未分類

一筆箋のお話

投稿日:

当店の社員のお話です。(許可ももらったので、書いておきたいなと)

正月休みを取られる前に確認しておいたのに、書くのが今日になってしまいました。

ここ最近、私は店頭に立つ時間が少なくなり、社員が中心に立って日々の店頭を

運営・管理してもらってます。

よく文芸書とか文庫本を買って下さる若い女性がいたそうです。私は当然わかりません。

その方が、めずらしく文具の一筆箋を買って下さったと。

そしたら後日、その一筆箋に主に店頭の指揮をしてもらっている社員宛に

感謝の気持ちを綴った形でいただいたそうです。

イメージです。当店で販売中のものです

そういうお客様との関係を

築いてきてくれた店員には感謝の気持ちしかありません。

普段は、自分でも「あそこの店員さんはよくしてくれるな」とかあるし、特に声に出して

お伝えする事もないですが、こういうのを契機に、お客様から自発的にお声がけいただける

というのは、よほど今まできちんとした接客をしていたのだろうな、と羨ましくも

そのような模範となる方がいたからこそ当店は成り立っていたのだと改めて思います。

この社員に関わらず、店に立ってたらみんなにそんな話があったりするのだろうな、と。

接客業、無人とかAIとかあるのですが、対面だからこそ発揮できる力はこの仕事においてもまだまだあるなあと

思ったりしてます。ちょっと古いかもしれませんが。

 

 

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

書店員の仕事「雑誌と付録って別々なんですね!?」

栗林です。ちょっとご無沙汰してすいませんです。 先日は、長年お世話になっている、教科書関係の取引の会社様の創立50周年のお祝い に。なぜか今年は、90周年とか70周年とかキリのいい数字の会社様、大学様 …

キュンタ、はっけん、よまにゃ、ぶっくりん

もう、サッカーで頭がいっぱい、色々話題をまた振りまいてくれます、日本。 次はベルギー戦、夜中3時、でも観る! すいません、今日はこんなタイトルで。 ちなみにこれ、前の3つは「出版社の夏の文庫フェアのキ …

キャッシュレス

ここ最近、多くのメディアで取り上げられる 「キャッシュレス」 皆さんも一度は耳にしているのではないでしょうか? これは、当店に限らず、小売り店舗のレジまわりって、結構大変なことになってないで しょうか …

「化学の本、どれ売れてます?」相談に乗ります参考書売場。

2月が助走、3月がいよいよ本番の学校様への教科書販売。 当店では、レッド小阪店で一般書、雑誌を。駅南側、旧文庫の店では、現在、参考書専門店として販売しております。 幼稚園のドリルから、小、中、高校学 …

震災から10年:書店にできること

日曜日。 今、当店は教科書販売に片足つっこんでるくらいなところで、もう中旬からは どっぷりつかって、毎日目まぐるしく動いてそうです。 昨日は家に帰ると、やってたTVは、東日本大震災関連が多かったですよ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。