スタッフ雑記

読書の風景

投稿日:

栗林です。

毎日、人気作家の小説や話題の本を追いかけ、ネットやテレビの紹介の情報を見て…
それがもちろん仕事ではあるのですが、たまに食傷気味な時もございます。

そんな時に、思いもよらずこういうのを発見して、なんか嬉しくなりました。
「本」のカテゴリーのなかには、写真集ももちろん入ってまして、今日は、思わず
手に取った写真集を紹介したくて。

最近は、電車内でスマホを見る風景が恒常化している日本ですが、

こんなのはどうでしょう?

これが一番インパクトあり。ゾウのかたわらで読書ですよ

テレビでも、『世界の車窓から』とか写真家・岩合光昭の『世界ネコ歩き』など、本当に世界の日常の風景を切り取った番組がありますが、こちらは、世界の方々の、様々なスタイルでの読書の風景を見ることができます。

車のボンネットに寝転んで読むタクシードライバー、ベンチに座って読書している子どもさん、ビーチの傍らで、カクテルを飲みながら、などなど。

写真なのですが、本を娯楽として、ゆったりくつろいで読んでいる雰囲気がたまらなくいい感じなのです。余暇の選択肢のひとつとしての「読書」がそこに見受けられます。

みんな、思い思いに本を楽しく読む。

どこか日本は、読書=勉強みたいなイメージがあるようで、そうじゃなくて、、もっと楽しく読んだらいいと思うんですよね。つまらなかったら途中でやめてもいい、くらいで。

私は、ソファーかハンモックで寝転がりながら、雑音が波の音しかないくらいなところで、

いつ寝てしまってもいい態勢で、ビールかなんか片手に好きなのを読むなんてサイコー

やな、といつも夢見てます。

皆さんは、どんな風に読んでますか?是非教えてください。

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

スワノセ第四世界って何?

金曜日です。 梅雨の季節となりまして、本の表紙が犬の耳みたくなりがちですが皆様はいかがお過ごしでしょうか。さて、皆様はスワノセ第四世界ってご存知ですか? 河出書房新社「全記録 スワノセ第四世界」 僕自 …

no image

カンパニー社「ハリー・スミスは語る」という本が出るのですが…。

金曜日に書こうと思ったんですが幾日が過ぎていき以前書いてから何回目かの月曜日となりました、お久しぶりでございますです。本当にめっちゃ久しぶりになってしまいました。 というのも毎年恒例の繁忙期!今年は繁 …

ポスター

サメの歯は無限に生え変わる

こんにちは、ゴミはきっちり分別したい派の栗林(B)です。   昨日のウチの会話。帰宅した夫の第一声、 「カバン買ってきてん、2,000円やったわー」 (ふーん、よかったね、欲しいって言ってた …

no image

売れたり入荷したりおススメしたりな小ネタ集。

ここ数ヶ月、巷では話題になったり賞を取ったりしているんだけれども栗林書房では貰われていかない子(書籍)がおりまして、その子(書籍)が先日いなくなりどこに?と探していたところお客様が取っておいてーと言わ …

ミツバチはレベル:2

日曜日。 W杯・・・。昨日のドイツのロスタイムの執念のゴール、とか書き出すとキリがないので、今日はやめときます。 私どもの小阪駅高架下の店舗は広さでいうと35坪ほどでしょうか、決して広くない、いや狭い …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。