未分類

吾峠先生、実はここから・・・なわけないか

投稿日:

こんばんは。お寒うございます。

年の瀬が近づくと、もう来年の予定がちらほら。

中学校の販売は○○ですよ、高校は専願の販売はここで、とかのやりとりが

はじまり、根幹の問題として、今年は販売はいったいどうするのか・・・

それと、大阪と東京で開催が交互ではありますが毎年2月開催の

司馬遼太郎記念館の恒例イベント

「菜の花忌シンポジウム」での出張販売。来年は大阪なので当店も出動予定。

https://www.shibazaidan.or.jp/event/

郎記念館の恒例イベント「菜の花忌シンポジウム」、来年は大阪開催なんす。

司馬さんの作品をテーマにトークが繰り広げられるのですが、今回は

胡蝶の夢

今ね、「胡蝶」て言ったら、おそらく多くの方が、「アレ」を連想するでしょうが、
違いますよー。これ、決してあの方の自伝とかではございません。

全5巻

「胡蝶の夢」このタイトル自体は「荘子」の中の、有名な寓話でございます。

荘子自身が、夢の中で「胡蝶」になる。自身が人間であることを忘れ、目が覚めると

やはりまた荘子だった、というあれですね。詳しくは是非、荘子を読んでいただくのが

よろしいかと。

しかしながらですね、こちらの作品。コロナ禍、ということもふまえて、これに

なったのかと思いますが(ゲストも、天然痘をテーマした著作「火定」の澤田瞳子先生

や、医療マンガ「仁」の著者、村上もとか先生と豪華。)

時代背景は幕末から維新にかけてで、テーマは

医療 

なんですよ。そういえば、あの、しのぶさんも・・・。

で、登場人物の中に

島倉 伊之助

という方も。(有能なのに、ちょっと残念な)

そんなきっかけでもええじゃないですか、年末年始、「胡蝶の夢」

どうでしょう?

 

 

 

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「調べる」だけが能じゃない。辞書を「楽しむ」

金曜日。「広辞苑」が10年ぶりに発売。やっぱり、これしかないかな、ということで。 今なら、「広辞苑をつくるひと」付録ついてます。 「今、まだ広辞苑、売れるんですね。今日は広辞苑ばっかし」 そんな会話を …

キュンタ、はっけん、よまにゃ、ぶっくりん

もう、サッカーで頭がいっぱい、色々話題をまた振りまいてくれます、日本。 次はベルギー戦、夜中3時、でも観る! すいません、今日はこんなタイトルで。 ちなみにこれ、前の3つは「出版社の夏の文庫フェアのキ …

高校さんの教科書販売の準備真っ只中です。

土曜日の午後。母校でもある小学校に、児童書を納品し、その様子をアップしようと考えていたのですが、「後、やっときますからいいですよー」と言われ、ほんとは棚詰めの写真とか載せたかったのですが、残念>< 午 …

節分

金曜日過ぎて土曜日になりました。 もうすぐ節分ですねー。基本的にハロウィンとかバレンタインデーとかクリスマスとかは本屋でも色んな展開方法あると思うんですが、節分とかってどうなんだろう?って考えてたんで …

no image

鬼滅で一年しめくくりです。12月4日はありがとうございました。

久々のブログ更新、となりました。 先日は皆さんもご存じ、「鬼滅の刃」最終巻の発売。 当日朝、いつもドライバーさんが届けてくれている商品の倉庫の扉を開けると、 30冊の括りですね こんな感じ、もちろんこ …

ぶっくりん 栗林書房のマスコット

ぶっくりん 栗林書房のマスコット
栗林書房ブログ スタッフみんなで更新中

店舗ご案内

店舗ご案内

ご注文・定期購読

ご注文・定期購読

教育関係・企業様へ

教育関係・企業様へ

よくある質問

よくある質問

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。