未分類

大賞

投稿日:

先日は、表で作業をしていたら、

もう撤去されましたが、ホント残念

「メキメキメキ・・・」

とヤバい音が。振り返ると、以前は春に咲き誇っていた(ここ数年は咲かなくなって

しまいました)桜の木の、太めの枝の部分から折れてしまいました。

まあ、これを含め、昨日もちょっと残念な事があったりしましたが、

気を取り直して頑張りたいと思う栗林です。

昔に比べて、ホント増えたよなー、と思うのが

○○大賞

昔は、芥川賞、直木賞。そこから、書店人的には

山本周五郎賞、泉鏡花賞といった著名な先生の冠がついた賞であったのが

たぶん、これがきっかけでしょうか

本屋大賞

本に関してのプロが選んだ、「これは傑作」と思う本を投票で選び、一位に輝いた本が

本屋大賞なわけですが、今やこれが芥川賞や直木賞を凌駕する勢いで認知度があがって

います。

そこから、今は地域に波及し、各地で様々な賞が。

沖縄書店大賞、和歌山絵本大賞、広島本大賞、他まだまだございます。

各地で、熱意ある書店員が、委員会を作り、盛り上げているわけですが、我々の大阪

にもございまして

大阪ほんま本大賞

というのが先日発表されたおります。

条件は

「大阪に由来のある著者、物語であること」

「文庫であること」

「著者が存命であること」

大阪の本屋と問屋が選んだ

ほんまに読んでほしい本

ということで今回は

木下昌輝先生(我々の地元、近畿大学ご出身!)

小阪城へも来た事ある、とおっしゃってました!

『天下一の軽口男』(幻冬舎文庫)

に決まり、大阪の書店の多くで展開されてます。

 

外で、展開中です!

 

「人を笑かして、お金もらうねん」

大阪においてこれほどタイムリーなキャッチフレーズがあるでしょうか?

上方落語の祖、日本初のお笑い芸人「米沢彦八」の、笑いに一生を捧げた

話でございます。

大阪人にとっては、実に親しみやすい、読みやすい話ですので、ご一読を!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

書店員の仕事「雑誌と付録って別々なんですね!?」

栗林です。ちょっとご無沙汰してすいませんです。 先日は、長年お世話になっている、教科書関係の取引の会社様の創立50周年のお祝い に。なぜか今年は、90周年とか70周年とかキリのいい数字の会社様、大学様 …

ネットの有難み

日曜日。 出勤してきたら、プリンタ壊れてました。 汚くてすいません。いろいろ悪あがきして汚れました 金曜、動いてたよね?まだ2年生だよね? もちろん、エラーメッセージを確認し、色々やってみるのですが、 …

栗林書房、クリスマスとお正月の間のビッグイベントが控えておりますがとりあえずは今年最後の金曜日のブログです。

ありがとうございます 樹木希林「一切なりゆき~樹木希林のことば~」在庫ありますので皆様年末年始に是非是非どうぞー😄 さて、とうとう本当に今年も少なくなってまいりました。 今年も多くの本 …

「化学の本、どれ売れてます?」相談に乗ります参考書売場。

2月が助走、3月がいよいよ本番の学校様への教科書販売。 当店では、レッド小阪店で一般書、雑誌を。駅南側、旧文庫の店では、現在、参考書専門店として販売しております。 幼稚園のドリルから、小、中、高校学 …

「調べる」だけが能じゃない。辞書を「楽しむ」

金曜日。「広辞苑」が10年ぶりに発売。やっぱり、これしかないかな、ということで。 今なら、「広辞苑をつくるひと」付録ついてます。 「今、まだ広辞苑、売れるんですね。今日は広辞苑ばっかし」 そんな会話を …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。