スタッフ雑記

前野ひろみち「満月と近鉄」入荷しております。

投稿日:

月曜日になってしもうたーブログ更新ですー。

さて、我が栗林書房は近鉄河内小阪駅前にございましてそれ故に近鉄線であったり、東大阪、大阪、関西に関する本が出た場合には厚めに仕入れてお客様に魅力をアピールするんですが、この度も面白い本出ました。

角川書店から角川文庫の5月25日発売分の新刊として刊行されました、

前野ひろみち「満月と近鉄」です。

作品中に奈良や近鉄電車も登場する摩訶不思議な作品集です。

解説は仁木英之(この解説というか単行本化のいきさつというかもめっちゃ面白い!)、そして文庫化に際してかつてWEBで掲載されていた森見登美彦と作者の対談を追加されております。

このメンツだけでもごっつあんですですが、まだまだおすすめポイントがありまして、僕自身、ここにやられたのですが、単行本の時のタイトルが”ランボー怒りの改新”っていう。

良いタイトル!!

そしてこのタイトルに作品も負けず劣らず独特で味わい深いので、ぜひ気になった方はお手に取ってちょっとでもいいので読んでみてみてください。

是非ぜひどうぞー

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

岡本太郎のことば

先日は「サラダパン」やらワイナリーやら、最後には書店を結局見たりというのをフェイスブックで投稿し、うかれてる様をさらけだした栗林です。車に乗って、遠出するのってサイコーです。 そんなわけで、更新日がず …

no image

テレワークはむずかしい

こんにちは、栗林(B)です。(まだ居りますョ・・・) テレビをつけても新聞読んでも雑誌の見出しをみても コロナコロナコロナ・・・コロナ疲れも甚だしい:cry:    書店業をテレワ …

no image

芹明香

今回はワイズ出版から発売、鈴村たけし/鵜飼邦彦 編「女優 芹明香伝説」のご案内です。 以前、黒岩重吾「飛田ホテル」をご紹介した時に釜ヶ崎の本もいくつか紹介しました。 でも僕の中で釜ヶ崎と言えば映画で大 …

ちょっと変わった本のご紹介。

金曜日でございます。担当は(村)です。 今回はツイッターを読まれている方は一度ちらっと見たことあるかも知れないですが、僕がこの一年なんだかんだで見てる最近の関西のサブカルチャーというかその界隈の面白い …

世の中の関心はどこに

さて、本日またしても台風上陸、するでしょう。 日曜日のブログを更新している栗林です。 我々、本屋にとって重要な仕事のひとつが、 情報に対して反応する というのがあります。よくあるのが、あまり嬉しくはな …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。