スタッフ雑記

秘めたる想い、とどけ。

投稿日:2018年1月26日 更新日:

皆さんは文庫Xをご存知ですか?申し遅れました、金曜日です、というわけでブログ担当は(村)です。改めて、みなさん文庫Xはごぞんじですか?

文庫X

文庫Xこと殺人犯はそこにいる

これですね。写真が失敗して横むいちゃってますけども、時間がないのでそのまま挙げておきます。

本が推薦文で全く見えない状態で販売したプロジェクトなのですが、とんでもなくヒットしました。隠すことで興味を惹き、そして注目を集めることでこの本が打ち砕こうとした壁を破る背中を押すというような、色んな意味合いを持っている企画で「文庫X」とても面白いなーと見ていました(栗林書房も参加しました)。

ヒット作が出るとその企画と似た感じのものが出るのは多いことで、これあれのあれでしょ~みたいに言われたりしますが、そこに引っかかって肝心の内容を見逃してしまうことも多いのも事実です。というわけで今回はそういうの、がテーマ。

例えば、下村敦史さんの「闇に香る嘘」はこういう状態で売られています。

闇に香る嘘

下村敦史「闇に香る嘘」

写真が横なのがやっぱり気になるのはさておき、

この表紙が真っ黒っていうのにも意味があって、それを知ると「おおっ」って感じになります。そして負けじと内容も面白いんです。あれのあれでしょ?って想いは読むとちょっとあれ?って思ってしまう感じです。あと下村敦史さんの最新刊の「サハラの薔薇」も発売中!もちろん在庫ございますので気になった方はまとめ買いも是非是非。

そしてもうひとつは、本日入荷分のこちら。

小説X

蘇部健一「小説X あなたをずっと、さがしてた」

蘇部健一「小説X あなたをずっと、さがしてた」。写真が横なのにも皆さん慣れてきた頃でしょうか?

文庫Xがあって小説X?って思う方も多いでしょうが、こちらはタイトルが応募で決められるということで呼び名としての小説X、となっております。小説Xのページを見ると感想や推薦文のようなのが書いてあって、どんなの?って気分が高まるのでそちらも是非。単行本で1000円という安さも魅力のひとつ、気になる方に手に取って頂けるようこちらも入荷しておりますぞ。

 

色んな仕掛け、色んな工夫を出版社、書店はやっているのですが、全てはいい作品を気になるあなたに届けたいがためでございます。良い作品、素晴らしい作品がどうすればあなたの気を引き、そして気になったあなたに届くか、あわよくばあなたのお気に入りの一冊となればと思っております(もちろんこのブログも)。

 

というわけで、本日のブログは最近の一番気になる本は「ニッポンの歴代はしご車BEST100」、村尾でした。

ニッポンの歴代はしご車BEST100

中身はもちろん、見てのお楽しみだ。

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

VR栗林書房を考えてみたらこんな感じになっちゃいました(個人的意見)

金曜日です。 お盆休みもほぼ終わり、また通常業務に戻って行きつつありますが、その結果栗林書房のブログが三日連続の更新となりそうです。連日投稿の三本目で素敵な話、どこか出かけた話と来てるので僕は結構どう …

夏の心霊本のおススメです。

日曜日です。何か月か振りのブログ書きです。 夏ですね、夏と言えば怪談とか心霊、怪奇な本ですが、今年も暑さの到来と共に入荷しました。 深津さくら「怪談まみれ」、松原タニシ「死る旅」共に二見書房からの刊行 …

世の中の関心はどこに

さて、本日またしても台風上陸、するでしょう。 日曜日のブログを更新している栗林です。 我々、本屋にとって重要な仕事のひとつが、 情報に対して反応する というのがあります。よくあるのが、あまり嬉しくはな …

おでんは3日目がおいしい

こんにちは、栗林(B)です。 今日は秋らしい空で涼やかな天気でしたね! 3週ほど前、コンビニの横断幕が一斉に「おでん」になったのを見て 「早いやろ!暑い!」と思ったのですが それも今は昔、おでんが適温 …

最近の気になる新刊

どうも、暑くなってきましたが、まだまだこれから。 だって、 梅雨、入ってませんよね?? もうすぐ7月だというのに。 よく言われているのが、「異常気象」という名の「地球温暖化」、日本も 亜熱帯の気候にな …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。