スタッフ雑記 未分類

こ洒落た本屋。

投稿日:

金曜日ですよ、ブログ更新です。

今回は一軒の本屋について書いてみたいと思います。

場所は心斎橋、僕の記憶の中だと(今、この時期に”記憶”という言葉を出すのもあれですが)心斎橋のLOFTかそこらへんの建物の3階?らへんにめっちゃこ洒落た本屋があったんですよ。

ヴィレッジバンガードみたいに雑貨は記憶の中では置いてなくて、照明はそんなに明るくなくて、本棚がジュンク堂とか見たいに四角にキッチリ整理されて置かれている訳でもなく凄いゆったりと棚と棚の間が取られてる印象が。。。

それで品揃えがどっちかというとオシャレな感じだったと思うんです、、、思うんですというのはその書店で覚えてるのが水声社から出た根本敬が率いる幻の解放同盟の「幻の名盤百科全書」だけなんです。あのめっちゃ分厚いやつ。それが面陳、平積みと置かれていてしかもサブカル棚にありがちな隅っことかでなく普通に良いとこに置かれてたっていうののみ(あともしかしたらアメコミとかあったかも、、、)。

栗林書房だと今の海外文学の文庫のとこがかつては海外文学の単行本だった時があって、そこの棚でフレデリックフォーサイスとかジャックヒギンズとかペラペラとジャケットカッコいいなーとか帯やあらすじの煽り文がそそるなーって思ってたり、

あと近場だとヒバリヤ書店の本店の日本文学の前がオカルト本のコーナーのなってて大学生の時はよく立ち読みしに行ってました、、、みたいに結構行く本屋って覚えててかつ定位置みたいなのがあるんですが、この本屋に限ってはその根本敬の本の棚と薄暗い照明、広い店内、北向きくらいしか覚えてなくて、、、本当にあったのかなぁ。。。初めて見た根本敬の世界の衝撃に耐えきれずに虚構の書店を作り上げたのかなぁ。。。とすら最近思うようになってきております。いや、あったと思うんですよね。唯一確かなのがそこで根本敬の漫画読んでたって事だけっていうのがあれですけども。

 

-スタッフ雑記, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

春の繁忙期、そろそろ終了

おはようございます。 春、というか2月からこの4月の頭(あと中学校3校が残っておりますが)で 今シーズンの学校さんへの教科書納入が終了します。 短期バイトの方も、ここ近年は長期バイトの子が友人、後輩に …

春ですよーだ

金曜日ですよね? めちゃくちゃ久しぶりです。 4月…というかこの季節に恒例となっている事がありまして、ひとつは栗林書房は教科書販売作業も兼ねておりまして、その関係上多忙な毎日をおくってるっていうのと、 …

体感すること

お盆も過ぎ、不思議と気温が下がり、湿気と熱が取り除かれた心地よい風がベランダから入る気持ちのいい朝・・・ のはずが、 足がつり、うめき声をあげて 起き上がった栗林です。 高校野球の球児が熱戦の途中で足 …

アストロモモンガ

日曜日です。 物書きの人の”この一冊”っていう代表作って結構ばらつきが出ると思うんですが、橋本治の一冊となると本当に難しい。 例えば、筑摩書房の「これで古典がよくわかる」とか河出書房の「桃尻語訳 枕草 …

MOE2月号

どの絵本がいちばんですか?

こんにちは、栗林(B)です。 体調を崩し、二日ほど休んでおりました。あと2、3日待ってから発熱したら業務に支障をきたさなかったのにね、病原菌も、ちょっと気ぃ使ってほしいわぁ。 というわけで、年末の大絶 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。