スタッフ雑記

別冊ele-king「じゃがたら」、「ポストサブカル・焼け跡派」発売中です。

投稿日:2020年2月11日 更新日:

金曜日ではなく火曜日です、祝日。

めっちゃ久しぶりに書くことではない気がしますが、皆様は暗黒大陸じゃがたらってバンドをご存じでしょうか?

思えばこのバンドを知ったのは大槻ケンヂの本を読んででした。

彼のエッセイのそこかしこには注釈が振られていて、そこには人間椅子、恐怖奇形人間などのカルトなバンドや映画作品が数多く書かれていてそれらはどれもおどろおどろしく、怖いもの見たさで書を一端本棚に戻して町へ出て行ったものです。

その中でも、暗黒大陸じゃがたらは、というか江戸アケミですね、大槻ケンヂのエッセイの注釈における江戸アケミは最期も壮絶ながらライブパフォーマンスも過激な感じで群を抜いてインパクトの強い、トラウマ級の興味をそそるもののひとつでした。

で、そんなの読むとやっぱり聞きたくなるもので、じゃがたらの「南蛮渡来」を買って聞くわけです。

すると一曲目がファンクな音に「くらいねーくらいねーせいかくがくらいね、にほんじんてくらいねー」っていう詩がのるそれまで聞いたことがないやつっていう…あまりにそれまで聞いてたやつとの異質さに何度も再生がストップするっていう事態にも…。僕自身煙草を全く吸わないのですが煙草ってまずむせるっていうそういう感じで全く箸が進まないっていう感じに(笑)なんだかんだそうやって大人の階段をのぼって行った訳ですが、僕の中で大槻ケンヂがそうだったように今の人ってネットでリンクが張ってあってって感じになのかなー?

でもけっこう色んなとこ見てるんですが、自分がそーいう(こういうのC調って言うんですっけ?違うかな…)のを夢中で読んでた時の感じのものってあんまりないなーって気がしてたんですが、そんなことを言ってると何か似たような感じのが発売しました。

「ポストサブカル焼跡け派」です(あ、ちなみにじゃがたらの方も新作が出るとのことで特集した本が発売しております)。

スゴイ東京のサブカルぅぅぅぅxって感じがする本なので、一度手に取って見てください。

…でもこんな感じのサブカルていうといつも東京のーとかってなるんですが、なんで大阪でこういう大阪でいうところの”スカしくさった”のってないんだろうなーって思ったりします。

多分、それは大阪のサブカル的なのになると、山田雅人と森脇健児のざまあカンカンとか、和泉修と清水圭の圭修ファイブとかっていう振り返ろうにも何か、何かなーって感じになったりするからなのかなーって個人的には思ったりします。

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

おおさかうまいもんのうた

大阪にもいろいろあって・Ⅱ

こんにちは、村尾のブログの続きかと思わせながら 本日は栗林(B)です。   いやいや、毎日お暑いですね。 ご来店いただいている皆様、本当にありがとうございます。 しかし今後、命の危険に関わる …

本をじっくり読む

お盆も最終日。明日からお仕事、みなさん復帰できそうですか? 今日は休みをいただいてます栗林です。 何というか、外を見てもお休みモード、時間が不思議とゆっくり進んでいる錯覚に陥ります。 時間だけは、人間 …

ちょっと変わった本のご紹介。

金曜日でございます。担当は(村)です。 今回はツイッターを読まれている方は一度ちらっと見たことあるかも知れないですが、僕がこの一年なんだかんだで見てる最近の関西のサブカルチャーというかその界隈の面白い …

寺山修司、宿野かほる、祟山祟。

  恐怖の口が目女 みなさんはおおかみ書房というのをご存知でしょうか? 「プロの作家が商業誌に掲載したけれど単行本化されなかった作品を自腹で書籍化する活動をしている」ところなのですが、そのお …

昨日がなければ明日もない

こんにちは、 ゴミ袋もなければ洗剤もない、 悲しい栗林(B)です (なんのことやら)   先週の商談会「BOOK EXPO」、 参加した面々は楽しそうに帰還してきました。 収穫があったようで …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。