スタッフ雑記

20世紀エディトリアルオデッセイ

投稿日:2017年11月17日 更新日:

栗林書房にて色々担当しております村尾と申します。

今回はブログを担当させていただきます、どうぞよろしくお願いいたします。

で、今回何を書こうかと色々考えていたのですが、まず第一歩ということで,おすすめ書籍の紹介ということにしようかなあと思います。今回はこちら。画像デカかったらまだ不慣れなだけですのでご容赦下さい。

 

20世紀エディトリアルオデッセイ

20世紀エディトリアルオデッセイ

 

今回、ご紹介するのは誠文堂新光社 赤田祐一/ばるぼら「20世紀エディトリアルオデッセイ 時代を創った雑誌たち」です。

まず何といっても表紙がいい感じで本棚に余裕があれば面陳したい一冊!

だけではなく、内容も雑誌の黄金時代と言われて思い浮かべるPOPEYEであったりとかよりも赤田祐一さんも書いているように伝説的自販機本のJAMやHEAVEN(気になった方は、河出書房新社の山崎春美「天國のをりものが」を。あと派生本として石風社 隅田川乱一「穴が開いちゃったりして」もおすすめです)とかもその雑誌の黄金時代に入っていてそこも含めて振り返っているのが素敵だし面白い。

僕自身、風俗誌になってしまう前のサブカル雑誌だった頃の「GON!」(まずいジュース選手権や高速道路で自転車に乗る幽霊が出るなどの企画が満載)、そして東京公司の制作する雑誌が大好きだったので(青山正明、村崎百郎。危ない一号、鬼畜ナイト)、こういう風に雑誌の歴史を捉えなおしたものはとても面白く感じました。

みなさんもこの本を読んで是非とも気に入った雑誌を集めてみてはいかがでしょう?ネットには出てこない事が多いですが、リアル古書店にならまだあるかも知れませんのでお早めに!!

姉妹書籍として野中モモ/ばるぼら「日本のZINEについて知ってることすべて」も発売中!栗林書房在庫あります!(11月17日現在)まずは手に取ってみてみてー。

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

花園近鉄ライナーズの本気度が見えました

1月20日は、かねてから話題にしておりました 『花園近鉄ライナーズオフィシャルファンブック』が発売! がっつり入ってます それにともなうトークイベント、スタッフの方2名が来て下さると決まったのが金曜の …

ご注文の本から、色々思うこと。

3連休。 ホント暑い。 海とか行く人も減っているようだし、じゃあみんな家にいるのかな…。 ミナミとか出たら、人がわんさかいるんだろな・・・。 小阪周辺はいたって休日モード。とはいえ、 明日から戻る平日 …

読書と勉強と大学入試、その先は

おはようございます。 今日は、朝は掃除、洗濯して、クリーニング屋さんに引き上げに行き、よくわからん けど「ライフ(スーパー)のカードにチャージするのは15日にしてね、得だから」 との伝言に従い、食材購 …

安物雑貨店のドストエフスキー、今年もこのミスにランクイン。

金曜日、ブログ担当の村尾です。 このブログを書き始める前はよくツイッターにもつぶやいていて、それを読んだことある方で知ってるって方もいると思いますが、僕は海外文学をよく読んでいました(今は時間が取れず …

no image

水道橋博士の新刊とサイキック青年団と私。

ブログ、今回は村尾です。 今回のオススメ本は、文藝春秋 水道橋博士「藝人春秋2 (上) ハカセより愛をこめて」です。 藝人春秋2 僕が水道橋博士というか浅草キッドを知ったのは、関西ならよくあることだと …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。