スタッフ雑記

僕が好きな棚の一画。

投稿日:2017年11月24日 更新日:

栗林書房ブログ、今回は村尾が担当です。

栗林書房の男性誌コーナーの一画に書籍を置いてあるとこがあるのですが、少し前まではファッション系のものがパラパラっとあるだけだったので一冊、また一冊と置いている内に現在こうなっております。

かつてこの一画には多くのAVライターが文章を書いていたビデオ ザ ワールドや、90年代悪趣味サブカルブームを率いた青山正明率いる東京公司が作っていた危ない1号や鬼畜ナイトといった本が並べられていました。

カテゴライズすると「何か胡散臭い」がぴったり。

例えば、画像の青い背表紙であるワニ文庫の「怪しいアキバ漂流記」を書いたのは、90年代悪趣味サブカルブームの時に「文章の才能あるのに無駄使いしている」と評されたクーロン黒沢という男であり、この本の元となった「マイコン少年 さわやか漂流記」は、今となってはマイコン詳しく知らない人がほとんどだし、違法な改造情報が主なので実用性にある意味乏しいという胡散臭さ爆発な本なんだけど、とてつもなく面白い一冊です。

何か気になって見にご来店いただけると嬉しいです。みなさまお待ちしております。

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

変換は便利だけれど

こんにちは、栗林(B)です。 残念ながら(?)乱丁本に当たったことはありません。 一番よくあるのは、「カバーと中身が違う本」でしょうか。 何度か、お客様に指摘されたり 自分で発見したことがあります。 …

「本屋はなんや祭」お前もこいよ!!

栗林です。 昨日は、心斎橋のスタンダードブックストア http://www.standardbookstore.comにて 参加証明の特別なしおり。イラストも秀逸。   「本屋はなんや祭」 …

大阪にもいろいろあって

思い返せば二十年前、小阪、八戸ノ里、布施の本屋をハシゴしていました。自転車を得て拡大された生活圏内に本屋が本当にいくつもあって、それが学生時代は普通だと思ってました。 この本屋にはこれがある、あの本屋 …

作家自身が語る声の力

栗林です。当店では、店頭販売以外にもご依頼に応じて、学校様での検定受付 や、イベントでの販売なども行っておりまして、その一環で先日は、 大阪樟蔭女子大学様にて、出張販売。 「しょういん子育て絵本館」の …

no image

O君、Y君。

金曜日デス!ブログは(村)です。 教科書作業も山場を越えました。そこで色々と画像付きで報告しようと思ったのですが、栗林(B)のパソコンで画像を保存にした際、どこに行ったか分からなくなりました。(※業務 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。