スタッフ雑記

漱石の坊っちゃんが本当に坊っちゃんな件

投稿日:2019年8月13日 更新日:

金曜日です。

夏の集英社の文庫フェアの中の一冊、夏目漱石の「坊っちゃん」を読んでいるのですが、読んだことある人も多いのではないでしょうか?

この集英社文庫のナツイチ限定ジャケにつられて購入したのです。

あれ、改めて読んで見ると無鉄砲だが正義漢あふれる坊っちゃんが田舎で大騒動みたいにあらすじには書いてあるんですが、初っ端からなんか違うようなーと思う出だしではないですか?僕自身それが確信に変わったのは坊っちゃんが会ったそばからその人にあだ名をつけていった時でした。

赤シャツってあだ名のセンス!(もちろん赤シャツ着てるから!)

個人的にはめっちゃ爆笑しました。

恐ろしくあだ名にやる気が無いっていうか…あだ名と言えば今だと有吉な印象だったりしますが、漱石も負けてないぞ!山嵐!

そんな序盤を越えるとまぁ何だかんだあったりするのですが、ずーーーっと、本当にずーーーっと愚痴ってるんです。何もねえ田舎だなぁとか、こいつらバカじゃね?とか、団子喰いたいけどまた校長にチクられて怒られるからなぁーとかずっと言ってて(笑)

中でも、下宿先のご飯がずっと芋ばっかで辟易としてる時に、皮肉交じりに「今日も芋ですか?」って坊っちゃんが下宿先のおばあちゃんに言うと「今日は豆腐です」って言われて、「芋も豆腐も変わんねえよ!」って思うとことか神がかって面白いのでオススメです。

さて、そんな面白さ満点の「坊っちゃん」なんですが、読んでてふとめっちゃ怖いよなーって瞬間がありました。それは後半に坊っちゃんがこの地域にずっといると坊っちゃんですら”この地域の人々”になってしまうかもしれないというところです。

それはこの作品でよく言われる”正義感溢れる坊っちゃんが巻き起こす大騒動”の正義感はこの地域に根付いていないよそ者であり、ある種の高等遊民であるが故に発揮できたからであろうし、もしかしたらそれ故のタイトルが坊ちゃんなのかもしれないなーとも。

そうであるならこの作品は痛快無比ではあるがその最後は痛快無比といっていいのかなあとも思えてなりません。

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

店頭に立つ

GW、世の中は10連休でした。 当店は、当たり前ですが行楽地でもないため、どうしても人の出入りは少なくなります。 また、繁忙期を終え、やはりちょっと一息、皆さんに休みを取ってもらうには丁度いい 時期に …

no image

来年の手帳並んでますよ!

金曜日でなく日曜日です。 今しがたお昼を食べ終えて帰ってまいりました。 基本的に事務所の二階でお昼を食べるのですが、そこで日曜日には店長となんやらかんやら話をしております。 ちなみに本日は、アメリカ人 …

残り少ない・・・

こんにちは、栗林(B)です。 一週間ほど、トナーが少ないと言われ続けております。 「残り少なく」ってどのくらい? とコピー機に表示されておりまして、 使い始めて1年以上経つので、 「もう少し」って言い …

回収となっている本がありますのでご報告。

金曜日です。 先日、イーストプレスから発売になった外山恒一さんの「全共闘以後」という本が文章に誤りがあって訂正するために回収となったのですが、 そうでなくても落丁乱丁などがたまに発見されたりします。た …

no image

方言聞き間違いもしくはうろ覚えで微妙に間違えた説を検証。

木曜日といつもよりも一日早いですが(村)ブログ書きたいと思います。 皆さんはぶぶ漬けと言えば「帰らへんかなぁ、、、」の合図って言うのはご存じだと思うんですが、ではぶぶ漬けの”ぶぶ”って何かご存知でしょ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。