スタッフ雑記

「常識」は変化していく

投稿日:2018年7月29日 更新日:

台風。まさかの「逆走」です。

今までの「常識」では考えられない

というフレーズがテレビでも連呼されておりました。そらそうですよね、
まさか東から西に台風が、なんて思いもよりませんでした。

さて、そんな中、当店は7月末は

棚卸(たなおろし)

店頭にある商品在庫をすべて洗い出す作業を行っており、もうすぐ終わる予定です。

昔は手書きで数を記入し、それを集計して、と膨大な量を計算してましたが、今やどこでもデータ化が必須で、小さい店ながら、小さい店だからこそ在庫金額を把握するために、当店もハンディターミナルを使ってバーコードを読み込んで集計を取っています。

ハンディターミナル。
今や棚卸の必須アイテム

そんな中、この業界では書店にとっては大変大事な

スリップ

最近、読みました。

書名や著者名、バーコードなどという、本の間に挟まってるシオリのようなものですが、
現場ではこれで何が売れたのかを感じ取りつつ、次の発注をどうするか考えたりするのに
非常に有難かったのですが、

それもデータ化の流れ、紙の資源の問題もあってか、

スリップレス

(スリップが入ってない)の出版社がじょじょに増えてきました。これってもう

「売場はPOSレジが入ってて、店頭在庫はデータ管理されてるのがもう常識でしょ」「まだなら対応してくださいねー」

というメッセージなんだと思うし、できる限りその「新しい常識」に対応していくことも仕事ですが、どうにもならない部分もあって、

スリップがないと、売れたかどうかがわからなくなるよ、って問題も出てくるのです。

そこで当店では事務所特製スリップで対応

「司馬遼太郎記念館」仕様です。

当面は、これで販売データを取っていきます。

これは量が限られてるからできることなんですけどねー。

時代に合わせて、しなやかに対応していきたいものです。

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アナログ社長の「PCと友達になりたい」 

社長の栗林です。 店頭に立つ時間が減りましたが、荷受けから品出し、返品、発注、現場の仕事もやっております。このたび友人の力を借りてホームページを再整備いたしました。 これ、恥ずかしながら、三度目の正直 …

文庫X

秘めたる想い、とどけ。

皆さんは文庫Xをご存知ですか?申し遅れました、金曜日です、というわけでブログ担当は(村)です。改めて、みなさん文庫Xはごぞんじですか? 文庫Xこと殺人犯はそこにいる これですね。写真が失敗して横むいち …

売れるものは売れるのだな、と思わざるをえない その1

ラグビー。ホント熱かった。にわかファンの栗林です。 あの稲垣のトライ、普段先頭でカラダを張っている人間の代表初トライ。サイコーでした。 さて、10月から 消費税 上がりました。   本、ます …

魔術的芸術

それが素敵な子どもかは、さておき。

一週間ぶりのおまっとさんでした(キンキン)、今回のブログは、村尾です。 ある本を紹介しようと思うのですが、その本の内容的な事は多くの批評家などが書いているので(あらゆる芸術を網羅し、魔術的という括りで …

なつきさん

小阪雑記

こんにちは、栗林(B)です。 当店には3台のレジがあり そのうち2台はタブレットレジといわれるモノを使っております。 その名の通り、タブレット(スマホよりはデカく、ノートパソコンよりは小さい)に レジ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。