スタッフ雑記

KLFの評伝が発売しますよ。

投稿日:

もうすぐ6月、という事であと半月ほどすると以前ツイッターに書いた、河出書房新社からKLFの評伝が発売されます。金曜日です。

今の段階でまだ表紙出ませんでしたので代わりの画像を表示しております。

KLFといっても知らない方多いと思いますので説明すると、

ビルとジミーが1987年にロンドンでThe JAMsを結成、そこからTimelords、そしてKLFと続きます。

まず話題になったのがThe JAMs時代の「The Queen and I」。

サンプリングやカヴァーなどを許可しないことで知られるアバの「ダンシングクイーン」を無許可で勝手に使って当然の如く怒られ、で、アバを説得しに行くんですが会ってもらえず、、、その道中の帰る途中で車が畑に突っ込み、そのままレコードを燃やし始めます。

燃やしてるとまぁその畑の農家に見つかりますよね、で、その農家から発砲されるというコントみたいな話があって、で、このレコード燃やしてる時の様子を写真に撮っていて次のアルバムのジャケットに使ってるっていう(笑)

あとはKLF時代の話では、彼らが賞を受賞したんですが受賞後のパーティで演奏中にビルが客席に向かって空砲を撃ち、さらにそのアフターパーティが催されたホテルの外に「私はあなたたちのために死にました、どうぞ召し上がれ」と書いた紙を貼り付けた羊の死体を放置し、会場を去ったっていうのが一番有名だと思います。

ロックンロールのレジェンドたちのどんちゃん騒ぎとかって武勇伝的に語られることは多いですが彼らのように活動そのものがパフォーマンスに見える感じで、かといってそれが難解でなく、そのうえでとんでもなく皮肉がきいてるっていうのって凄いし稀だし、

実は一度メンバーの一人が自伝出したんですがそんなに評判も芳しくなく、ほんとこのままだとウィキとかでしか残らない感じになりそうでそんなのもったいないよーって思ってるところに今回の評伝。結構楽しみなのです。

そんな楽しみな一冊、ジョンヒッグス「KLF:ハウスミュージックの伝説はなぜ100万ポンドを燃やしたのか」は6月19日河出書房新社から発売予定です。

ちなみに彼らの音楽はKLF「WHITE ROOM」という作品が安いし手に入りやすいかと思います。2many dj’sがDJのプレイリストに入れてたりフランツフェルディナンドもサンプリングしてるWhat Time is Love?(Live At Trancentral)も収録されてますし、そうそうKLFはチルアウト音楽の元祖といえたりホント調べると面白いのでみなさまぜひ!

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

本日は説明会。

金曜日、本日は某所で出版社の説明会があるのですが、うだる暑さにどうおひさんを浴びずに移動しようか思案中です。今のところ近鉄~JRという暑さの宝石箱やぁぁぁなルートしか思い浮かんでおりません。 さて、そ …

魔術的芸術

それが素敵な子どもかは、さておき。

一週間ぶりのおまっとさんでした(キンキン)、今回のブログは、村尾です。 ある本を紹介しようと思うのですが、その本の内容的な事は多くの批評家などが書いているので(あらゆる芸術を網羅し、魔術的という括りで …

お買いものパンダの本

キャラクター栄枯盛衰

こんにちは、栗林(B)です。 誰もツッコんでくれませんが、(B)はB型のBです。 書店員にはB型の人間が多いように思うのですが、いかがでしょうか? これをご覧になられた書店員の方、ご同僚方の調査報告を …

大阪にもいろいろあって

思い返せば二十年前、小阪、八戸ノ里、布施の本屋をハシゴしていました。自転車を得て拡大された生活圏内に本屋が本当にいくつもあって、それが学生時代は普通だと思ってました。 この本屋にはこれがある、あの本屋 …

no image

料理本は、色あせない。

「おにぎりがないんです」 本日はお休みをいただいた栗林です。 とはいえ、ちょっと書類の整理に会社に出てきて昼ぐらいまで 少し仕事をしておりました。 昼ぐらいで、ちょうど休憩交代、その際に休憩で上がって …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。