スタッフ雑記

店の目的はひとつ

投稿日:

やっと腰がほぼ回復した栗林です。教科書関係が本格化する前でよかったー。とはいえ朝、起きるときは恐る恐るでございます(笑)

さて、我々の仕事は情報が重要です。日々、出版社さんから「新刊案内」が郵送されてきたり、「売れ筋情報」がFAXで流れてきたりしたものに目を通し、注文をするのですが

「これは売れる」と思った本を仕入れております。

出版社さんによっては、ちょっとしたコラムや連載が含まれているものもあり、ついつい読んでしまうものも。

第1回から6回が気になる・・・

先ほど書いた、「これは売れる」は、経験と私見、「自店のお客様に合いそう」「新聞の書評・広告に載って問い合わせがありそう」そんなものが入り混じってのものです。

本が好き、じゃないと難しい仕事ですが、好きな人ほど「これは面白かったから入れよう」が多くなり、知識も貪欲に吸収しているはずなのに、つい自分よがりな棚に生まれ変わってたりするのが、怖いところです。知識と趣味が先立つと、買っていただくための棚でなくなってしまいます。

我々の店は、小さい書店ではありますが、大きい店であれ、小さい店であれ、目的は

お客様の目に触れ、手に取って見てもらい、お買い上げいただくこと

これに尽きます。

「いい本」なのに、売れない。だけど、いい本なんだからもう少し置こう。この本、すぐに売れたけど、うーん、もう追加はやめよう。こんなことを頭の中で葛藤することが多々ありますが、これ、「主観」がつい入ってしまうのです。

お客様に寄り添った棚を7割から8割、少し逸脱した新しい発見を促すものを2割から3割くらいのバランス感覚で、やっていきたいものです。

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

村上春樹とかシャンシャンとかフェアのお知らせとか

金曜日です。まず村上春樹の短編が三つ収録された文學界が発売しております。本になるまで待てないという方は是非ともお手に。 文学界7月号 そしてお次は上野で大人気のシャンシャン。 シャンシャンは出版界にも …

no image

改めて東野圭吾先生の凄さを実感する

明日から、もう3月です。 緊急事態宣言もいよいよ解除、当店もそれに合わせ、明日からは 通常の営業時間(平日朝9時~夜21時)に戻しますので、何卒よろしくお願いします。 さて、先月から始めました東大阪が …

大阪にもいろいろあって

思い返せば二十年前、小阪、八戸ノ里、布施の本屋をハシゴしていました。自転車を得て拡大された生活圏内に本屋が本当にいくつもあって、それが学生時代は普通だと思ってました。 この本屋にはこれがある、あの本屋 …

ご注文の本から、色々思うこと。

3連休。 ホント暑い。 海とか行く人も減っているようだし、じゃあみんな家にいるのかな…。 ミナミとか出たら、人がわんさかいるんだろな・・・。 小阪周辺はいたって休日モード。とはいえ、 明日から戻る平日 …

鎌倉ものがたり映画パンフレット

DESTINY鎌倉ものがたり

みなさま、こんにちは。 乾燥が気になる、栗林(B)です。 千円札をスムーズに数えられない程度にカサカサしています。 さて、先週の金曜ロードショー「ALWAYS三丁目の夕日‘64」はご覧になられましたか …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。