スタッフ雑記

懐かしさと可愛さ、と手作り感で大人気!

投稿日:

昨年12月発売で、発売前から大反響だった『大人の科学』(学研MOOK)の附属品、中身は「活版印刷機」を組み立てるキットが入っております。あ○ゾ○さんでは、発売前から定価以上の高値がついておりました。

あと2個です。(1/28現在)ぜひ、「活版印刷三日月堂」もオススメです。

発売日は予約のみ、3冊入荷もすぐに売り切れ、あと3冊、入荷しました。

もうこれ以上は入荷しない、それくらいの反響ぶりです。

文字を印刷するために、まずインクを練り、活字(ひらがな、数字、アルファベットの他に@などの記号も入った162個)にインクをのせ、プレスする。この機械でしか出せない、味のある文字で手作り感満載の印刷物ができあがります。http://otonanokagaku.net/magazine/vol45/

これだけ便利になった世の中だからこそ、手間のかかる、ちょっと可愛いものに心惹かれる方が多いのかもしれませんね。

ご存じの方が多いかもしれませんが、実はこのシリーズ、結構ヒットがあるのです。

その昔には『プラネタリウム』(もう、残っておりませんが部屋の中でなかなかの出来栄えで楽しめました)、『テルミン』とか。

その横にあるのは『活版印刷三日月堂』(ポプラ文庫)。この『大人の科学マガジン』でしか読めない書き下ろし作品が掲載されておりますので、ぜひ!

のこり2冊、ぜひともという方は、お電話(06-6724-1200)で、在庫をご確認くださいませ!

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

はるき悦巳とバッキ―井上、おすすめです!

金曜日です。 一年前、何してたかなーってツイッター見てみると、 2019年の大阪ほんま本大賞特別賞を受賞作は双葉社 はるき悦巳「じゃりン子チエ」!大阪と言えばこれだし、双葉社のアクションといえばこれな …

no image

そんなに缶をいっぱい描いていいのー?

金曜日です。 先日、マルセルデュシャンのインタビュー本が入荷してまいりました。 河出書房新社「マルセル・デュシャン アフタヌーン・インタヴューズ アート、アーティスト、そして人生について」 この本はと …

秋田犬

雪道はキケンです。

どうもー、なんだかんだで ブログ上の消息の途絶えていた栗林(B)です。 いやもう、いつの間にか 「今、注文しても年内に入荷しません」的な時期になっております。 学生さんはぼちぼち冬休み、 受験生は追い …

no image

伝わらないと、意味がない

ここ最近、2回か3回ほど、みんな別々の方ですが、笑顔で「こんにちは」とおっしゃってくださる方がいるにもかかわらず、私は「こんにちは」と言いながらも、 「えっと・・・やばい、ほんま誰かわからんぞ」 とい …

no image

今年一年お世話になりました(金曜日ブログ担当)

金曜日ではなく、年の瀬です。 バタバタと師走らしい時間が過ぎ、あっという間に「来年もよろしく」的な事を言う頃になり、そしてもうその先の本当に年の瀬となりましたが、あまり実感が湧かぬままです。 今年一年 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。