スタッフ雑記

消毒液で呆れ、「1000円札」で癒される。

投稿日:

ここ最近、なんだか世の中、ギスギスしてるな、と思うことが多い。

つい最近も、あまりに腹が立ってフェイスブックに投稿してしまったけど、もともと

あまりマイナスなことを書くべきでないのがマナーというのを聞いていたので、

反省しておる次第です。

つい、先日も、入店いただく際に、どこにもよくある消毒液があるかと思いますが、

「消毒液で足を洗っている者がいて、表がビシャビシャ」

なんて俄かに一般人の常識では想像できないことが報告として回ってきてました。

もう、少々のことで驚かなくなってきましたが、この文面だけでは、私の頭では

理解が追い付かず「え、半パン?」とか「もちろん男やんね?」

「いや、その前に大人やんな?」とか色々考えましたが、もう

「ボトルごと強奪されました」とかよりはマシか

と考えることにし、それにしても

「どんな状況やねん」

と思わず、心の中で、もう笑ってツッコんでました。

そんなわけで

「消毒液は足を洗うものではございません。」と多くの人が

「そんなヤツおれへんでえ」とこだま師匠的なツッコミが入りそうな告知を

加えました。

なんとなく、特に晩、以前に比べ治安面が悪化してるな、と思う小阪駅周辺ですが

そんな中

「1000円札、ここにあるよ」

という男性の方が!

当店北側のタクシー乗り場の前で、わざわざその現場の状態で残して、私に

教えてくださいました。当店北側入口にある雑誌棚の平台に、確かに

1000円札が!

その状況もすごいけど、こうして声をかけてくださる男性の方もホントに

素晴らしいことだな、捨てたもんじゃないな、と。

お声がけ、本当にありがとうございました!

でも、この1000円、誰のん?てなるわけですが、ここで一役買ったのが

防犯カメラ

でして、ありえそうな時間帯をチェックしてみると、いらっしゃいました!

特定はできたのですが、お名前は分からず。私が対応したので、私が見たら

すぐわかるのですが、少し預かっておきます。

店頭にいると、ホント色々あります。

そんなとこで、本の紹介、なんもしてなかったので、こんなのはどうかと。

現場の人間が読んで、面白いのですがそれ以上に

書店員になりたい人、バイトしてみたい人が予習で先に読んでおくと

かなりいい本がこちら。

書店員に日常がここに。

 

気持ちのいい休日をお過ごしくださいませー

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

新型コロナウィルス、そして緊急事態宣言、町の書店は。

こんにちは。 実に、この「新型コロナ」、もちろん当店にも様々な影響を与えてくれています。 もう、あのウィルスの画像はこわくて、引用するのもいやですし、毎日コロナの感染者数、 海外の情勢、中小企業の資金 …

本から見た世界~今、彼らの声を聴く~

ブログですー。 皆様は本が見た景色ってどんなのか興味がありますか? 例えば、先日棚替えをしてひとつ横にずれた政治経済社会棚に面陳してある、こちらの本。 堀之内出版 キア・ミルバーン/著 斎藤幸平/監訳 …

本屋の店員

ずこーーー 金曜日です。画像は栗林書房のどこかです。(ごめんなさいちょっと加筆しました) 只今店内北側にて勝手にエクスナレッジのミニフェアをやっているのですが、好評のようでこつこつと仕入れてきた甲斐が …

近くに居るかもしれない不思議ちゃん。

金曜日です。 皆様は不思議ちゃんってどんな印象がありますでしょうか? エキセントリックな女性って結構どんな時代でもいるものですが、かつては服装含めてぶっ飛んでる方も多くいたのですが最近はぱっと見普通な …

フランケンシュタインの怪獣

何かの例えで「サンダ対ガイラ」を持ち出す奴は大抵サイキッカー(自分込みで)。

金曜日です、ブログ担当は(村)でございます。 人それぞれにはよく使う言い回しというのがあると思うんです。 あるシチュエーションになった時に繰り出す際に決まった言葉を使うみたいな。 僕にとってそれがサン …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。