スタッフ雑記

「本屋はなんや祭」お前もこいよ!!

投稿日:

栗林です。

昨日は、心斎橋のスタンダードブックストア
http://www.standardbookstore.comにて

参加証明の特別なしおり。
イラストも秀逸。

 

「本屋はなんや祭」

 

なるイベントに仕事を終えた後、行ってきました。

リンクを見てもらったらわかるのですが、御存知の方も多い代表、中川和彦氏の大阪を代表する書店です。

晩、6時40分にトークショーがスタートでしたが、到着したのが7時。
カフェスペースがほぼ満席の中、対談を聞きつつ、まず自分が目を引いたのが、福岡の
町の書店 ブックスキューブリックhttp://bookskubrick.jp/keyaki の代表、大井実氏の姿が!

私も一書店員として、ある意味憧れの一人、とも言える方のお話が聞けることが、本当に嬉しかった。書店員は得てして、書店好きでもあり、旅に出れば必ずご当地の書店に足を踏み入れたくなる私にとってまだWEBと、著書『ローカルブックストアである福岡ブックスキューブリック』でしか見たことのない書店のひとつである。

このイベントにある通り、「本屋はなんや」の模範店ともいえる形なんだと思っている。スタンダードブックストアに比べ、サイズ感がいわゆる「町の本屋」だからかもしれない。多くの町の本屋とは一線を画す「本屋」であるのは間違いない。

全くもって個人的な印象だが、「書店」と言われるよりは
「本屋」と言われる方が、お客様とより近い関係が築きやすい、そんな気がしている。

お題が「本屋の未来」。

自分自身に直結する話でもあるので、食い入るように聞いていて、写真が全然ないのだが、色々メモ書きしたのを見返していると

 雰囲気 小さな経済圏

というのがあり、会話の中で一番印象に残ったのは

「いい店にはいいお客さんがいる」とか
「マナー、モラルに欠ける方がいる」とかの問題があるけど、これって結局、売場作りを担っている我々の問題なんだよね

という意味合いのコメント。

自分で、どこかこの部分が引っかかってるのがよくわかる。

リアル店舗の生命線は、来店客がいることであり、より密着した関係性を築くことであり、お客様に(当店への来店を含めた)買い物の価値を提供できること、というのが自分なりの定義として、書いてみた。

こんなことを思えるきっかけをいただけたことにも感謝したい。

それにしても、この「本屋はなんや祭」、参加者がまずすごい数だったのと、
お話しした中には図書館員の方、イラストレーターの方、工務店、とすでに多種多様。
キングコングの西野氏も駆けつけ、前出の大井さんいわく

「これはもう「中川さんのファン感謝祭」ですね」

という表現が言い得て妙、な感じ。

もう少しいても(気づかなかっただけなのかな)と思ったのが書店の方の数。

最後には、参加していた書店員の紹介もしていただき、私は地元東大阪の町工場が

舞台の『ハゲタカ4.5スパイラル』をもって挨拶。

東大阪が舞台ですよ

東大阪、小阪のハゲタカ

とかもう、言いたい放題の口の悪さは相変わらずだが、突然ええことも言われるので油断できない、「俺、友達おらんねん。」が口癖の中川氏。

間違いなく「場」として成立しているスタンダードブックストア。

いっぱいいるじゃないですか、ここに。

本屋はなんや、に答えはないが、それを追い求めて歩を進めていこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

今年と縄文時代はどちらが暑いか?

こんにちは!棚卸準備中、栗林(B)です。 B型ですが、仕事はキッチリ(`・ω・´)A型です。(たぶん) (あぁ、まぁまぁ、デスク廻りはB型ですね、ハイ。) 棚卸とはいえ、気心知れているスタッフで行うの …

なつきさん

小阪雑記

こんにちは、栗林(B)です。 当店には3台のレジがあり そのうち2台はタブレットレジといわれるモノを使っております。 その名の通り、タブレット(スマホよりはデカく、ノートパソコンよりは小さい)に レジ …

令和

「令和」

こんにちは、栗林(B)です。 今日からいよいよ、令和時代の始まりですね! 令和も平成と変わらぬご愛顧を何卒よろしくお願い致します。 じゃーーーん 「天皇」「年号」に関する本も取り揃えております &nb …

前野ひろみち「満月と近鉄」入荷しております。

月曜日になってしもうたーブログ更新ですー。 さて、我が栗林書房は近鉄河内小阪駅前にございましてそれ故に近鉄線であったり、東大阪、大阪、関西に関する本が出た場合には厚めに仕入れてお客様に魅力をアピールす …

栗林恐怖劇場 ~突然現れた〇〇~

金曜日に書こうと思ってたのですが、諸事情により日曜日になってしまいました。 書店で売られている本にはスリップというものが入っていて、それで在庫を管理したり書籍のデータ確認したりしております。 スリップ …

ぶっくりん 栗林書房のマスコット

ぶっくりん 栗林書房のマスコット
栗林書房ブログ スタッフみんなで更新中

店舗ご案内

店舗ご案内

ご注文・定期購読

ご注文・定期購読

教育関係・企業様へ

教育関係・企業様へ

よくある質問

よくある質問

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。