スタッフ雑記

村上春樹とかシャンシャンとかフェアのお知らせとか

投稿日:2018年6月8日 更新日:

金曜日です。まず村上春樹の短編が三つ収録された文學界が発売しております。本になるまで待てないという方は是非ともお手に。

文学界7月号

そしてお次は上野で大人気のシャンシャン。

シャンシャンは出版界にも多方面で大活躍しております。女性誌の付録でポ―チが付いた時もまさかのシャンシャンの顔を開けると中が親子のツーショットという面白⋯いや、いい感じのやつでした。

シャンシャンお楽しみBOX

そんなブームに沸く中での登場はこちら。

クリアファイルにどんな用途にも最適との表記がある無地のノート、ノートからシャンシャンがひょっこりするシャンシャンひょっこり付箋、そして個人的に一押しのポストカード。

これ実物見ると、なかなかの味わい深い感じが出ててシャンシャングッズの中ではおすすめと言えるかも知れません。(ん?何か字がでっかくなってる気がする。)

恋しい愛しい本フェア開催中です!!!

現在、南側では恋しい愛しい本フェアを開催中!

色んな恋しい気持ちが溢れていたり、読むと愛しい気持ちになるキャラクターが登場するような作品を集めて展開しております。

個人的には文春文庫 ほしよりこ「逢沢りく」の涙が自由に流せるけれどそうなる感情が分からない主人公、逢沢りくが関西で暮らすようになってからが最高なのでおすすめ!他にも今の季節に何らかの意味でぴったりきそうなものを見繕って販売しておりますのでぜひともよろしくお願いします。

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

伝わらないと、意味がない

ここ最近、2回か3回ほど、みんな別々の方ですが、笑顔で「こんにちは」とおっしゃってくださる方がいるにもかかわらず、私は「こんにちは」と言いながらも、 「えっと・・・やばい、ほんま誰かわからんぞ」 とい …

寺山修司、宿野かほる、祟山祟。

  恐怖の口が目女 みなさんはおおかみ書房というのをご存知でしょうか? 「プロの作家が商業誌に掲載したけれど単行本化されなかった作品を自腹で書籍化する活動をしている」ところなのですが、そのお …

昨日がなければ明日もない

こんにちは、 ゴミ袋もなければ洗剤もない、 悲しい栗林(B)です (なんのことやら)   先週の商談会「BOOK EXPO」、 参加した面々は楽しそうに帰還してきました。 収穫があったようで …

回収となっている本がありますのでご報告。

金曜日です。 先日、イーストプレスから発売になった外山恒一さんの「全共闘以後」という本が文章に誤りがあって訂正するために回収となったのですが、 そうでなくても落丁乱丁などがたまに発見されたりします。た …

まさかの病気、漫画、そして「令和」を目にする

栗林です。 なんとか、当店の教科書販売のスケジュールが先週の木曜をもって終了しました。 個人的には本当に「なんとか乗り切った」という感じです。 この時期は、いつも絶対に風邪をひいてはいけない、と自分に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。