スタッフ雑記

目の見えない人が見る富士山はどんなの?

投稿日:

金曜日です。

先日はある版元の説明会に行ってまいりました。メディアにこの本が登場しますので在庫確認を!ですとか、こういうの出しますんでご注目ください!みたいな感じで色々と説明を受けてまいりました。この時期恒例のあのキャラクターの何号か連続付録の~とか色々お伝えしたいことがありますがそれらは時期が来ましたら是非。

さて、みなさんは目の見えない人が見る世界って興味ありますか?

これ僕は前々から興味があって、多くの人はずっと見えている世界の積み重ねがあるので何かを認識する際にそれを元に考えちゃう訳です。

でも、もしそういう積み重ねが無い世界に生きてきた人たちが見ている世界ってどんなんだ?っていう。

そんな疑問に答えてくれる本が実はありまして、

それが光文社新書 伊藤亜紗「目の見えない人は世界をどう見ているのか」です。

ちょっと読んで見てめっちゃ興味深いのでみなさんにも読んで頂きたいなぁって思っております。

例えば目が不自由な人が思ってる富士山とか「え、そんな風に認識してんの?あ、でもそうか!」ってなりますので。本当にうわ!そうかってびっくりしました(笑)

この富士山の見え方の違いは一度体感したらルビンの壺みたいに見え方が変わってくると思いますので是非読んで体感してみてください。

自由研究にも使えると思えるテーマなのでお子様がいらっしゃる方は読ませてみるのも面白いかも。ちなみにヨシタケシンスケさんの「みえるとか みえないとか」(アリス館)はこの「目の見えない人は世界をどう見ているのか」から生まれたそうなのでそちらも是非。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

体感すること

お盆も過ぎ、不思議と気温が下がり、湿気と熱が取り除かれた心地よい風がベランダから入る気持ちのいい朝・・・ のはずが、 足がつり、うめき声をあげて 起き上がった栗林です。 高校野球の球児が熱戦の途中で足 …

芦沢央さんのサイン本入荷してます。

前回最後に話していた本なんですが現在、栗林書房には芦沢央さんのサイン本が入荷しております。新潮社「火のないところに煙は」です。新聞で広告もされたりテレビ番組などでも紹介されたりしている一冊です。怪談、 …

久々に楽しんで本を読みました

本を買ったものの、読み進めたが 面白くなかった=失敗=なんで時間をムダにしたんだろう と思うタイプの方が確実に増えているんだろうな、と思う。 売れている本のランキングを参考に、1位なら読む、受賞作なら …

レジ袋が有料化、そして直木賞、芥川賞&大阪ほんま本大賞、発表です

6月末にて、キャッシュレス還元事業が終わりを告げ、 「ああ、手数料、もとに戻るなー」という経営者的に頭のイタイところで、 今度7月1日からは、 レジ袋の原則有料化 がスタートしました。これで我々が儲か …

前回は前田愛のすれ違いを書いたのですが…

金曜日ですよっ。 本や本屋って不思議な事が起こるもので、今日も「これめっちゃへんなタイトルやなぁ」っていう本が確かにあって。でも今となってはタイトルもどんな表紙だったのかもうろ覚え…棚を探しても全く見 …

ぶっくりん 栗林書房のマスコット

ぶっくりん 栗林書房のマスコット
栗林書房ブログ スタッフみんなで更新中

店舗ご案内

店舗ご案内

ご注文・定期購読

ご注文・定期購読

教育関係・企業様へ

教育関係・企業様へ

よくある質問

よくある質問

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。