未分類

吾峠先生、実はここから・・・なわけないか

投稿日:

こんばんは。お寒うございます。

年の瀬が近づくと、もう来年の予定がちらほら。

中学校の販売は○○ですよ、高校は専願の販売はここで、とかのやりとりが

はじまり、根幹の問題として、今年は販売はいったいどうするのか・・・

それと、大阪と東京で開催が交互ではありますが毎年2月開催の

司馬遼太郎記念館の恒例イベント

「菜の花忌シンポジウム」での出張販売。来年は大阪なので当店も出動予定。

https://www.shibazaidan.or.jp/event/

郎記念館の恒例イベント「菜の花忌シンポジウム」、来年は大阪開催なんす。

司馬さんの作品をテーマにトークが繰り広げられるのですが、今回は

胡蝶の夢

今ね、「胡蝶」て言ったら、おそらく多くの方が、「アレ」を連想するでしょうが、
違いますよー。これ、決してあの方の自伝とかではございません。

全5巻

「胡蝶の夢」このタイトル自体は「荘子」の中の、有名な寓話でございます。

荘子自身が、夢の中で「胡蝶」になる。自身が人間であることを忘れ、目が覚めると

やはりまた荘子だった、というあれですね。詳しくは是非、荘子を読んでいただくのが

よろしいかと。

しかしながらですね、こちらの作品。コロナ禍、ということもふまえて、これに

なったのかと思いますが(ゲストも、天然痘をテーマした著作「火定」の澤田瞳子先生

や、医療マンガ「仁」の著者、村上もとか先生と豪華。)

時代背景は幕末から維新にかけてで、テーマは

医療 

なんですよ。そういえば、あの、しのぶさんも・・・。

で、登場人物の中に

島倉 伊之助

という方も。(有能なのに、ちょっと残念な)

そんなきっかけでもええじゃないですか、年末年始、「胡蝶の夢」

どうでしょう?

 

 

 

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「化学の本、どれ売れてます?」相談に乗ります参考書売場。

2月が助走、3月がいよいよ本番の学校様への教科書販売。 当店では、レッド小阪店で一般書、雑誌を。駅南側、旧文庫の店では、現在、参考書専門店として販売しております。 幼稚園のドリルから、小、中、高校学 …

no image

本嫌いが読書に目覚めてよかったこと 1

今回は、小さいお子さんのいらっしゃるご家庭の方にぜひ、読んでほしいと思います。 「本に囲まれていいよね」 なんて声を掛けられるのが、私の学生時代の苦痛でした。先週、書いた中のマイナスな方。「勉強のため …

至福の休日。

怒涛の3月を前に、本日はお休みをいただけた栗林です。 たまには、休日気分も、ということで朝の至福のひと時。休日だけはええコーヒーを飲み、おいしいパンを食べる、だらっとしながら本を読みつつ、昨日寝落ちで …

2月といえば菜の花忌

日曜日。怒涛のような2週間、を言い訳に、久々の更新となってしまいました・・・。 とはいえ、何かと仕事があることは実に有り難いと思う栗林です。 さて、2月。わが東大阪市、とくに当店周辺は、菜の花でいっぱ …

no image

お客様の激動の一年×本屋

昨年の『鬼滅の刃』の大ブレイクで、業界に神風がふいております。 皆さま、なにとぞ「鬼は外」、栗林書房から、まだたっぷりございます『鬼滅の刃』 鬼滅の刃、がっつり置いてます お買い上げの上、当店から鬼を …

ぶっくりん 栗林書房のマスコット

ぶっくりん 栗林書房のマスコット
栗林書房ブログ スタッフみんなで更新中

店舗ご案内

店舗ご案内

ご注文・定期購読

ご注文・定期購読

教育関係・企業様へ

教育関係・企業様へ

よくある質問

よくある質問

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。