スタッフ雑記

近くに居るかもしれない不思議ちゃん。

投稿日:

金曜日です。

皆様は不思議ちゃんってどんな印象がありますでしょうか?

エキセントリックな女性って結構どんな時代でもいるものですが、かつては服装含めてぶっ飛んでる方も多くいたのですが最近はぱっと見普通なのに内実かなり激しめみたいなのが流行りというか人気を集めてるのかなぁってのを感じます。

昔だと「好き好き大好き」という曲で”愛してるって言わなきゃ殺す”と歌った戸川純であったり、

戸川純エッセイ集「ピーポー&メー」

もう存在自体が伝説と思う人も多い山田花子などなど他にも皆様それぞれ頭に思い浮かぶ方いると思います(どちらも在庫あり。是非とも読んでみてー)。

汗ばむわーではないほうの山田花子の鉄人文庫「自殺直前日記 改」

 

ただ個人的にどうしても未だに忘れられないエキセントリックな女性がいまして、それは僕の小学生時代にいた一つか二つ上の方なんですが、

その方、あるときからちょっとの期間突然ホーミーみたいな声で喋るようになったんです。で、「止めな、そんな声なるよ!」って言われても、ずっと「前からこんな声」って言い張ってました。

そして何があったのか分からないんですが手か足で窓ガラスをぶち破って血だらけになるという事もされました。もちろん血だらけで騒然となってて先生?方が医務室に連れていこうとするとホーミー声で「大丈夫だから行かん」と言って断固拒否するという事がありました。

血だらけになってもホーミー声を貫く強さは本当に凄いなぁと思うと同時に、今でも何でホーミー声?っていうのが心に残っています。

この女性がその後どうなったかは分かりません。

でもあの時、居たのは事実で、もしかしたらさっき街ですれ違ってるかも知れないって思うと何か人生てあれだなぁって思えて仕方ありません。

何でそんなこと思うかと言うと、栗林書房で働き始めて僕の小学生のときに居た人を結構見るからなんですけどね。

なきにしもあらずなんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

読書の風景

栗林です。 毎日、人気作家の小説や話題の本を追いかけ、ネットやテレビの紹介の情報を見て… それがもちろん仕事ではあるのですが、たまに食傷気味な時もございます。 そんな時に、思いもよらずこういうのを発見 …

本から見た世界~今、彼らの声を聴く~

ブログですー。 皆様は本が見た景色ってどんなのか興味がありますか? 例えば、先日棚替えをしてひとつ横にずれた政治経済社会棚に面陳してある、こちらの本。 堀之内出版 キア・ミルバーン/著 斎藤幸平/監訳 …

no image

FAXを見て処理しながらブログ書いたら閉店時刻過ぎました。

金曜日です。金曜日のブログ担当はむらおです。 さて、店頭の対応や棚整理など以外でも現在スリップが廃止になってきているので売れた本の中でスリップがないことでチェック漏れしてないかチェックしたり、版元から …

残り物を合わせて調理するのに似ている、気がする

GW、本日はお休みいただきました、栗林です。 教科書販売も終わり、なんやかんや残務処理も大方終わり、久々のフルでお休みです。 今は店頭業務の大半はお任せしているような状態で、ついここ数日間、ちょっと …

「司馬さん」を偲んで。

先日のブログにあった、教科書販売の一回目の倉庫内の準備を、みんなが手早くやってくれたおかげで、本日はお休みをいただいたクリバヤシです。 本日は、国民的作家、司馬遼太郎さんの命日です。 記念館の外観です …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。