スタッフ雑記

コロコロコミックに学ぶ。ビジネス書としてのコロコロコミックファンブック。

投稿日:

金曜日です。久しぶりに本の紹介します。

「コロコロコミックのひみつ 公式ファンブック」というのが発売されております。

コロコロコミックのひみつ公式ファンブック

これ面白いのがコロコロが出来るまでを追ったルポみたいなのが巻頭から載っているのですが、その内容が企画会議、原稿にレイアウト、業者がそれを元にデザイン、本文の原稿を書いて出稿、それを印刷会社に送って、印刷、それを製本、出荷して本屋へ…っていうのを実物を見せつつ載せているんです。

ゲーム系の読み物ページはもちろん漫画の原稿も披露していて、コロコロなんかは特にビジュアルや見出しの文字とかがめっちゃ凝っててデザインされて完成していく感じは見てて面白いなーって感じで。

本文にも書いてあったと思うんですが、”これを読んで君も作り手にならないか?”っていう言葉は子供にとってはとても魅力的だろうなーって思います。こういうの読んで編集者や漫画家を目指す子がいたりするんだろうなーって、そしてそういう事を起こしてしまえる本だなって読んでて思いました。

そして読むと改めて思うのが、コロコロってYOUTUBEや、全国を回るイベント、テレビの地上波での番組と今現在のメディアと言われるもの全てをおさえているし、何よりもそのど真ん中に本があるっていうのっていうのは、凄いなーって。

そういうコロコロっていう本が売っている先のひとつとして本屋があるんなら何かもっと色々と出来んじゃないかなーってこれを読んじゃった者としては思っちゃったりします。

多分、出来る事って一緒に楽しんで一緒に巻き込まれるみたいな感じなんでしょうが(意外とそれが難しかったりします)。

昔っから今に至るまで今に至ってもなお面白くあろうとして子どもたちを(コロコロアニキを読む人含む)惹きつけてやまないコロコロコミックの秘密が分かるこの本、一度是非手に取ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

フランケンシュタインの怪獣

何かの例えで「サンダ対ガイラ」を持ち出す奴は大抵サイキッカー(自分込みで)。

金曜日です、ブログ担当は(村)でございます。 人それぞれにはよく使う言い回しというのがあると思うんです。 あるシチュエーションになった時に繰り出す際に決まった言葉を使うみたいな。 僕にとってそれがサン …

寺山修司、宿野かほる、祟山祟。

  恐怖の口が目女 みなさんはおおかみ書房というのをご存知でしょうか? 「プロの作家が商業誌に掲載したけれど単行本化されなかった作品を自腹で書籍化する活動をしている」ところなのですが、そのお …

本屋含めて出版業界は面白いなって思うんです。

祝日の金曜日です。 今回はちょっとシリアスに見える感じの話を書きたいと思います。 本の流通って他と比べて委託制度とか日本中どこでも同じ価格とか結構特殊な事が多いんですが、それって何でだ?って考えた時、 …

VR栗林書房を考えてみたらこんな感じになっちゃいました(個人的意見)

金曜日です。 お盆休みもほぼ終わり、また通常業務に戻って行きつつありますが、その結果栗林書房のブログが三日連続の更新となりそうです。連日投稿の三本目で素敵な話、どこか出かけた話と来てるので僕は結構どう …

思わぬ発見は家の中に

おはようございます。 プロ野球、特別広島カープのファンではないですが、ここ最近いつもルーキーの ドラ1栗林良吏さんが大活躍、https://news.yahoo.co.jp/articles/216c …

ぶっくりん 栗林書房のマスコット

ぶっくりん 栗林書房のマスコット
栗林書房ブログ スタッフみんなで更新中

店舗ご案内

店舗ご案内

ご注文・定期購読

ご注文・定期購読

教育関係・企業様へ

教育関係・企業様へ

よくある質問

よくある質問

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。