スタッフ雑記

いくら5つ星のレビューがつこうが、自分で発見した本には敵わない。

投稿日:

先日、朝日放送系列でスペシャルドラマ、『白い巨塔』が放映されてましたよね。

結構、V6の岡田君が主役ということもあり、話題になっていたかと思うのですが、

いかがでしょう?

録画だけはして、まだ見てはないのですが、個人的にはその昔、唐沢寿明さんが主役の
時の連続ドラマの印象が相当残っております。

 

何度か、ブログ内をはじめ公言しておりますが、

私は山崎豊子作品こそが、本当の読書人生のスタートだった、といえるくらい、ある意味恩人です。

出会うきっかけは、書店店頭でしかないわけで、私は学生当時、ヤマザキトヨコが誰なのか、どんな作家なのかも知らず(今思うと、実に恥ずかしいですが)、ホントに何の気なしに、自店の棚を見てて目に留まったのが山崎さんの文庫の作品群。

白い巨塔 

やはり、見たい。

他、もう今を思えばキラ星のごとき作品群!(さすがにこれは全部読みました。)

不毛地帯 沈まぬ太陽

大地の子 華麗なる一族 二つの祖国

など、もう書き出すとキリがないわけですが、これらが並んでいるのを見て、特徴は

 

分厚い タイトルが気になる 長い(巻数)

 

けど、何か気になるなー。がきっかけ。

 

人に勧められたわけでもなく、上記のタイトル、そして奥のちょっとしたあらすじ、を見て

自ら読んでみたい

と思えたこと、今思うと、これは本当に大事だな、と。

 

アマゾンレビューもない当時の本選びの判断基準って、

「自分で書店で見つける。」が多かった気がするんですよね。

だって、文庫本なら、裏表紙のちょこっとしたあらすじを読む

がメインの作業。

昔なんてPOPなんかも立ってないから

背表紙見て手に取るしか、その本の情報が得られない。

そして、幸いにも、私にとっての面白い作品に出会えたことが大きかった。

やっぱり、人が薦めるどうこうより、自分で興味沸いたのをまず読んでみるのが、

一番ですね。

書店員としては、せっかくネットで購入せず、書店に入ってきてるのに、

そんな方がなんか得をして帰ってほしいと思うので、オススメとかPOPとか書いたり

しております。本来は、文庫とかなら本の裏表紙に少し書いてくれてるので、そこを読む

のがいいかとは思うのですが、「なんとなく」本屋に入った人が、自発的に読みたく

なるようなオススメ本の紹介ができればなあ、と。

もう、山崎豊子の新刊は読めないんだよなあ。また、そんな作家発見したいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひよこちゃん

冬眠とザワザワする春

こんにちは。 久しぶりにコソコソやってます、栗林(B)です。 「最近アイツ更新してないやん」「辞めたんちゃうん」 的なザワザワは一切なく、ただのサボりです、すみません。   更新してない間に …

サイバー攻撃

十年一昔

みなさま、こんばんは、栗林(B)です。 広辞苑第7版は買っていただけましたか? 今ならまだ、三浦しをんさんの特典付きの分がありますよ~。 迷っている方は、この機会をお見逃しなく! 今回は発売早々記述に …

平成がもうすぐ終わります

金曜日です。 もうすぐ平成が終わりますが皆様如何お過ごしでしょうか? 綾小路きみまろの「あれから30年!!」と同じ年月が経ってしまった訳です。 きみまろのネタ的には年月を経てめっちゃ変わった的な感じで …

no image

FAXを見て処理しながらブログ書いたら閉店時刻過ぎました。

金曜日です。金曜日のブログ担当はむらおです。 さて、店頭の対応や棚整理など以外でも現在スリップが廃止になってきているので売れた本の中でスリップがないことでチェック漏れしてないかチェックしたり、版元から …

楽しんで、手書きPOPを

アナログな栗林、ブログ第二回です。 アナログ人間ではあるがゆえに、今回は「手書き」についてです。 どんな人間にも少しはできることがございまして、主に、いわゆる「手書きPOP」というやつで、私、これだけ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。