スタッフ雑記

無関心が一番の敵かもしれない。

投稿日:2018年4月20日 更新日:

金曜日ですね、ブログ担当は(むら)です。

坪内祐三が、以前、欲しいと思った本はその時に買わないとという時代になった、、、みたいなことを書いていましたが、これの本当の怖さっていうのがあって、それは今後、皆さんが何かに興味をもって、それに対する文献を探そうとしても絶版になってる可能性があるかもしれないということです。

「電子書籍があるだろう」「復刊するのでは?」というのもあるとは思いますが、そこまで持って行くほどの不特定多数を確保出来るか、、、という問題もあります。

何でこの話を書こうかと思ったかというと、今、坪内祐三の「右であれ左であれ、思想はネットでは伝わらない。」という幻戯書房の本を読んでいるのですが、そこには言論人に関するエッセイとその言論人に興味を持った場合の指標として三冊、ブックガイドが記されているんです。

で、興味を持ってその本を読んでみようと思っても品切れ絶版のものがあり新刊書店では手に入らないというものが多かったのです。

古書店ではもちろん手に入るものも多いのですが、僕自身書店で働いているのでやっぱりいいなー面白いなーと思うものは売りたいじゃないですか。

現在の文庫棚に講談社文芸文庫の花田清輝「復興期の精神」があるのはそのためなんですが、そう考えた時、僕が興味持たなかったり、何某かの想いで棚に並んでいない事でその本と出会うべき人が巡り合っていないかもしれないのではないだろうかとも言えるのです。

もしも欲しい本があり、店頭に無い場合はご注文下さい。注文しづらいなぁという方には朗報です。じゃんじゃか注文下さる方も多数いらっしゃいますし、何よりも売上げがあがって喜ばない店員などいないのですからどしどしご注文下さいませ。

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

いつでも本はあなたに微笑みかけているよ。

残すところあと三日、今年も終わりが見えてまいりましたが、金曜日ブログ担当の村尾(今回、訳あって土曜日更新)はその今年の終わりの際まで仕事でございます。良ければ大晦日もご来店下さいまし。 さて、こうやっ …

モノレール文庫

日曜日。 気持ちのいい朝、というのはこういう朝の事をいうのだろうな、と思う栗林です。 先日、大阪北部へ向かうべく、ものすごい久々にモノレールに乗る機会がありました。 電車に乗ると、ついあたりを見まわし …

no image

本日は説明会。

金曜日、本日は某所で出版社の説明会があるのですが、うだる暑さにどうおひさんを浴びずに移動しようか思案中です。今のところ近鉄~JRという暑さの宝石箱やぁぁぁなルートしか思い浮かんでおりません。 さて、そ …

お買いものパンダの本

キャラクター栄枯盛衰

こんにちは、栗林(B)です。 誰もツッコんでくれませんが、(B)はB型のBです。 書店員にはB型の人間が多いように思うのですが、いかがでしょうか? これをご覧になられた書店員の方、ご同僚方の調査報告を …

かぼちゃ

Trick and Treat!

イタズラするけどお菓子もよこせ!! 今日は忙しかった栗林(B)です。 いつもはヒマなのかと問われるとそんなこともありません、 たぶん。   ハッピー・ハロウィン! さ、今日はハロウィンです。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。