未分類

0.0002%(5000分の1)

投稿日:

当店含め、書店組合なるものに加盟している書店は、読書週間に合わせて、(今年は10/27~11/9)

書店くじ

を、数に限りはございますが、原則500円以上お買い上げの方に配布してます。

「どうせハズレやろ((笑)」とか、「あたっても100円やろ(笑)」

って感じでお客様との会話にも一役買っている書店くじ。

でも、くじってそんなもん、と思ってもらっているのでいいのですが

そんな中、出ましたよ、ついに!!しかもまさかの一等!!

その画像がこちら

↓  ↓  ↓

若干、うさんくさい広告みたいですが、ホンマです!

一等は図書カード10,000円

なんかここだけ見ると、ちょっとショボく思われそうですが、

それが260本あるわけなんで厳しい書店業界としてもできることは

させていただいております。

しかしながら、「一等が全体の何%にあたるんだろ?」

と思い、あらためて調べてみました。

なんと全体で

 

1,300,000枚

 

発行されており、1等は260本。

 

つまり、0.0002%

 

お客様が持ってこられたくじが、他店の場合もございますが、
今回は配布店舗も当店でした。

お客様も、もちろん喜んでおられたのですが、それ以上に私が
興奮しましたね。

なんせ、20年以上で初めてですよ!当店に長年お勤め頂いている方にとっても初めてと言われていたので、これが実に凄いことなのか
わかっていただけましたでしょうか?

おそらく書店員の中でも、レアな部類に入ること
間違いないでしょう。

お客様の中に、

「私、1等と番号、ホンマちょっと違いやってん!たぶんここから出てるんちゃう??」

という方がいらっしゃったらしく、まさにその通りとなりました。

その当選した方が持っていた書店くじは、その1枚のみ!

そんなもん、ですよね。欲をもたず、貰っていたその一枚、何となく調べたら1等、もう絵にかいたような当選の仕方です。

で、さらにこの方、おそらく普段から色々、書籍を読まれる方なのだろうな、というセレクトで、その1万円からお買い上げいただけたこと。こんな好循環が理想です。

宝くじ売り場みたいに、1等当せん者でました!!!

的横断幕を作ってみましょうか。

もう年の瀬、最後の最後にこんな本の紹介を。

先日お亡くなりになった樹木希林さんのエッセイ

『一切なりゆき』(文春新書)

もうTVでも散々宣伝していただき、どこの書店も大爆発、

当店も発売から3日ほどで完売、重版中で年内は無理かな、と思ってましたら入荷!間に合いました、ほんと助かりました!!

これがあるのとないのとは大違い!

ありがとうございます

こんな感じで、ええこと続いて、来年もええスタート切れるようにしたいですね。

では、来年も何卒宜しくお願い致します。

 

 

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「調べる」だけが能じゃない。辞書を「楽しむ」

金曜日。「広辞苑」が10年ぶりに発売。やっぱり、これしかないかな、ということで。 今なら、「広辞苑をつくるひと」付録ついてます。 「今、まだ広辞苑、売れるんですね。今日は広辞苑ばっかし」 そんな会話を …

薄いのん、どれですか?

お盆も終わり、夏休みも後わずかでしょうか。学校さんによっては、もう夏期講習 的に始まったりとか、あるんですよね。宿題の中で、ラスボス的存在、 学生さんにはホント毛嫌いされているのが「読書感想文」。 そ …

キャッシュレス

ここ最近、多くのメディアで取り上げられる 「キャッシュレス」 皆さんも一度は耳にしているのではないでしょうか? これは、当店に限らず、小売り店舗のレジまわりって、結構大変なことになってないで しょうか …

no image

本嫌いが読書に目覚めてよかったこと 1

今回は、小さいお子さんのいらっしゃるご家庭の方にぜひ、読んでほしいと思います。 「本に囲まれていいよね」 なんて声を掛けられるのが、私の学生時代の苦痛でした。先週、書いた中のマイナスな方。「勉強のため …

no image

書店員の仕事「雑誌と付録って別々なんですね!?」

栗林です。ちょっとご無沙汰してすいませんです。 先日は、長年お世話になっている、教科書関係の取引の会社様の創立50周年のお祝い に。なぜか今年は、90周年とか70周年とかキリのいい数字の会社様、大学様 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。