スタッフ雑記

お金を握りしめて本屋にGO!

投稿日:2018年3月16日 更新日:

金曜日です、先週は書けずでした(村)です。暑くなったり寒くなったりっていう笑点のお題みたいな日々が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?(「劇場は熱血怪談で大盛り上がり、あつくなったりさむくなったり」みたいなね)

※追記:この記事は当初書いた原型あんまり無い気がするほどに書き足したり引いたりしました。((村)の記事は結構あとになってから追記をやったりしてるので一度見たやつでも変わってることがあります。変わってないやつもあります。もしお暇ならどこが変わったか探してみるのも時間つぶしにいいかもしれません。)

本が売れていないというのはよく言われることでございますが、それがどれくらいかと申しますと、少し前の年の書籍の売れた冊数とうまい棒の売れた本数がほぼ同じだそうでございますっていう口調が落語家みたいなミニ知識を挟みつつ本日のブログです。

この本の熟れ冊数とうまい棒の売れ数が同じって話、僕自身凄い好きで、昔、50円とか握りしめて駄菓子屋で駄菓子をどれ買うか悩みながら買ってた感覚で、色んな人にお金握りしめながらどの本にしようかなーなんて悩みつつ本買ってもらえればなーとか思ったりしてます。

やっぱり本読まなきゃなーとか堅苦しく考えることもいらないと思うんですよね。

岩波文庫が何か揃ってるとかっこいいからフィギュア感覚で揃えてみるとかでもいいと思うんですけども(昔、実際にそういう人がいました。本当に岩波しか買わない読まないっていう。いやいや岩波でなくてもいいんですよ。積読スタイルで積んどくとめちゃかっこいい本を買うでもいいと思うんです。流行んないかな、TSU’N’DOQみたいなので←やっつけ)。

どんな理由であれ何かとりあえず小学生が学校終わったら駄菓子屋にーって自分たちの時みたいに、仕事終わったらとりあえず本屋にーってなるような、そういう本屋好きな人がわくわくするようなことしたいんですけどもねー、何かないかなーって悩んでた、というか悩んでるってかんじです。

エクスナレッジ 名画のなかの猫

一応、この日の個人的にお気に入りの一冊を上げておきます。エクスナレッジの「名画のなかの猫」です。

この本の猫たちは本当に猫っぽいというか、猫を飼われたことのある方ならそうそうこういう猫たちいるーってなる気がするんですよね。

それくらいに猫たちを猫たちらしく描いた作品が載っているっていう。

で、今回のブログにかけてちょっと書くと、家の中でも面陳にすると家に来た意中の人が「えっ!○○さんって猫好きなんですか?」みたいになることがあるかもしれませんし。まあそうやって本を探せる人っていうのは本棚に本が乱立しててライブのダイブみたい上に乗っかってる本でも探せると思いますが・・・。

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

別冊ele-king「じゃがたら」、「ポストサブカル・焼け跡派」発売中です。

金曜日ではなく火曜日です、祝日。 めっちゃ久しぶりに書くことではない気がしますが、皆様は暗黒大陸じゃがたらってバンドをご存じでしょうか? 思えばこのバンドを知ったのは大槻ケンヂの本を読んででした。 彼 …

鎌倉ものがたり映画パンフレット

DESTINY鎌倉ものがたり

みなさま、こんにちは。 乾燥が気になる、栗林(B)です。 千円札をスムーズに数えられない程度にカサカサしています。 さて、先週の金曜ロードショー「ALWAYS三丁目の夕日‘64」はご覧になられましたか …

本を読んで映画、映画を見て本。

少し前に、実写版「銀魂2」を、八尾のアリオまで見に行きました。 映画自体が久々で、実は1作目の「銀魂」以来。 映画、よく見に行かれる方には当たり前なのでしょうが、たまにしか行かない私にとっては、これか …

少しずつ本そのもののグッズも出てるのですよ。

金曜日です。 皆さんは読書が好きですか?それとも本が好きですか? 僕自身、趣味は何ですか?となると読書と書いたりする方なんですが、どちらかと言うと子どもの時から読書よりかは本そのものが好きなタイプでし …

no image

芹明香

今回はワイズ出版から発売、鈴村たけし/鵜飼邦彦 編「女優 芹明香伝説」のご案内です。 以前、黒岩重吾「飛田ホテル」をご紹介した時に釜ヶ崎の本もいくつか紹介しました。 でも僕の中で釜ヶ崎と言えば映画で大 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。