スタッフ雑記 未分類

こ洒落た本屋。

投稿日:

金曜日ですよ、ブログ更新です。

今回は一軒の本屋について書いてみたいと思います。

場所は心斎橋、僕の記憶の中だと(今、この時期に”記憶”という言葉を出すのもあれですが)心斎橋のLOFTかそこらへんの建物の3階?らへんにめっちゃこ洒落た本屋があったんですよ。

ヴィレッジバンガードみたいに雑貨は記憶の中では置いてなくて、照明はそんなに明るくなくて、本棚がジュンク堂とか見たいに四角にキッチリ整理されて置かれている訳でもなく凄いゆったりと棚と棚の間が取られてる印象が。。。

それで品揃えがどっちかというとオシャレな感じだったと思うんです、、、思うんですというのはその書店で覚えてるのが水声社から出た根本敬が率いる幻の解放同盟の「幻の名盤百科全書」だけなんです。あのめっちゃ分厚いやつ。それが面陳、平積みと置かれていてしかもサブカル棚にありがちな隅っことかでなく普通に良いとこに置かれてたっていうののみ(あともしかしたらアメコミとかあったかも、、、)。

栗林書房だと今の海外文学の文庫のとこがかつては海外文学の単行本だった時があって、そこの棚でフレデリックフォーサイスとかジャックヒギンズとかペラペラとジャケットカッコいいなーとか帯やあらすじの煽り文がそそるなーって思ってたり、

あと近場だとヒバリヤ書店の本店の日本文学の前がオカルト本のコーナーのなってて大学生の時はよく立ち読みしに行ってました、、、みたいに結構行く本屋って覚えててかつ定位置みたいなのがあるんですが、この本屋に限ってはその根本敬の本の棚と薄暗い照明、広い店内、北向きくらいしか覚えてなくて、、、本当にあったのかなぁ。。。初めて見た根本敬の世界の衝撃に耐えきれずに虚構の書店を作り上げたのかなぁ。。。とすら最近思うようになってきております。いや、あったと思うんですよね。唯一確かなのがそこで根本敬の漫画読んでたって事だけっていうのがあれですけども。

 

-スタッフ雑記, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

春に読む本

こんばんは、久しぶりにブログに復活しました、 約束を破る、悪い奴の方の栗林(B)です。 まだまだ忙しい栗林書房ですが、 私の持ち分の仕事は先が見えてきて、少しほっとしております。 もちろん、教科書の販 …

2100年44度、どんどん暑くなるようです。

金曜日です。 まだまだ暑い日が続いておりますが、如何お過ごしでしょうか。明日明後日と栗林書房では棚卸を計画しております。これまで猛暑と呼べる晴天が続いていたにも関わらず、台風が来そうという事で色々と事 …

ミツバチはレベル:2

日曜日。 W杯・・・。昨日のドイツのロスタイムの執念のゴール、とか書き出すとキリがないので、今日はやめときます。 私どもの小阪駅高架下の店舗は広さでいうと35坪ほどでしょうか、決して広くない、いや狭い …

no image

大賞

先日は、表で作業をしていたら、 もう撤去されましたが、ホント残念 「メキメキメキ・・・」 とヤバい音が。振り返ると、以前は春に咲き誇っていた(ここ数年は咲かなくなって しまいました)桜の木の、太めの枝 …

橋本治の本が出ています。

金曜日が過ぎてしまいました、日曜日です。 ユリイカの五月号の増刊、橋本治総特集 そして朝日新書714「父権制の崩壊 あるいは指導者はもう来ない」 と先日亡くなった橋本治の本が次々と刊行されています。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。