スタッフ雑記

どの絵本がいちばんですか?

投稿日:

こんにちは、栗林(B)です。
体調を崩し、二日ほど休んでおりました。あと2、3日待ってから発熱したら業務に支障をきたさなかったのにね、病原菌も、ちょっと気ぃ使ってほしいわぁ。

というわけで、年末の大絶賛忙しい時分にぐうスカ眠っておりましたら、
あら大変、商品の山が積み上がっておりました。
外商部は本日で仕事納めなのですが、ひとり追試か補講でも受けている気分です。
仕事、納められるのか?

さて、雑誌MOE 2月号にて「本屋さん大賞2017」発表になっております。

絵本やさん大賞TOP3

トップ3はこの3作。どれも納得のおもしろさ。

ヨシタケシンスケ氏がまたもやの第一位、そして2冊ランクイン。面白いですもんね、納得です。

そして15位とパパママ賞5位に輝いた「ぜったいに おしちゃダメ?」。正直、大人が読むだけだと「??」てな感じになると思いますが、子どもはめっちゃ夢中になる(ようです)ので、親子で楽しんでこそ真価を発揮する代表といえましょう。

ぜったいにおしちゃだめ

いま人気の2作品。どちらも異色といえましょう

「えがないえほん」(アンデルセンではないですよ)も同じような系統でしょうか?
題名のとおり、絵がなく、文字だけの絵本ですが、読み聞かせると子ども大喜び、な新刊です。
集計期間中の発売だったので今年は入っていませんが、来年は有力候補になると思います。

ちなみに私が一位に推した「よるのおと」は22位でした。
ひっそり棚に入っていますので、よかったら探してあげてください。

みなさんは読んでもらった絵本の記憶、ありますか?
私はかなり読ませた(親に読まさせた)と聞いているのですが、正直、ほとんど覚えておりません(ごめんなさい)。今度、訊いてみようと思います。
ほとんど唯一覚えているのが「のんたん おねしょでしょん」、しかも中ほどのページが解けてしまって、何ページか話が飛んでいる、という記憶です。
本屋に就職してから、ようやく全部読みましたとさ、ちゃん。

ではみなさま、良いお年を。

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

春に読む本

こんばんは、久しぶりにブログに復活しました、 約束を破る、悪い奴の方の栗林(B)です。 まだまだ忙しい栗林書房ですが、 私の持ち分の仕事は先が見えてきて、少しほっとしております。 もちろん、教科書の販 …

no image

はるき悦巳とバッキ―井上、おすすめです!

金曜日です。 一年前、何してたかなーってツイッター見てみると、 2019年の大阪ほんま本大賞特別賞を受賞作は双葉社 はるき悦巳「じゃりン子チエ」!大阪と言えばこれだし、双葉社のアクションといえばこれな …

いくら5つ星のレビューがつこうが、自分で発見した本には敵わない。

先日、朝日放送系列でスペシャルドラマ、『白い巨塔』が放映されてましたよね。 結構、V6の岡田君が主役ということもあり、話題になっていたかと思うのですが、 いかがでしょう? 録画だけはして、まだ見てはな …

no image

FAXを見て処理しながらブログ書いたら閉店時刻過ぎました。

金曜日です。金曜日のブログ担当はむらおです。 さて、店頭の対応や棚整理など以外でも現在スリップが廃止になってきているので売れた本の中でスリップがないことでチェック漏れしてないかチェックしたり、版元から …

本から見た世界~今、彼らの声を聴く~

ブログですー。 皆様は本が見た景色ってどんなのか興味がありますか? 例えば、先日棚替えをしてひとつ横にずれた政治経済社会棚に面陳してある、こちらの本。 堀之内出版 キア・ミルバーン/著 斎藤幸平/監訳 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。