スタッフ雑記

秘めたる想い、とどけ。

投稿日:2018年1月26日 更新日:

皆さんは文庫Xをご存知ですか?申し遅れました、金曜日です、というわけでブログ担当は(村)です。改めて、みなさん文庫Xはごぞんじですか?

文庫X

文庫Xこと殺人犯はそこにいる

これですね。写真が失敗して横むいちゃってますけども、時間がないのでそのまま挙げておきます。

本が推薦文で全く見えない状態で販売したプロジェクトなのですが、とんでもなくヒットしました。隠すことで興味を惹き、そして注目を集めることでこの本が打ち砕こうとした壁を破る背中を押すというような、色んな意味合いを持っている企画で「文庫X」とても面白いなーと見ていました(栗林書房も参加しました)。

ヒット作が出るとその企画と似た感じのものが出るのは多いことで、これあれのあれでしょ~みたいに言われたりしますが、そこに引っかかって肝心の内容を見逃してしまうことも多いのも事実です。というわけで今回はそういうの、がテーマ。

例えば、下村敦史さんの「闇に香る嘘」はこういう状態で売られています。

闇に香る嘘

下村敦史「闇に香る嘘」

写真が横なのがやっぱり気になるのはさておき、

この表紙が真っ黒っていうのにも意味があって、それを知ると「おおっ」って感じになります。そして負けじと内容も面白いんです。あれのあれでしょ?って想いは読むとちょっとあれ?って思ってしまう感じです。あと下村敦史さんの最新刊の「サハラの薔薇」も発売中!もちろん在庫ございますので気になった方はまとめ買いも是非是非。

そしてもうひとつは、本日入荷分のこちら。

小説X

蘇部健一「小説X あなたをずっと、さがしてた」

蘇部健一「小説X あなたをずっと、さがしてた」。写真が横なのにも皆さん慣れてきた頃でしょうか?

文庫Xがあって小説X?って思う方も多いでしょうが、こちらはタイトルが応募で決められるということで呼び名としての小説X、となっております。小説Xのページを見ると感想や推薦文のようなのが書いてあって、どんなの?って気分が高まるのでそちらも是非。単行本で1000円という安さも魅力のひとつ、気になる方に手に取って頂けるようこちらも入荷しておりますぞ。

 

色んな仕掛け、色んな工夫を出版社、書店はやっているのですが、全てはいい作品を気になるあなたに届けたいがためでございます。良い作品、素晴らしい作品がどうすればあなたの気を引き、そして気になったあなたに届くか、あわよくばあなたのお気に入りの一冊となればと思っております(もちろんこのブログも)。

 

というわけで、本日のブログは最近の一番気になる本は「ニッポンの歴代はしご車BEST100」、村尾でした。

ニッポンの歴代はしご車BEST100

中身はもちろん、見てのお楽しみだ。

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

12/1(日)初のトークイベント「賀一劇場」でした

前のブログでも投稿しておりました、 12月1日(日)14:00から16:00は 『47都道府県の歴史と地理がわかる事典』(幻冬舎新書)刊行記念 トークイベント、著者の伊藤賀一先生をお招きして、開催! …

かなしい

SNC45

あんまりちょけると叩かれそうですな、栗林(B)です。 家にあったバックナンバー。このロゴも見納めか 雑誌「新潮45」、炎上の末に休刊と相成りました。 事の成り行きにつきましては、各種メディアでご確認く …

お買いものパンダの本

キャラクター栄枯盛衰

こんにちは、栗林(B)です。 誰もツッコんでくれませんが、(B)はB型のBです。 書店員にはB型の人間が多いように思うのですが、いかがでしょうか? これをご覧になられた書店員の方、ご同僚方の調査報告を …

VR栗林書房を考えてみたらこんな感じになっちゃいました(個人的意見)

金曜日です。 お盆休みもほぼ終わり、また通常業務に戻って行きつつありますが、その結果栗林書房のブログが三日連続の更新となりそうです。連日投稿の三本目で素敵な話、どこか出かけた話と来てるので僕は結構どう …

目からウロコの、ブログの価値。

皆さん、こんにちは。栗林の番が回ってまいりました。 「最低ブログは続けたほうがええ」 と言われ、 「続けるってゆうても、ブログを書きつづける先には何があるんやろ?」 とふと考えてたら偶然にも、これこそ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。