未分類

アストロモモンガ

投稿日:

日曜日です。

物書きの人の”この一冊”っていう代表作って結構ばらつきが出ると思うんですが、橋本治の一冊となると本当に難しい。

例えば、筑摩書房の「これで古典がよくわかる」とか河出書房の「桃尻語訳 枕草子」、中央公論新社の源氏、平家をあげる人が多いかなぁって印象なんですが、個人的にはぶっちぎりで「’89」なんです。

残念ながら「’89」は絶版になってるんですが、この度、その一部が新刊というか遺稿が入った「原っぱという社会がほしい」に再録されました!

昭和という日本を批評してるんでとっつきにくいかもしれませんが読んで見てください。

で、「お!」って思った方は、ぜひ「’89」も探して読んで見てください。

時代背景がおたかさんだったり、宮崎勤だったり、山田邦子がめっちゃ勢いある時代だったりするのでそこ知らない人は読みづらいというか何書いてんだ?ってなると思うんですが、知ってる人は今でも面白く読めると思います。

昭和の終わりにも多くの著名人が亡くなっていてそれについての橋本治の考えとか読んで欲しい!それ読んで平成と令和の変わり目のをもう一度振り返った時に多分うわ!ってなると思うので(笑)

あと、個人的には「’89」大ラスが「うわ、この人すげぇ!!」って驚愕しました。超、かぶいてて最高なんですよね。

新刊書店のブログで長々と絶版の本について書くのもなんだかなーって感じなのでそろそろ終わろうと思います。

ちなみに1/27には新潮文庫で橋本治「草薙の剣」が刊行されますのでそちらも是非。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高校さんの教科書販売の準備真っ只中です。

土曜日の午後。母校でもある小学校に、児童書を納品し、その様子をアップしようと考えていたのですが、「後、やっときますからいいですよー」と言われ、ほんとは棚詰めの写真とか載せたかったのですが、残念>< 午 …

no image

書店員の仕事「雑誌と付録って別々なんですね!?」

栗林です。ちょっとご無沙汰してすいませんです。 先日は、長年お世話になっている、教科書関係の取引の会社様の創立50周年のお祝い に。なぜか今年は、90周年とか70周年とかキリのいい数字の会社様、大学様 …

「調べる」だけが能じゃない。辞書を「楽しむ」

金曜日。「広辞苑」が10年ぶりに発売。やっぱり、これしかないかな、ということで。 今なら、「広辞苑をつくるひと」付録ついてます。 「今、まだ広辞苑、売れるんですね。今日は広辞苑ばっかし」 そんな会話を …

no image

とりあえず点滴、

4月。 自分の人生、18歳からでしょうか、2月・3月・4月はいつもそばに教科書が。 2月に準備、3月には販売、まだ数年前ですが4月は大学のテキスト販売で出ずっぱりで、 気が付けば5月という、20数年で …

no image

休憩あと33分、書き出します(釜ヶ崎という名の大阪を巡る本、そして春陽堂と言えばな本の発売を祝して)。

一週間て早いですね。金曜日です、ブログ担当は(村)。写真撮り忘れているので時間あれば追加します(結局追加せず!!!怠け者!!!)。 みなさんは今月(2018年2月)のちくま文庫の黒岩重吾「飛田ホテル」 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。