スタッフ雑記

安物雑貨店のドストエフスキー、今年もこのミスにランクイン。

投稿日:

金曜日、ブログ担当の村尾です。

このブログを書き始める前はよくツイッターにもつぶやいていて、それを読んだことある方で知ってるって方もいると思いますが、僕は海外文学をよく読んでいました(今は時間が取れずにちょこちょこっとしか読めてないですが)。

ブコウスキー、アーヴィンウェルシュ、そして墓石に「否」と刻んだことでお馴染みのセリーヌ、そしてもう一人。

今年のこのミスでも登場しておりました。

安物雑貨店のドストエフスキーことジムトンプスンです。

映画グリフターズやゲッタウェイ、キラーインサイドミーなど死後本当に評価が著しいジムトンプスン、扶桑社文庫でかなり刊行されていたのですが、「そして花火」を最後に刊行が止まってしまっていました。それが昨今、またもや動き出しております。

ブコウスキーの未発表も少し前に刊行されましたが(そしてブコウスキーが好きだったジョンファンテ作品も少しずつ刊行されていました)、このジムトンプスンの再び動き出したのを喜んでる方、多いのではないでしょうか。

しかし喜んでばかりもいられません。

本当にあっという間に手に入らなくなってしまうのが現在の出版業界、本当に欲しくなったその時が買い時なのだと思います。本当にこれ大事ですよ。

 

 

ブコウスキー、ジムトンプスン、セリーヌ、そして少し前にエルモアレナードと僕が好きだった人たちが亡くなっています。彼らの繰り出す文章が見せてくれる日常は幸せとは程遠いものですが、僕にとってその日常を過ごせる時間は紛れもない幸せな時間でした。あの幸せな時間が終わらなければ、そう願ったのは残念ながら幸せな時間の終った後でした。彼らが書く文章は卑語や俗語に満ち、眉をひそめる人も多くいます。しかしだからこそ彼らの文章はとても生に満ち溢れ、生き生きとその日常を猛烈にボヤキながら生きています。そんな彼らに僕はとても癒され、生きる指針みたいなものすら得ることが出来ました(そう思っていても後悔が残ることになったりするのですが、、、)。彼らが遺した文章を読みながら、リアルタイムで読んだ時と同じ思いを抱くのですが、彼らはもういない、新たに文章を紡ぐことはないんだと思うとやはり悲しくなります。こんな素敵な文章をありがとうと思いながらもやはり悲しくなってしまいます。

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「常識」は変化していく

台風。まさかの「逆走」です。 今までの「常識」では考えられない というフレーズがテレビでも連呼されておりました。そらそうですよね、 まさか東から西に台風が、なんて思いもよりませんでした。 さて、そんな …

岡本太郎

太陽の塔の内部公開、そして関連書籍も発売中。

キンキンケロンパ金曜日ということで、 金曜日のブログ担当は(村)デス。 今現在、開催中の太陽の塔の内部を見に行ってきました。行かれた―って方もこれから行くよーって方、へーそんなのあんの?(太陽の塔って …

学校採用モデル

堂々巡りの春

こんにちは、栗林(B)です。 本日、店を開店したら 年明けから小阪付近一帯に植えられていた「菜の花」が キレーに片づけられていました。春です。 ホントは菜の花が咲いたら春でなかったかな・・・? &nb …

めざせ大阪マスター!「大阪すごろく」

みなさま、こんにちは。 すっかり寒くなりましたね。もうすでに後悔している栗林(B)です。 大掃除は寒くなる前、秋の間にやっておくべき…、毎年の後悔は生かされず、今年も寒中大掃除が決定です。 師走とはよ …

目の見えない人が見る富士山はどんなの?

金曜日です。 先日はある版元の説明会に行ってまいりました。メディアにこの本が登場しますので在庫確認を!ですとか、こういうの出しますんでご注目ください!みたいな感じで色々と説明を受けてまいりました。この …

ぶっくりん 栗林書房のマスコット

ぶっくりん 栗林書房のマスコット
栗林書房ブログ スタッフみんなで更新中

店舗ご案内

店舗ご案内

ご注文・定期購読

ご注文・定期購読

教育関係・企業様へ

教育関係・企業様へ

よくある質問

よくある質問

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。