未分類

吾峠先生、実はここから・・・なわけないか

投稿日:

こんばんは。お寒うございます。

年の瀬が近づくと、もう来年の予定がちらほら。

中学校の販売は○○ですよ、高校は専願の販売はここで、とかのやりとりが

はじまり、根幹の問題として、今年は販売はいったいどうするのか・・・

それと、大阪と東京で開催が交互ではありますが毎年2月開催の

司馬遼太郎記念館の恒例イベント

「菜の花忌シンポジウム」での出張販売。来年は大阪なので当店も出動予定。

https://www.shibazaidan.or.jp/event/

郎記念館の恒例イベント「菜の花忌シンポジウム」、来年は大阪開催なんす。

司馬さんの作品をテーマにトークが繰り広げられるのですが、今回は

胡蝶の夢

今ね、「胡蝶」て言ったら、おそらく多くの方が、「アレ」を連想するでしょうが、
違いますよー。これ、決してあの方の自伝とかではございません。

全5巻

「胡蝶の夢」このタイトル自体は「荘子」の中の、有名な寓話でございます。

荘子自身が、夢の中で「胡蝶」になる。自身が人間であることを忘れ、目が覚めると

やはりまた荘子だった、というあれですね。詳しくは是非、荘子を読んでいただくのが

よろしいかと。

しかしながらですね、こちらの作品。コロナ禍、ということもふまえて、これに

なったのかと思いますが(ゲストも、天然痘をテーマした著作「火定」の澤田瞳子先生

や、医療マンガ「仁」の著者、村上もとか先生と豪華。)

時代背景は幕末から維新にかけてで、テーマは

医療 

なんですよ。そういえば、あの、しのぶさんも・・・。

で、登場人物の中に

島倉 伊之助

という方も。(有能なのに、ちょっと残念な)

そんなきっかけでもええじゃないですか、年末年始、「胡蝶の夢」

どうでしょう?

 

 

 

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

キュンタ、はっけん、よまにゃ、ぶっくりん

もう、サッカーで頭がいっぱい、色々話題をまた振りまいてくれます、日本。 次はベルギー戦、夜中3時、でも観る! すいません、今日はこんなタイトルで。 ちなみにこれ、前の3つは「出版社の夏の文庫フェアのキ …

no image

休憩あと33分、書き出します(釜ヶ崎という名の大阪を巡る本、そして春陽堂と言えばな本の発売を祝して)。

一週間て早いですね。金曜日です、ブログ担当は(村)。写真撮り忘れているので時間あれば追加します(結局追加せず!!!怠け者!!!)。 みなさんは今月(2018年2月)のちくま文庫の黒岩重吾「飛田ホテル」 …

no image

大賞

先日は、表で作業をしていたら、 もう撤去されましたが、ホント残念 「メキメキメキ・・・」 とヤバい音が。振り返ると、以前は春に咲き誇っていた(ここ数年は咲かなくなって しまいました)桜の木の、太めの枝 …

大人になって絵本を見る。そしてハッとさせられる

まさに秋晴れな9月20日。 世の中3連休、しかも23日も休みでシルバーウィークです。 私はワクチン接種2回目を終え、少しゆったりした朝を迎えております。 読書、とかって前回も言ってましたが、フツーにマ …

no image

本嫌いが読書に目覚めてよかったこと 1

今回は、小さいお子さんのいらっしゃるご家庭の方にぜひ、読んでほしいと思います。 「本に囲まれていいよね」 なんて声を掛けられるのが、私の学生時代の苦痛でした。先週、書いた中のマイナスな方。「勉強のため …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。