スタッフ雑記 未分類

春に読む本

投稿日:

こんばんは、久しぶりにブログに復活しました、

約束を破る、悪い奴の方の栗林(B)です。

まだまだ忙しい栗林書房ですが、

私の持ち分の仕事は先が見えてきて、少しほっとしております。

もちろん、教科書の販売日当日はワーーー!!っとなるんですが

山ほどの教科書を運んだり袋に詰めたりする準備作業は

善い奴の方の栗林の仕事なので、

悪い栗林は販売日当日まであまり出番がありません。

 

鳴りを潜めていた間に、季節はすっかり春になりましたね。

入園入学おめでとう

表紙を見ているだけでもポカポカするのが、春の絵本のよいところ。

なんやかんやで、新しい本など読めておりません。が、

次に読みたい本はコレ。

八甲田山 消された真実

早く休みがこないかな。

もちろん「八甲田山死の彷徨」は既読でして

「消された真実」が出たのを知って「仕入れとかないと!」と思ったら

ちゃんと在庫されてましたよ。エライな。

ヒューマンドラマとして、またリーダー論や危機管理論として読まれる新田次郎の本ですが、「消された真実」はいかようなものなのか、目次だけでワクワクします。せっかく春になりましたが、心は冬山にトリップです。

ああ、読むのが楽しみ。

-スタッフ雑記, 未分類

執筆者:


  1. 藤井雅彦 より:

    栗林書店さんの=小阪に住む人たちの読書傾向を知るためにも、書籍の売り上げ部数のランキングを公表していただけたらと思います。私も菜の花忌ということで、司馬遼太郎さんの「空海の風景」を再読しましたが、ご当地作家ということで、司馬さんの人気も根強いものがあるのでしょうね!

    • bookkuri より:

      藤井様、ご意見ありがとうございます。
      ショーウィンドウ以外でも、もう少し見て、手に取っていただける方法を検討していきたいと思います。
      少し昔ですが、司馬さんの奥様でした福田みどりさんの「司馬さんは夢の中」(中公文庫)が出たときは、さすがにローカルな売れ行き、
      瞬間的には全国1位だったと記憶してます。

  2. 藤井雅彦 より:

    坂の上の雲、播磨灘物語など高校〜大学時代にリアルタイムで読んだことが懐かしいです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

カンパニー社「ハリー・スミスは語る」という本が出るのですが…。

金曜日に書こうと思ったんですが幾日が過ぎていき以前書いてから何回目かの月曜日となりました、お久しぶりでございますです。本当にめっちゃ久しぶりになってしまいました。 というのも毎年恒例の繁忙期!今年は繁 …

20世紀エディトリアルオデッセイ

20世紀エディトリアルオデッセイ

栗林書房にて色々担当しております村尾と申します。 今回はブログを担当させていただきます、どうぞよろしくお願いいたします。 で、今回何を書こうかと色々考えていたのですが、まず第一歩ということで,おすすめ …

no image

いつでも本はあなたに微笑みかけているよ。

残すところあと三日、今年も終わりが見えてまいりましたが、金曜日ブログ担当の村尾(今回、訳あって土曜日更新)はその今年の終わりの際まで仕事でございます。良ければ大晦日もご来店下さいまし。 さて、こうやっ …

告知から、はや10日が過ぎましたが、参加者まだまだ募集中ですー。

11月3日にイスを並べたり、マイクのテストやったりで、「これで行こうか」 ある程度の目途がつき、告知をはじめてから一週間です。 当店に、伊藤賀一先生をお招きしての 『47都道府県の歴史と地理がわかる事 …

学参の定番

栗林です。 ちょっと、更新がずれてきているので、修正を。代打です。 「参考書」 当店は参考書専門店として現在営業中ですが、来店の、特に高校生のお客様同士でもおそらく、 「英単語はこれやろ」 ターゲット …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。