スタッフ雑記

大阪にもいろいろあって

投稿日:2018年7月13日 更新日:

思い返せば二十年前、小阪、八戸ノ里、布施の本屋をハシゴしていました。自転車を得て拡大された生活圏内に本屋が本当にいくつもあって、それが学生時代は普通だと思ってました。

この本屋にはこれがある、あの本屋はこれが充実しているみたいなのを考えて店を回ってたなぁと懐かしく思います。

そんな感じで時は移ろうものなんですが、みなさまに1つ聞きたいことがありまして、、、だいぶ前にテレビで大阪人の特色の一つにたこ焼きでご飯を食べるっていうのがありまして、その番組の中の大阪人は「たこ焼きはごはんのおかずやで!常識やん!」と言っておりました。でも僕からすればたこ焼きっておやつなんですよ。いつから変わったんやろかー

まぁそんな風に大阪であっても色んな文化の違いみたいなんあって、というか大阪弁ですらいくつもあるやん?何か大阪で一個にまとめるんってどうなんやろうみたいなんをずっと思ってたんやけど、そんなんをアカデミックに、しかも大阪弁で紹介した本が出ました。

ミシマ社 江弘毅「K氏の大阪弁ブンガク論」です。

大阪弁ブンガク論

町田康、西加奈子、黒川博行、田辺聖子、谷崎潤一郎などの作品を独自の視点で読み解いてそっから大阪文化とか多方向に広がっていく面白い一冊です。ぱらぱらって読むだけでもそこかしこに大阪弁がというか生きた言葉が躍ってて何かようわからんけど面白いので一度手に取ってみて下さい。

あ、大阪弁ブンガク論にも登場する黒川博行の新刊「泥濘」も在庫有りますので一緒に是非!!(泥濘って聞くとぬかるみの世界とか新野新を思い出しますね)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「いま、オススメの本ってありますか?」と聞かれたら間違いなくこれを全力でオススメしたい。

日曜日の朝、ブログは栗林です。 店頭に立っていると、学生さんからお年寄りの方、様々なお客様がお見えになります。 そんな中、年々、お問い合わせで増えてきたフレーズが 「今、オススメってなんですか?なんで …

12/1(日)初のトークイベント「賀一劇場」でした

前のブログでも投稿しておりました、 12月1日(日)14:00から16:00は 『47都道府県の歴史と地理がわかる事典』(幻冬舎新書)刊行記念 トークイベント、著者の伊藤賀一先生をお招きして、開催! …

no image

春に読む本

こんばんは、久しぶりにブログに復活しました、 約束を破る、悪い奴の方の栗林(B)です。 まだまだ忙しい栗林書房ですが、 私の持ち分の仕事は先が見えてきて、少しほっとしております。 もちろん、教科書の販 …

最近の気になる新刊

どうも、暑くなってきましたが、まだまだこれから。 だって、 梅雨、入ってませんよね?? もうすぐ7月だというのに。 よく言われているのが、「異常気象」という名の「地球温暖化」、日本も 亜熱帯の気候にな …

no image

無関心が一番の敵かもしれない。

金曜日ですね、ブログ担当は(むら)です。 坪内祐三が、以前、欲しいと思った本はその時に買わないとという時代になった、、、みたいなことを書いていましたが、これの本当の怖さっていうのがあって、それは今後、 …

ぶっくりん 栗林書房のマスコット

ぶっくりん 栗林書房のマスコット
栗林書房ブログ スタッフみんなで更新中

店舗ご案内

店舗ご案内

ご注文・定期購読

ご注文・定期購読

教育関係・企業様へ

教育関係・企業様へ

よくある質問

よくある質問

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。