スタッフ雑記

安物雑貨店のドストエフスキー、今年もこのミスにランクイン。

投稿日:

金曜日、ブログ担当の村尾です。

このブログを書き始める前はよくツイッターにもつぶやいていて、それを読んだことある方で知ってるって方もいると思いますが、僕は海外文学をよく読んでいました(今は時間が取れずにちょこちょこっとしか読めてないですが)。

ブコウスキー、アーヴィンウェルシュ、そして墓石に「否」と刻んだことでお馴染みのセリーヌ、そしてもう一人。

今年のこのミスでも登場しておりました。

安物雑貨店のドストエフスキーことジムトンプスンです。

映画グリフターズやゲッタウェイ、キラーインサイドミーなど死後本当に評価が著しいジムトンプスン、扶桑社文庫でかなり刊行されていたのですが、「そして花火」を最後に刊行が止まってしまっていました。それが昨今、またもや動き出しております。

ブコウスキーの未発表も少し前に刊行されましたが(そしてブコウスキーが好きだったジョンファンテ作品も少しずつ刊行されていました)、このジムトンプスンの再び動き出したのを喜んでる方、多いのではないでしょうか。

しかし喜んでばかりもいられません。

本当にあっという間に手に入らなくなってしまうのが現在の出版業界、本当に欲しくなったその時が買い時なのだと思います。本当にこれ大事ですよ。

 

 

ブコウスキー、ジムトンプスン、セリーヌ、そして少し前にエルモアレナードと僕が好きだった人たちが亡くなっています。彼らの繰り出す文章が見せてくれる日常は幸せとは程遠いものですが、僕にとってその日常を過ごせる時間は紛れもない幸せな時間でした。あの幸せな時間が終わらなければ、そう願ったのは残念ながら幸せな時間の終った後でした。彼らが書く文章は卑語や俗語に満ち、眉をひそめる人も多くいます。しかしだからこそ彼らの文章はとても生に満ち溢れ、生き生きとその日常を猛烈にボヤキながら生きています。そんな彼らに僕はとても癒され、生きる指針みたいなものすら得ることが出来ました(そう思っていても後悔が残ることになったりするのですが、、、)。彼らが遺した文章を読みながら、リアルタイムで読んだ時と同じ思いを抱くのですが、彼らはもういない、新たに文章を紡ぐことはないんだと思うとやはり悲しくなります。こんな素敵な文章をありがとうと思いながらもやはり悲しくなってしまいます。

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

料理本は、色あせない。

「おにぎりがないんです」 本日はお休みをいただいた栗林です。 とはいえ、ちょっと書類の整理に会社に出てきて昼ぐらいまで 少し仕事をしておりました。 昼ぐらいで、ちょうど休憩交代、その際に休憩で上がって …

リサラーソンのネコ

結局は自分の猫が一番可愛い

こんにちは、無趣味の栗林(B)です。 この前、「趣味って何なん?」と聞かれましたが ・・・趣味ない・・・( ゚Д゚) 読書は好きですが、もはや職業的になりすぎてしまい 趣味と言っていいものか・・・ 2 …

お買いものパンダの本

キャラクター栄枯盛衰

こんにちは、栗林(B)です。 誰もツッコんでくれませんが、(B)はB型のBです。 書店員にはB型の人間が多いように思うのですが、いかがでしょうか? これをご覧になられた書店員の方、ご同僚方の調査報告を …

「司馬さん」を伝える

日曜日。2月、3月、踏ん張りどころです。 先日は、歯茎がどうしても痛く、仕方なく歯医者に行ったら 「歯を食いしばり過ぎなんです」   と、40年生きてきて初めて言われたセリフ。上の治療した歯 …

no image

五月雨

こんにちは、栗林(B)です。 前回、村尾がブログで触れていた、書店員必須アイテムの青いカッターですが 書店員必須アイテム・通称安全カッター 私はずっと「安全カッター」と呼んでおります。 オープン(メー …

ぶっくりん 栗林書房のマスコット

ぶっくりん 栗林書房のマスコット
栗林書房ブログ スタッフみんなで更新中

店舗ご案内

店舗ご案内

ご注文・定期購読

ご注文・定期購読

教育関係・企業様へ

教育関係・企業様へ

よくある質問

よくある質問

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。