スタッフ雑記

今回はアダルティーなブログです。

投稿日:2018年10月26日 更新日:

角川書店 長谷川瞳「ヒアリングセックス」

金曜日です。今回はこちら、長谷川瞳さんのヒアリングセックスをご紹介します(角川書店)。少し内容がアダルティーです。すみません。

何故これを?って思いますよね。

多分、多くの人が知らないとは思いますが、ツイッターのハッシュタグに、すごいぼやかして言うと風俗嬢が出会ったお客様に関しての意見を言う感じなのがあるんです。

で、そのハッシュタグでよく書かれているんだけど風俗嬢がお客様に本当に止めて欲しい事として書かれているのでものすごい多いのがAVのプレイまんま行うというもの。

で、本の話に戻ると、この本の筆者である長谷川瞳さんは↑の話と似たような事例をあげて冒頭でこう書きます、「AVはファンタジ―」と(これを言い切っただけでも個人的にはすごいなぁと思ってます)。

AVの世界を歩いてきた長谷川瞳さんが言うので説得力あるなぁって感じですが、ではAVという良くも悪くも手本のようになるものがファンタジーとしたらどうすれば…という感じの流れで本は進んでいきます。

ananやデータハウスのハウトゥー本も読みやすくて良いですが、長谷川瞳さんの本はより踏み込んでると個人的に思うし、何よりもAVや風俗という現場を長年歩いている形なのでこれほど実用性のあるものはないんじゃないかなぁとも思います。

少しでも興味のあるかたは手にとっていただきたい一冊です。

あと2018年12月に大阪のロフトプラスワンウエストでイベントもするようなのでそのイベントの予習としても是非。

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

目の見えない人が見る富士山はどんなの?

金曜日です。 先日はある版元の説明会に行ってまいりました。メディアにこの本が登場しますので在庫確認を!ですとか、こういうの出しますんでご注目ください!みたいな感じで色々と説明を受けてまいりました。この …

漱石の坊っちゃんが本当に坊っちゃんな件

金曜日です。 夏の集英社の文庫フェアの中の一冊、夏目漱石の「坊っちゃん」を読んでいるのですが、読んだことある人も多いのではないでしょうか? この集英社文庫のナツイチ限定ジャケにつられて購入したのです。 …

no image

二度のどんでん返しに驚愕!(書き手が)

金曜日ですー。 先日、熱出したんですけど(現在ググッと下がっていってる最中)熱出ると寒気がするっていうか寒くなるんですね。季節外れにホッカイロがありがたいーって程に寒くなったのは初めてでした。 あと、 …

この時期、必ず来るんですけどね。

あれから10日ほどたち、繁忙期も大詰めです。 先日治療済の銀歯がポロっと取れて、お世話になっている歯医者さんに向かうも、まさかの金土日が臨時休業で、恐る恐る食事をしている栗林です。 春は、卒業、そして …

レジ袋が有料化、そして直木賞、芥川賞&大阪ほんま本大賞、発表です

6月末にて、キャッシュレス還元事業が終わりを告げ、 「ああ、手数料、もとに戻るなー」という経営者的に頭のイタイところで、 今度7月1日からは、 レジ袋の原則有料化 がスタートしました。これで我々が儲か …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。