スタッフ雑記

目の見えない人が見る富士山はどんなの?

投稿日:

金曜日です。

先日はある版元の説明会に行ってまいりました。メディアにこの本が登場しますので在庫確認を!ですとか、こういうの出しますんでご注目ください!みたいな感じで色々と説明を受けてまいりました。この時期恒例のあのキャラクターの何号か連続付録の~とか色々お伝えしたいことがありますがそれらは時期が来ましたら是非。

さて、みなさんは目の見えない人が見る世界って興味ありますか?

これ僕は前々から興味があって、多くの人はずっと見えている世界の積み重ねがあるので何かを認識する際にそれを元に考えちゃう訳です。

でも、もしそういう積み重ねが無い世界に生きてきた人たちが見ている世界ってどんなんだ?っていう。

そんな疑問に答えてくれる本が実はありまして、

それが光文社新書 伊藤亜紗「目の見えない人は世界をどう見ているのか」です。

ちょっと読んで見てめっちゃ興味深いのでみなさんにも読んで頂きたいなぁって思っております。

例えば目が不自由な人が思ってる富士山とか「え、そんな風に認識してんの?あ、でもそうか!」ってなりますので。本当にうわ!そうかってびっくりしました(笑)

この富士山の見え方の違いは一度体感したらルビンの壺みたいに見え方が変わってくると思いますので是非読んで体感してみてください。

自由研究にも使えると思えるテーマなのでお子様がいらっしゃる方は読ませてみるのも面白いかも。ちなみにヨシタケシンスケさんの「みえるとか みえないとか」(アリス館)はこの「目の見えない人は世界をどう見ているのか」から生まれたそうなのでそちらも是非。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

芹明香

今回はワイズ出版から発売、鈴村たけし/鵜飼邦彦 編「女優 芹明香伝説」のご案内です。 以前、黒岩重吾「飛田ホテル」をご紹介した時に釜ヶ崎の本もいくつか紹介しました。 でも僕の中で釜ヶ崎と言えば映画で大 …

クリスマスなんだし

今、11月末。いよいよ年末がやってまいります。 私の誕生日は12/22、12/22です。いや、それはさておき 天皇誕生日、クリスマス、お正月、と街も騒がしく、どことなく気分も高揚する季節だと 思います …

平成がもうすぐ終わります

金曜日です。 もうすぐ平成が終わりますが皆様如何お過ごしでしょうか? 綾小路きみまろの「あれから30年!!」と同じ年月が経ってしまった訳です。 きみまろのネタ的には年月を経てめっちゃ変わった的な感じで …

楽しんで、手書きPOPを

アナログな栗林、ブログ第二回です。 アナログ人間ではあるがゆえに、今回は「手書き」についてです。 どんな人間にも少しはできることがございまして、主に、いわゆる「手書きPOP」というやつで、私、これだけ …

ご連絡お待ちしております!

金曜日です。これまだブログでは出てないと思うんですが、昔本店があったとこの一階が今、ラーメン屋になっておりまして、その二階のテナントを募集しております。画像縦に撮っちゃって少し見にくくてすみません、、 …

ぶっくりん 栗林書房のマスコット

ぶっくりん 栗林書房のマスコット
栗林書房ブログ スタッフみんなで更新中

店舗ご案内

店舗ご案内

ご注文・定期購読

ご注文・定期購読

教育関係・企業様へ

教育関係・企業様へ

よくある質問

よくある質問

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。