スタッフ雑記

本をじっくり読む

投稿日:2018年8月15日 更新日:

お盆も最終日。明日からお仕事、みなさん復帰できそうですか?
今日は休みをいただいてます栗林です。

何というか、外を見てもお休みモード、時間が不思議とゆっくり進んでいる錯覚に陥ります。

時間だけは、人間誰しも平等に与えられたものだからこそ、有効に使いたいものです。

私は、久々に集中して、時間に縛られることなく「本」を読んでます。

結構色んな人、紹介してますよね。

 

書いていてなんですが、自分も今、

すごいぜいたくな時間だな

とか思っていたりもします。

「本は高い」

なんて言われたりもするのですが、この本は税込み1,944円。

でもこれで、好きな時間にこの本を読んで、自分にはなかった知識が得られるのなら
安い気がするんですよね。

小説にしても、TVでは得られない展開、人間の創造力を駆使した素晴らしいものだと思います。読者が理解できるように、作家さんと編集さんは必死に考えられてますもんね。

ニュースの速報や、情報は、ただ知るだけの手段、知識の蓄積にはいいかもしれませんが、創造力を高めるには「本」を読むのが一番いいのではないかと思ってます。

簡単に得た知識は忘れやすいし、役に立たなくなるのも早いが、時間をかけて自分なりに苦労して得たものは長く役に立つ、とよく言われます。

実際に本を読み切ってみないとわからないのが、今の一番の問題だと思います。

食べ物や飲み物のように、食べてすぐ「おいしい」「まずい」と言えないし、美味しかったから同じものを「また食べたい」とはならない。

本能的に感じる味覚や視覚、触覚とは対極の、理性でもって頭で考えるものだから。

そのかわり、読んでる間って、まあまあ脳を働かせてると思うんです。

こんなこと思うのも、先日ある学校さんで、当店の紹介および、出版業界、書店業界の説明をしてたからなんですよね。

当店のモットーは

知性と教養に奉仕する

読書でより豊かな人生の創造を

でして、即効性がないだけで、読書が人生において役立つことって結構ある

と思うんですよ。

そんな体験を、多くの人にしてもらえるような店にしないとな、と、この本を読んでいる最中に考えてる次第です。

さ、まだ途中なんで続き読みますー、では、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

個人的には地面に小銭落ちてれば教えてくれる靴がお気に入りです。

月曜日です! 今回ご紹介するのはこちらの本です!どどん! 技術評論社 藤原麻里菜・著、登尾徳誠・監修「無駄なマシーンを発明しよう!」です。 スパゲッティ自動巻き巻きスプーン! インスタ映え台無しマシー …

今年と縄文時代はどちらが暑いか?

こんにちは!棚卸準備中、栗林(B)です。 B型ですが、仕事はキッチリ(`・ω・´)A型です。(たぶん) (あぁ、まぁまぁ、デスク廻りはB型ですね、ハイ。) 棚卸とはいえ、気心知れているスタッフで行うの …

夏の心霊本のおススメです。

日曜日です。何か月か振りのブログ書きです。 夏ですね、夏と言えば怪談とか心霊、怪奇な本ですが、今年も暑さの到来と共に入荷しました。 深津さくら「怪談まみれ」、松原タニシ「死る旅」共に二見書房からの刊行 …

クリスマスなんだし

今、11月末。いよいよ年末がやってまいります。 私の誕生日は12/22、12/22です。いや、それはさておき 天皇誕生日、クリスマス、お正月、と街も騒がしく、どことなく気分も高揚する季節だと 思います …

「キングダム」からの宮城谷先生

ずいぶんと暑くなってまいりました、とはいってもまだ5月下旬。 部屋の気温も、8時半にして27.6°。ブログを書きます栗林です。 たぶんですね、ここ最近「今、絶対店頭に在庫がほしい商品」 というのがあっ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。