未分類

節分

投稿日:

金曜日過ぎて土曜日になりました。

もうすぐ節分ですねー。基本的にハロウィンとかバレンタインデーとかクリスマスとかは本屋でも色んな展開方法あると思うんですが、節分とかってどうなんだろう?って考えてたんです。

で、考えました。

恵方を見ながら食べ物に関する読み物を誰とも話さずに読むと(もしくは黙読以上音読未満とかの方がそれっぽい気も)一年食べ物に困らない…的なのどうでしょう?(カバーとか中のチラシ、栞、帯などよくよく本を上から見ると巻き寿司っぽいし。新潮文庫のあのヒモはもちろんかんぴょう。)

平松洋子「肉まんを新大阪で」

手順は簡単、文春文庫の平松洋子「肉まんを新大阪で」などを買って頂きまして、今年の恵方を向いてあとは黙々と(もしくは不審感ばりばりのぶつぶつ唱えるスタイルで)読んでいただくと。

無事に読み終えた本は来年に向けてしっかり紙魚の被害にあわないようにしていただく…が最適かなぁと思ったりします(先祖代々読み継がれる本的な)。

でもこれ難点が東海林さだおの本がごついやつとかだと時間かかるし、カンニバリズム小説とかだと全く恵方感がなくなるというか…どっちかというと鬼側に近くなってしまったりといった解決すべき問題点もまだまだ残っております。

唯一のメリットは問題になっているような恵方巻の廃棄などが起こらないという事でしょうかね(返品という今、出版業界が直面している問題はありますが)。

あとはみんながひとつのお題で読書することで、普段は埋もれてしまっている最高に美味しそうな文章など本でしか味わえないものに出会えるかもしれませんよ。ずっと頭にはあったのですが完全に機を逃しつつあるので文章にしてみました。

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

お客様の激動の一年×本屋

昨年の『鬼滅の刃』の大ブレイクで、業界に神風がふいております。 皆さま、なにとぞ「鬼は外」、栗林書房から、まだたっぷりございます『鬼滅の刃』 鬼滅の刃、がっつり置いてます お買い上げの上、当店から鬼を …

キャッシュレス

ここ最近、多くのメディアで取り上げられる 「キャッシュレス」 皆さんも一度は耳にしているのではないでしょうか? これは、当店に限らず、小売り店舗のレジまわりって、結構大変なことになってないで しょうか …

no image

春に読む本

こんばんは、久しぶりにブログに復活しました、 約束を破る、悪い奴の方の栗林(B)です。 まだまだ忙しい栗林書房ですが、 私の持ち分の仕事は先が見えてきて、少しほっとしております。 もちろん、教科書の販 …

no image

皆様、とうとう七夕&大手出版社の夏のフェアの季節が来ましたよ!

金曜日です。 早速ですが、5月31日のブログに書きましたあの「皆様に大手出版社の夏のフェアのPOPを書いていただこう」的な企画が近々実施することと相成りまして、只今準備しております。 そのブログ読んで …

「調べる」だけが能じゃない。辞書を「楽しむ」

金曜日。「広辞苑」が10年ぶりに発売。やっぱり、これしかないかな、ということで。 今なら、「広辞苑をつくるひと」付録ついてます。 「今、まだ広辞苑、売れるんですね。今日は広辞苑ばっかし」 そんな会話を …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。