スタッフ雑記

歳をとると健康の話をしたくなる

投稿日:

こんにちは、栗林(B)です。

あと一週間ほどで誕生日、目出度く四十路の仲間入りです。

プレゼントは結構です、当店で本をもう一冊、

お買い上げ下さいますよう、お願いいたします(笑)

 

さて、今日はとりとめない健康の話などを。(四十路なので)

 

ちょうど10年前、わりと大病を患いまして

入院1ヶ月、安静2ヶ月、計3ヶ月ほど、

当時勤めていた会社をお休みさせていただいておりました。

 

30歳の誕生日は病院のベッドの上、

朝の検温に回ってきた看護師さんが

その日一番の「お誕生日おめでとー!」

そして「三十路へようこそ!!」と・・・

 

傷病手当をバッチリいただき、

医療保険の手術給付金も上限まで出て、

保険ありがたや~m(__)m

「万が一」はあり得るので

若い方こそ医療保険をご検討くださいませ(経験者談)

 

それから早くも10年、

周囲の人に恵まれて

四十路の誕生日は無事、普通に迎えられそうです。

 

お医者さんが仰ってました、

「歳をとってから、そういえばあんな手術をしたこともあったな、と

思い出すくらいでちょうどいい」と。

残念ながら、健康診断の度に既往症を見られて

「珍しい病気にかかったね~」とほぼ毎年言われるため

なかなか忘れることはできなさそうです。

 

無事に生きていることは、当然のことではなく

幾つもの偶然の上に成立していると

毎年、この時期になると思い返します。

奇跡を忘れないように。

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マウス

アップデートと戦う

こんにちは、栗林(B)です。 近畿地方も梅雨入りしましたね・・・ もう、ご来店いただいている方にはおなじみ(?)、 湿気が多すぎて「本の表紙がべろんべろん」状態が慢性化する時期でして なんかもう・・・ …

ちょっと変わった本のご紹介。

金曜日でございます。担当は(村)です。 今回はツイッターを読まれている方は一度ちらっと見たことあるかも知れないですが、僕がこの一年なんだかんだで見てる最近の関西のサブカルチャーというかその界隈の面白い …

20世紀エディトリアルオデッセイ

20世紀エディトリアルオデッセイ

栗林書房にて色々担当しております村尾と申します。 今回はブログを担当させていただきます、どうぞよろしくお願いいたします。 で、今回何を書こうかと色々考えていたのですが、まず第一歩ということで,おすすめ …

アナログ社長の「PCと友達になりたい」 

社長の栗林です。 店頭に立つ時間が減りましたが、荷受けから品出し、返品、発注、現場の仕事もやっております。このたび友人の力を借りてホームページを再整備いたしました。 これ、恥ずかしながら、三度目の正直 …

KLFの評伝が発売しますよ。

もうすぐ6月、という事であと半月ほどすると以前ツイッターに書いた、河出書房新社からKLFの評伝が発売されます。金曜日です。 今の段階でまだ表紙出ませんでしたので代わりの画像を表示しております。 KLF …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。