未分類

節分

投稿日:

金曜日過ぎて土曜日になりました。

もうすぐ節分ですねー。基本的にハロウィンとかバレンタインデーとかクリスマスとかは本屋でも色んな展開方法あると思うんですが、節分とかってどうなんだろう?って考えてたんです。

で、考えました。

恵方を見ながら食べ物に関する読み物を誰とも話さずに読むと(もしくは黙読以上音読未満とかの方がそれっぽい気も)一年食べ物に困らない…的なのどうでしょう?(カバーとか中のチラシ、栞、帯などよくよく本を上から見ると巻き寿司っぽいし。新潮文庫のあのヒモはもちろんかんぴょう。)

平松洋子「肉まんを新大阪で」

手順は簡単、文春文庫の平松洋子「肉まんを新大阪で」などを買って頂きまして、今年の恵方を向いてあとは黙々と(もしくは不審感ばりばりのぶつぶつ唱えるスタイルで)読んでいただくと。

無事に読み終えた本は来年に向けてしっかり紙魚の被害にあわないようにしていただく…が最適かなぁと思ったりします(先祖代々読み継がれる本的な)。

でもこれ難点が東海林さだおの本がごついやつとかだと時間かかるし、カンニバリズム小説とかだと全く恵方感がなくなるというか…どっちかというと鬼側に近くなってしまったりといった解決すべき問題点もまだまだ残っております。

唯一のメリットは問題になっているような恵方巻の廃棄などが起こらないという事でしょうかね(返品という今、出版業界が直面している問題はありますが)。

あとはみんながひとつのお題で読書することで、普段は埋もれてしまっている最高に美味しそうな文章など本でしか味わえないものに出会えるかもしれませんよ。ずっと頭にはあったのですが完全に機を逃しつつあるので文章にしてみました。

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

2月といえば菜の花忌

日曜日。怒涛のような2週間、を言い訳に、久々の更新となってしまいました・・・。 とはいえ、何かと仕事があることは実に有り難いと思う栗林です。 さて、2月。わが東大阪市、とくに当店周辺は、菜の花でいっぱ …

no image

とりあえず点滴、

4月。 自分の人生、18歳からでしょうか、2月・3月・4月はいつもそばに教科書が。 2月に準備、3月には販売、まだ数年前ですが4月は大学のテキスト販売で出ずっぱりで、 気が付けば5月という、20数年で …

キュンタ、はっけん、よまにゃ、ぶっくりん

もう、サッカーで頭がいっぱい、色々話題をまた振りまいてくれます、日本。 次はベルギー戦、夜中3時、でも観る! すいません、今日はこんなタイトルで。 ちなみにこれ、前の3つは「出版社の夏の文庫フェアのキ …

no image

書店員の仕事「雑誌と付録って別々なんですね!?」

栗林です。ちょっとご無沙汰してすいませんです。 先日は、長年お世話になっている、教科書関係の取引の会社様の創立50周年のお祝い に。なぜか今年は、90周年とか70周年とかキリのいい数字の会社様、大学様 …

no image

休憩あと33分、書き出します(釜ヶ崎という名の大阪を巡る本、そして春陽堂と言えばな本の発売を祝して)。

一週間て早いですね。金曜日です、ブログ担当は(村)。写真撮り忘れているので時間あれば追加します(結局追加せず!!!怠け者!!!)。 みなさんは今月(2018年2月)のちくま文庫の黒岩重吾「飛田ホテル」 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。