スタッフ雑記

新学期の前の例のあの作業、始まりますよ。

投稿日:2018年2月9日 更新日:

金曜日です。ブログ担当は(村)でございます。

本日は来年度に向けてや2020年の教育改革に向けての学習参考書をどうしていくかなどに関する説明会がありました。

ちょっとずつ情報が出てはいたものの、よくよく考えれば2020年ってもうすぐ。

少し前からですがしかし着実に店での売れ行きでも「ん?」って事は始まっていて、説明を聞いて「ああ、それで」と思ったり、これ本当に当の学生さんたちは大変だろうなって思ったりしました。

で、そうやって変動があれば学参も変わらざるを得ない部分もあるわけで、そこらへんに関しては店の方でも説明の掲示であったりとかを色々としていかないといけないなぁとも思いました。

さて、そしてそんな学生さん大変だなぁの一段階前に我々が関わる作業がありまして、今日までにもちょいちょい倉庫などで作業を行っていたものの、明日から本格的にそれが始まります。

そしてそれは近年、栗林書房では男性陣もエプロンを着用しているものの、昔は違いまして、スタッフジャンパーっぽい作業着を着ておりました。あの作業時はその作業着を着用してやり、たまにその延長上で店頭に作業着のまま立つこともあるために、知ってる方は知ってる栗林のオールドスクールな姿を見かける数少ない機会の到来でもあります。

まぁそんな一大イベントが始まる以前に速攻で風邪にやられるというハプニングに見舞われている(村)ではございますが、結構なんだかんだこの作業に関しては年数重ねて来ているので作業の慣れや確認不足などによるミスの無いようにやっていきたいものです。

もちろん通常業務も行っておりまして、哲学思想系でも面白そうな本を発注出したりしておりますので、寒いけれども皆様、栗林書房に是非是非足を運んで下さいませ。

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大阪にもいろいろあって

思い返せば二十年前、小阪、八戸ノ里、布施の本屋をハシゴしていました。自転車を得て拡大された生活圏内に本屋が本当にいくつもあって、それが学生時代は普通だと思ってました。 この本屋にはこれがある、あの本屋 …

「司馬さん」を伝える

日曜日。2月、3月、踏ん張りどころです。 先日は、歯茎がどうしても痛く、仕方なく歯医者に行ったら 「歯を食いしばり過ぎなんです」   と、40年生きてきて初めて言われたセリフ。上の治療した歯 …

繁忙期お疲れ様&送別会、やりました。

ちょっとひと段落、今年は教科書を販売している夢をほとんど見ることもない(毎年、必ず出てくるのですが)ままに終えた栗林です。 今年も、無事(今のところ、トラブルの案件はないので)、学校関係の準備、納品か …

今回はアダルティーなブログです。

角川書店 長谷川瞳「ヒアリングセックス」 金曜日です。今回はこちら、長谷川瞳さんのヒアリングセックスをご紹介します(角川書店)。少し内容がアダルティーです。すみません。 何故これを?って思いますよね。 …

フランケンシュタインの怪獣

何かの例えで「サンダ対ガイラ」を持ち出す奴は大抵サイキッカー(自分込みで)。

金曜日です、ブログ担当は(村)でございます。 人それぞれにはよく使う言い回しというのがあると思うんです。 あるシチュエーションになった時に繰り出す際に決まった言葉を使うみたいな。 僕にとってそれがサン …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。