スタッフ雑記

tuperatupera先生サイン会&講演会

投稿日:

日曜日。

昨日は大阪樟蔭女子大学にて、絵本作家 tuperatupera 先生の
講演会とサイン会、それにともない当店は出張販売をさせていただきました。

サイン会、講演会における本の販売って、新刊が出されるのにちなんでのものであったり、講演のテーマに沿ったものであったり、だいたい1点、ないし2点の重点販売ですが、今回は18点。

これははじめてで、「値段がわかるように、プライスカードってどうですか?」との依頼
もあり、じゃあ、POP付きでやろかと。

講演後の販売でどんな感じになるのかも想像が
つかず、実験的にPOPを作成してみました。

 

まあ、残った分は、店でそのまま 

 tuperatupera祭 でいこか

ということで

作り込んだPOPはできないのですが、(もう、それはプロの域に近いよね、なんてのを大手の書店様などで見かける、でも絶対それは時間かかってるよね)の対局にあたる

「短時間でちゃちゃっと書いて」

の要望にお応えするPOP

テストなら、30分で80点は取れないけど、3分で60点(及第点)取って、と言う感じでしょうか。

なら私もできる、ということでやってみました、15枚。

絵本のPOPは個人的には書きやすい

いろいろバス、だけなんか雑・・・と思われたらすいません、最初ちょっと「カンタンに」とやったら、なんかこんなことに。

これが、ちゃちゃっとやった時の弊害でしょうか・・・。

その時の思いつき、インスピレーションってやつですかね、それに大きく影響されます。

いろいろバス、すいません

「キレイに書けても、伝わらないと意味がない」と言われるのが
POP。でも、書くからにはやはり、これを見て、手に取る気になっていただければ、もしくは会話のネタにでもなれば、という気持ちで
描いております。

自分が店に行ったとき、やっぱ読むよな、と思うし、すごいのがあったらやっぱり足がとまりますもんね。そのPOP目当てに来店する人がいるかもしれないし。

青森の書店さんでしたでしょうか、POPも一緒に売る、というのがありました。あの域になりたいのですが、それには修行が足りないですね。

どれが売れるのかわからない状況の中、

18点のうちで、真っ先に完売したのが2018日本絵本大賞作品

『わくせいキャベジ動物図鑑』(アリス館)

※完売で写真が撮れず・・・。店用に発注しました。後日、アップします・・・

 

 

最後に当店用に一枚、サインを書いていただく時間がありましたので、選んだのは
『しろくまのパンツ』(ブロンズ新社)

実は、パンツが限定バージョン

パンツをぬがさないと、ページが開けません。

本職のサイン、かわいいのを書いていただきました

最後の最後にサインを書いていただきました!

販売は地元の書店で、をおっしゃって下さったtuperatupera先生(素晴らしい笑顔)、
当店にご連絡いただいた大阪樟蔭女子大学の関係者の皆様、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大阪にもいろいろあって

思い返せば二十年前、小阪、八戸ノ里、布施の本屋をハシゴしていました。自転車を得て拡大された生活圏内に本屋が本当にいくつもあって、それが学生時代は普通だと思ってました。 この本屋にはこれがある、あの本屋 …

恐い間取りの家で稲川淳二や泉鏡花の怪談びたりしてたらゾゾゾとした的な。

金曜日です。 お久しぶりです。もういろいろと話題がうつろいゆく感じですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 夏といえばチューブと怪談ですが、今年は結構怖い話関連の本がにぎやかでございます。 こちらは文芸 …

私事ではございますが・・・銅賞GET!ありがとうございます

ここ最近、どうもいいニュースが業界自体になく、本が売れた、と思ったら お亡くなりになられたことが契機だったりと・・・ 樹木希林さんであったり、八千草薫さんであったり・・・。 でも、我々はお買い上げいた …

前回は前田愛のすれ違いを書いたのですが…

金曜日ですよっ。 本や本屋って不思議な事が起こるもので、今日も「これめっちゃへんなタイトルやなぁ」っていう本が確かにあって。でも今となってはタイトルもどんな表紙だったのかもうろ覚え…棚を探しても全く見 …

久々に楽しんで本を読みました

本を買ったものの、読み進めたが 面白くなかった=失敗=なんで時間をムダにしたんだろう と思うタイプの方が確実に増えているんだろうな、と思う。 売れている本のランキングを参考に、1位なら読む、受賞作なら …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。