未分類

昨日の気づき

投稿日:

今日は、本日の晩御飯予定のおでんを昨晩からスロークッカーで煮込んでおり、そのたまらんええ匂いを嗅ぎながら、本日のブログ担当クリバヤシが書いてます。

先日も書いておりましたが、当店はこの時期、高校さんの教科書の荷受けが多くなり、その仕分け作業をしたりという業務が通常より増えておりまして、店頭に立つ時間が少なくなり、横着してPCにて昨日は売上データで、何が売れたのかを見ておりました。

今、『君たちはどう生きるか』(マガジンハウス)や、石田ゆり子さんの『Lily』(文藝春秋)、芥川賞作品『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社)などは、今、店頭で絶対必要な本なのですが、つい派手な動きに目が行きがちで、見落としがちなのが、棚に差してある一冊が売れたときであります。

昨日の一冊は『架空通貨』(講談社文庫)

このオビが絶妙のコメントです

これは、『半沢直樹シリーズ』や『陸王』など数々のベストセラーを世に送り出しています池井戸潤さんの作品。

これが出版されたのは、2003年!!15年前です。現代のあの、仮想通貨とは多少、ニュアンスは違うものの、「円」以上に力をもった闇の通貨に支配された街を舞台にした、金融サスペンスものなのですが、昨日、当店でお買い上げいただいておりました。

こういうキャッチーなタイトルのものが店頭でお買い上げいただけるのを見ると、何か嬉しくなるもので、お店としては、こういう本があるのをもう少し早くキャッチしてオススメしていきたいものです。

情報としての仮想通貨に関する本や雑誌はすでに乱立しておりますが、こういう小説で読みたい人にも手に取ってもらえるように、現在、『架空通貨』注文中です。

ぜひこの作品とあわせて、『平成三十年 上・下』(朝日文庫)もなかなか面白いかと思います。こちらは、堺屋太一さんの2004年の作品。消費税20%にはなりませんでしたが、近未来予測の小説としては十分に楽しめる、というか、警鐘として少子高齢化などについても触れられた作品です。

今日は本の紹介をしてみましたー。

 

 

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

至福の休日。

怒涛の3月を前に、本日はお休みをいただけた栗林です。 たまには、休日気分も、ということで朝の至福のひと時。休日だけはええコーヒーを飲み、おいしいパンを食べる、だらっとしながら本を読みつつ、昨日寝落ちで …

高校さんの教科書販売の準備真っ只中です。

土曜日の午後。母校でもある小学校に、児童書を納品し、その様子をアップしようと考えていたのですが、「後、やっときますからいいですよー」と言われ、ほんとは棚詰めの写真とか載せたかったのですが、残念>< 午 …

「化学の本、どれ売れてます?」相談に乗ります参考書売場。

2月が助走、3月がいよいよ本番の学校様への教科書販売。 当店では、レッド小阪店で一般書、雑誌を。駅南側、旧文庫の店では、現在、参考書専門店として販売しております。 幼稚園のドリルから、小、中、高校学 …

no image

休憩あと33分、書き出します(釜ヶ崎という名の大阪を巡る本、そして春陽堂と言えばな本の発売を祝して)。

一週間て早いですね。金曜日です、ブログ担当は(村)。写真撮り忘れているので時間あれば追加します(結局追加せず!!!怠け者!!!)。 みなさんは今月(2018年2月)のちくま文庫の黒岩重吾「飛田ホテル」 …

キュンタ、はっけん、よまにゃ、ぶっくりん

もう、サッカーで頭がいっぱい、色々話題をまた振りまいてくれます、日本。 次はベルギー戦、夜中3時、でも観る! すいません、今日はこんなタイトルで。 ちなみにこれ、前の3つは「出版社の夏の文庫フェアのキ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。