スタッフ雑記

SNC45

投稿日:

あんまりちょけると叩かれそうですな、栗林(B)です。

新潮45

家にあったバックナンバー。このロゴも見納めか

雑誌「新潮45」、炎上の末に休刊と相成りました。

事の成り行きにつきましては、各種メディアでご確認ください。

休刊か、廃刊ではないのか。

 

個人的に、新潮社は好きな本が多い出版社で

ものすごく影響を受けた本もあります。

営業部の方としかお付き合いはありませんが、

このような事態を是とするような方はいらっしゃいません。

この炎上・休刊騒ぎが新潮社の総意ではないことは

様々なリアクションを見ても明らかなのですが、

 

・・・なんか、生きづらいですね。

なんか、ではなく言語化しないといけないのですが。

 

いままで心がけや思いやり、もしくは人の関係性みたいな

ちょっと曖昧な前提で守られていた部分が

なんの防壁もなく曝されてきている、そんな感じです。

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

マウス

アップデートと戦う

こんにちは、栗林(B)です。 近畿地方も梅雨入りしましたね・・・ もう、ご来店いただいている方にはおなじみ(?)、 湿気が多すぎて「本の表紙がべろんべろん」状態が慢性化する時期でして なんかもう・・・ …

村上春樹とかシャンシャンとかフェアのお知らせとか

金曜日です。まず村上春樹の短編が三つ収録された文學界が発売しております。本になるまで待てないという方は是非ともお手に。 文学界7月号 そしてお次は上野で大人気のシャンシャン。 シャンシャンは出版界にも …

no image

水道橋博士の新刊とサイキック青年団と私。

ブログ、今回は村尾です。 今回のオススメ本は、文藝春秋 水道橋博士「藝人春秋2 (上) ハカセより愛をこめて」です。 藝人春秋2 僕が水道橋博士というか浅草キッドを知ったのは、関西ならよくあることだと …

「司馬さん」を偲んで。

先日のブログにあった、教科書販売の一回目の倉庫内の準備を、みんなが手早くやってくれたおかげで、本日はお休みをいただいたクリバヤシです。 本日は、国民的作家、司馬遼太郎さんの命日です。 記念館の外観です …

読者がいない、なんて嘘だと思える光景。

栗林です。 先日のブログにて書いておりました、商談会の終了後、そうそう梅田まで出る事もないので店に戻る前に、寄り道という名の書店見学、あ、逆か。 ブックスキヨ〇〇さんも、ブックfa-○さんも、蔦○さん …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。