スタッフ雑記

円・方・双方中円・上円下方・前方後円

投稿日:

こんにちは、栗林(B)です。

ようやく3月から溜め込んでいた仕事が終わりそうです。

もう夏ですよねコレ。

 

ついにきましたねー!

「百舌鳥・古市古墳群」のユネスコの世界文化遺産登録!(見通し。)

古墳本

古墳見学のお供にどうぞー

って、どうするんですかね!?

・立ち入れないところが多い(天皇陵だから)

・周囲は普通の住宅地

・地上から見ると何が何だか(デカすぎる&木がモシャモシャ)

などなど、簡単には観光化とはいかなそうな問題がもさもさしていると思うのですが

 

でもこれ、やっぱ上から見ると「おーーー」って感じで。

飛行機に乗った時に、離陸・着陸でルートと運が良ければ

そこそこの高度で前方後円墳がキレイに見えます。

そうやって初めて自分の目で見た時、「古墳すごい!」て心から実感しました。

上空から観光する方法が編み出されるんでしょうか?

そうだといいなぁ。

品切れ・・・

ふと気になって調べたら、昔読んだ本はもう品切・・・左の本はこれから出ます!

 

堺市博物館 が大山古墳のそばにありまして、そこの展示を見て知ったのですが

「古墳のまわり、何もない・・・」

 

いまでこそ、周囲がぎっしり住宅に囲まれているので

近くまで行かないと古墳の姿は見えませんが

戦後すぐ頃の写真だと、周囲は一面の田んぼ。(畑だったかな?)

とにかく、遠目にも古墳が目立つのです。

 

戦後のごくわずかな期間で、遠景で眺めることが出来なくなってしまったけれど

古墳の歴史のうちほとんどの期間は、

「めっちゃ目立つ巨大なモニュメント」であり続けてたんですね!

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

KLFの評伝が発売しますよ。

もうすぐ6月、という事であと半月ほどすると以前ツイッターに書いた、河出書房新社からKLFの評伝が発売されます。金曜日です。 今の段階でまだ表紙出ませんでしたので代わりの画像を表示しております。 KLF …

魔術的芸術

それが素敵な子どもかは、さておき。

一週間ぶりのおまっとさんでした(キンキン)、今回のブログは、村尾です。 ある本を紹介しようと思うのですが、その本の内容的な事は多くの批評家などが書いているので(あらゆる芸術を網羅し、魔術的という括りで …

お買いものパンダの本

キャラクター栄枯盛衰

こんにちは、栗林(B)です。 誰もツッコんでくれませんが、(B)はB型のBです。 書店員にはB型の人間が多いように思うのですが、いかがでしょうか? これをご覧になられた書店員の方、ご同僚方の調査報告を …

とてもいいブログを思いついたのに思い出せない。

昨日、朝、本を棚入れしている最中もしくは検品中にとんでもなくいかしたブログの記事を思いついたんですが全く思い出せずにいます。 「そんなこと言って本当は何にも思い浮かばなかったんだろう?」 いや、信じて …

no image

子供たちが読みたい本を、選ぶという仕事。

「ちょっと、子供らが読む本、選んでもらえません?」 月曜から土曜、ほぼ毎朝、栗林書房の前には、その日発売の新刊や、当店のスタッフが追加注文した商品をトラックで届けていただき、私はそれを確認し、いったん …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。