スタッフ雑記

読書と勉強と大学入試、その先は

投稿日:

おはようございます。

今日は、朝は掃除、洗濯して、クリーニング屋さんに引き上げに行き、よくわからん

けど「ライフ(スーパー)のカードにチャージするのは15日にしてね、得だから」

との伝言に従い、食材購入ついでにチャージに向かい、あとは在庫過剰な家の中の

本を整理をしたい、

やはり購入する人間が2人になると、増えるスピードも加速して、困りものです。

そんな中、朝、ふとこんな記事が。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00000085-kyodonews-bus_all

「大学受験参考書が月980円で使い放題」

いわゆる定額制。

この画面を見る限り、旺文社の『英単語ターゲット』など、ある意味エース級のもの

がスマホの画面を通していつでも見られる、この「見られる」けど、

「ホントにそれが理解につながるの?」ってところが、アナログ世代の、もうええ

オッサンにはつい引っかかる。

何気に、学校側から「これで勉強しろ」的にアプリを紹介しているとこもある。

あと、おそらくスマホには色々な楽しいアプリが入っているはず、そんな誘惑にも

勝てるの?というとこも。いや、えらい子はきっと要領よくやるんだろな。

今、ユーチューブでも勉強を教えてくれるし、田舎であろうが都会の某有名

講師の授業が受けられる時代だけど、なんかこんな時代になっても、まだ大学に入学

することが最終目標って感じで、

でもそれが世の中のニーズ、なのならそれを敏感に感じ取っているのが

彼らなのかもしれない。

大学に入る前に、大学行って何を学びたいの?っていう問いから入った方がいいのに

な、と思う。

それはさておき、「一目置かれる」ことは間違いなく、いい大学を目指すわけですが

そんな近代的なものがない時代でも、日本全国から、「東大」や「京大」

に合格者が輩出されるし、私の知り合いや身近な人間にもいるけど、できの悪い私は

つい興味本位で、どれだけ勉強したの?的ミーハーな質問をしてしまうのですが、

某地域では(当時)予備校なんてないよ、だから学校の先生の授業聞いて、

わからんとこまた聞くだけ。(都心部には3大予備校がもちろんある時代ですよ)

との答え。

「わからない」ということが「わからない」

という名言、これだけは忘れられません。

やっていたことは共通して

「本だけは読んでたかな、結構」

という答えだ。

どこか、「大したことしてないねんけど」という感が出てるのも同じく共通

している。実際、本人たちはそうなんだろう。だって、

本を読んでいただけ

だからだ。

私に偉そうなことをいう資格はないけど、やっぱり読解力、思考力、集中力、語彙力

を自然と養ってくれるのは読書なんじゃないのかな、と思う。この「自然と」

というのがポイントなんだと思う。

いまだに、親御さんに「これ丸暗記し!」的なことを言われているお子さんを見ると、

喉元までいいたくなってしまう。その前に、本を読んだらいいのにな、と。

 

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

フリーペーパーの原点

日曜日。クリバヤシが更新日です。 今、フリーペーパー「くりばやしだより」を毎月更新しているのですが、その情報をどんな感じで出すのがいいのかな、と考えていたとき、いろいろな書店さんのや、他業種の店舗さん …

no image

オリラジ藤森慎吾の本が出ましたYO!

日曜日です。 先日、徳間書店 オリエンタルラジオ藤森慎吾「PRIDELESS 受け入れるが正解」という本が出ました。     で、これ藤森慎吾の半生を踏まえながらそこから深堀したり …

あきらめたらそこで試合終了ですよ

このタイトルで、どれくらいの方が気づいてもらえるのでしょうか? すいません、一巻がすぐに売り切れ、月曜入荷します。 先日、発売になりましたバスケ漫画、漫画界の金字塔ともいえる『スラムダンク』が新装再編 …

no image

今回は 読みの外れた 直木賞

こんにちは、栗林(B)です。 さあ!夏ですね! といっても今現在、外は恵みの雨が降っております 🙄   昨日は芥川賞・直木賞の発表があり 無事、受賞作が出ました。よしよし。 今回は直木賞の候 …

no image

変換は便利だけれど

こんにちは、栗林(B)です。 残念ながら(?)乱丁本に当たったことはありません。 一番よくあるのは、「カバーと中身が違う本」でしょうか。 何度か、お客様に指摘されたり 自分で発見したことがあります。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。