お知らせ

時が経つのは早いと申しますが…。

投稿日:

火曜日です。お久しぶりです。

イベントもほとんどなかったですし、季節感を体感する外出も制限されてたことが主な原因なのかもしれませんが、今年は本当に色んな出来事がありましたが、恐ろしく月日の経つ感じが希薄な一年だったように思います。

ただ、ベストを眺めても何かピンとこないなーって言う感じだったので、棚を見て回っていたら、「あ!これ刊行今年じゃん!」って言うのが結構ありまして。

この中で飛鳥新社 武田友紀「繊細さんの本」は2018年刊なんですが、

もともとお手に取られる方が多い本ではあったのですが、

今年、メディアに出られたからかじわじわ売れていてうちでもロングセラーな感じに。

奥付は2020年10月のもので25刷り!

この本は出版社さんの手のかけるタイミングが凄いばっちりな印象でした。

追随する本も数多く登場しておりますよね。

 

それとは逆に結構、時事評論であったりとかっていつのものかって覚えているものなんですが(故に時事評論だったりもするので)、しかし今年は何か感覚的にもっともっと前に刊行された感があるものが意外と今年だったか!っていうものがあったりして時間経つのが早いのか時間よりも私の体感する時間の感覚が早いのか分からない感じになっております。

皆さんはそんな感じってあったりしますか?

というか皆様はどんな一年でしたでしょうか?

何はともあれ皆様良いお年をお迎えくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-お知らせ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

”教室が揺れる講義 ”を栗林書房で体験しませんか??

こんにちは、栗林です。 先日、大阪樟蔭女子大学さんで、児童書のトークイベント後に著者の方の本の販売を させていただいたのですが、その際のお客様の嬉しそうな顔や、著者の朗読中、 感極まり、鼻をすする方な …

大手出版社の夏の文庫フェアのPOP書いてみませんか?と言われたら戸惑いますかねやはり…。

金曜日です。 少し久しぶりになりました。実は先週ひとつブログほぼ書いてたのですが、どうなんだろうなーって思って置いといたら時間が過ぎてしまったので、どちみち思いついてしまったので今週それを書こうかなと …

ようこそ栗林書房へ

先日のブログで書きました、長年勤めてくれたO君が抜け、慣れている人が抜けるとどうしても人員が苦しくなり、どんなところも新しい人を募集しますが、当店も募集をかけていたところ、有難いことにお問い合わせを頂 …

no image

平成が終わろうとしてる今、’90年代悪趣味サブカルを振り返る本が幾つか出版されています。

金曜日です。 最近、立て続けに二冊’90年代悪趣味サブカルに関する本が出ました。 コアマガジン コア新書 ロマン優光「90年代サブカルの呪い」 そして太田出版 香山リカ「ヘイト・悪趣味・サブカルチャー …

贅沢な悩み

おはようございます。 阪神がもう、どこまで負けるのか、まさかの逆ロケットスタートで ぶっちぎりの最下位、ここまでくると「自分が見られた試合が勝ったらラッキー」 くらいで楽しみつつ、またきっと新戦力、若 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。