スタッフ雑記

楽しんで、手書きPOPを

投稿日:

アナログな栗林、ブログ第二回です。

アナログ人間ではあるがゆえに、今回は「手書き」についてです。

どんな人間にも少しはできることがございまして、主に、いわゆる「手書きPOP」というやつで、私、これだけは、まあまあ店内でも描いたりしておるのです。

これも賛否両論、つけると他の商品が取りにくくなる、うるさくなる、というお店もあればよりお客様に手に取ってもらいやすくするためにつける、というところも。

当店は「後者」の立ち位置ですが、つけすぎても何をお勧めしたいのかわからないので、より知ってもらいたい商品につけるようにしてます。

より多くの方にこれは知っていただきたいですね

下記のようなチラシやPOPをパソコンでチャチャっと作れる人には、ほんとに頭があがりません。

私には作れない配達用チラシ

POPをつけたものすべてが売れるのなら苦労はしませんが、自分がきちんと内容を把握して書くということと、POPを読んだ方が手に取りたくなるのか?を客観的に見るようにするだけで相当変わります。

結構反応がいいのがこれです

本当に不思議なのは、なんとなく書いたもの、とりあえず書いてみよう、という気持ちでかいたものは、これは高確率で売れない(笑)一番売れないのは、無理やり書いたときでしょうか。

客層に合わなさすぎるものに書いても伸びないし、書かなくても商品力があれば売れるのでしょうが、「地味だ」「新人でまだ注目されてない」「切り口もいいけど目立っていない」商品に、我々が手を加えることでもっと知ってもらえるんじゃないか?そんな商品の背中を押す役割を我々は担っていきたいと思って私は書いております。

アナログ社長の第三回は、「フリーペーパー」。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

夏の心霊本のおススメです。

日曜日です。何か月か振りのブログ書きです。 夏ですね、夏と言えば怪談とか心霊、怪奇な本ですが、今年も暑さの到来と共に入荷しました。 深津さくら「怪談まみれ」、松原タニシ「死る旅」共に二見書房からの刊行 …

消毒液で呆れ、「1000円札」で癒される。

ここ最近、なんだか世の中、ギスギスしてるな、と思うことが多い。 つい最近も、あまりに腹が立ってフェイスブックに投稿してしまったけど、もともと あまりマイナスなことを書くべきでないのがマナーというのを聞 …

no image

子供たちが読みたい本を、選ぶという仕事。

「ちょっと、子供らが読む本、選んでもらえません?」 月曜から土曜、ほぼ毎朝、栗林書房の前には、その日発売の新刊や、当店のスタッフが追加注文した商品をトラックで届けていただき、私はそれを確認し、いったん …

no image

「ひゃあ!」

金曜日に書けませんでしたので土曜日です。 さて、本日も色々と新刊本が入荷してまいりました。実はある雑誌が「水曜どうでしょう」特集を組んでたり、刀剣乱舞の本が次々出たりと他にも色々と「あ、これ書こうかな …

思わぬ発見は家の中に

おはようございます。 プロ野球、特別広島カープのファンではないですが、ここ最近いつもルーキーの ドラ1栗林良吏さんが大活躍、https://news.yahoo.co.jp/articles/216c …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。