたり、個人的にオススメなのがぶっとくて高価な春陽堂書店の泉鏡花怪談会全集などなどいい感じに刊行されております。

で、そんな中でも個人的にこれ良いよーっていうのがあるんですが、それがゾゾゾです。

youtubeで心霊スポット探訪のコンテンツを配信したり、別番組で心霊写真のコンテンツもやってるんですが、コンテンツ自体も作りがめっちゃしっかりしていたり、他の心霊系とは違う探求心があったり、それになによりもメンバーがめっちゃいいキャラもっているんですよね!

で、彼らも同じく本を出しております。

ワニブックス「読むゾゾゾ」、こちらは幻冬舎新書の「ホームレス消滅」を書いた村田らむが執筆。

動画の展開を軸に心霊スポット探訪の独特の雰囲気を文章で巧く描いているのが印象的な一冊です。

もう一冊が日本文芸社「最恐心霊スポット ゾゾゾが体験した禁断の恐怖」こちらは配信コンテンツをリアルに再現した一冊となっております。

本当にめっちゃうまくそれぞれのメディアで魅力を発揮していてどれも楽しいんですよね。

しかも、多分今日、新しい動画が配信されるはずなんです!

一週間前に前半が配信されて、本日後半が配信されてるはずなので本を読んだ方もまだの方も知ってる方も知らなった方も一度どのメディアでもいいので覗いてみてみてください。

この世のものではない何かが覗き返してくるかも知れませんがそこはご了承下さい。

というところで今回は以上でーす。

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

カンパニー社「ハリー・スミスは語る」という本が出るのですが…。

金曜日に書こうと思ったんですが幾日が過ぎていき以前書いてから何回目かの月曜日となりました、お久しぶりでございますです。本当にめっちゃ久しぶりになってしまいました。 というのも毎年恒例の繁忙期!今年は繁 …

クリスマスなんだし

今、11月末。いよいよ年末がやってまいります。 私の誕生日は12/22、12/22です。いや、それはさておき 天皇誕生日、クリスマス、お正月、と街も騒がしく、どことなく気分も高揚する季節だと 思います …

no image

情報得るためにツイッター始めたはずなのに流れが速すぎて見逃してる的な事。

金曜日です。 11月ですね。あっという間に年末ですが、皆様は1月の芥川賞、直木賞って覚えてらっしゃいますか? 手帳というかノートというかを見返してて、この芥川賞直木賞から1年経ってないのかぁっていう思 …

no image

子供たちが読みたい本を、選ぶという仕事。

「ちょっと、子供らが読む本、選んでもらえません?」 月曜から土曜、ほぼ毎朝、栗林書房の前には、その日発売の新刊や、当店のスタッフが追加注文した商品をトラックで届けていただき、私はそれを確認し、いったん …

モノレール文庫

日曜日。 気持ちのいい朝、というのはこういう朝の事をいうのだろうな、と思う栗林です。 先日、大阪北部へ向かうべく、ものすごい久々にモノレールに乗る機会がありました。 電車に乗ると、ついあたりを見まわし …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。