スタッフ雑記

20世紀エディトリアルオデッセイ

投稿日:2017年11月17日 更新日:

栗林書房にて色々担当しております村尾と申します。

今回はブログを担当させていただきます、どうぞよろしくお願いいたします。

で、今回何を書こうかと色々考えていたのですが、まず第一歩ということで,おすすめ書籍の紹介ということにしようかなあと思います。今回はこちら。画像デカかったらまだ不慣れなだけですのでご容赦下さい。

 

20世紀エディトリアルオデッセイ

20世紀エディトリアルオデッセイ

 

今回、ご紹介するのは誠文堂新光社 赤田祐一/ばるぼら「20世紀エディトリアルオデッセイ 時代を創った雑誌たち」です。

まず何といっても表紙がいい感じで本棚に余裕があれば面陳したい一冊!

だけではなく、内容も雑誌の黄金時代と言われて思い浮かべるPOPEYEであったりとかよりも赤田祐一さんも書いているように伝説的自販機本のJAMやHEAVEN(気になった方は、河出書房新社の山崎春美「天國のをりものが」を。あと派生本として石風社 隅田川乱一「穴が開いちゃったりして」もおすすめです)とかもその雑誌の黄金時代に入っていてそこも含めて振り返っているのが素敵だし面白い。

僕自身、風俗誌になってしまう前のサブカル雑誌だった頃の「GON!」(まずいジュース選手権や高速道路で自転車に乗る幽霊が出るなどの企画が満載)、そして東京公司の制作する雑誌が大好きだったので(青山正明、村崎百郎。危ない一号、鬼畜ナイト)、こういう風に雑誌の歴史を捉えなおしたものはとても面白く感じました。

みなさんもこの本を読んで是非とも気に入った雑誌を集めてみてはいかがでしょう?ネットには出てこない事が多いですが、リアル古書店にならまだあるかも知れませんのでお早めに!!

姉妹書籍として野中モモ/ばるぼら「日本のZINEについて知ってることすべて」も発売中!栗林書房在庫あります!(11月17日現在)まずは手に取ってみてみてー。

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

40年以上も小阪に住んでいるのに、広島の方に地元のいい店を教えてもらう。

1月10日。 最近、カレーが大好き、栗林です。 レトルトでも侮るなかれ、ホント進化している。うちの近隣では、ライフさんの あのラインナップを見ると、思わず買ってしまいそうになる。 そんな中ですね、先日 …

恐い間取りの家で稲川淳二や泉鏡花の怪談びたりしてたらゾゾゾとした的な。

金曜日です。 お久しぶりです。もういろいろと話題がうつろいゆく感じですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 夏といえばチューブと怪談ですが、今年は結構怖い話関連の本がにぎやかでございます。 こちらは文芸 …

pop

『ころべばいいのに』

こんにちは、栗林(B)です。 最近、この子↓みたいになっています。 これまでにない、ネガティブなタイトルの絵本です。中身はポジティブ ヨシタケシンスケさんの新刊、本日発売です。 あいかわらず、面白いな …

魔術的芸術

それが素敵な子どもかは、さておき。

一週間ぶりのおまっとさんでした(キンキン)、今回のブログは、村尾です。 ある本を紹介しようと思うのですが、その本の内容的な事は多くの批評家などが書いているので(あらゆる芸術を網羅し、魔術的という括りで …

大崩壊

崩れる

アイキャッチ画像と本文には何の関係もございません、 栗林(B)です。 金曜日になぐりこみです。   コレ、昨日、爪を切っていたら 爪切りが壊れるなんて、考えてなかった・・・ なんと、爪切りが …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。