スタッフ雑記

芹明香

投稿日:

今回はワイズ出版から発売、鈴村たけし/鵜飼邦彦 編「女優 芹明香伝説」のご案内です。

以前、黒岩重吾「飛田ホテル」をご紹介した時に釜ヶ崎の本もいくつか紹介しました。

でも僕の中で釜ヶ崎と言えば映画で大島渚の「太陽の墓場」であったり、「追悼のざわめき」であったり、今回ご紹介する芹明香の主演した「(秘)色情めす市場」の方が印象的だったりするわけです。

どれもまあそんなに「大阪は人情の街やでー」みたいな作品では無い気がするので万人にお薦めできるものではないのですが、そこに描かれている釜ヶ崎はどれもとてもパワフルででもどこか物悲しく、でもお涙頂戴と呼ぶにはあまりにも可笑しいという。

そしてそれはあの「飛田ホテル」の解説にあった(以前にこれは読むべしって書いたとこ!)、黒岩重吾が思い出に浸ってしんみりしてるのに、指さした先には吠えてる野良犬に吠え返しながら野ぐそするおっさんが居たっていう、、、何なんこの色んな感情が混じりすぎてるんっていう。それが僕が大阪がとても好きな理由のひとつでもあります。

で、そんな釜ヶ崎を舞台にした映画に主演した芹明香のファンブックとも言うべき一冊が出ました。

内容に関してはツイッターにも書いたのですが、1996年のインタビューと2016年のトークショーの模様、そして1975年に週刊ファイトに掲載されたファンの集いのレポ、フィルモグラフィーが収録されております。

インタビューでは色んな人の名前が出て来てそれに対しての人物注も結構入っているのでそこを読むだけでも面白いかなーとは思いますし、5月末には池袋新文芸座にて上映会もあるとのことなので行ける方は予習がてらこの本を持って動く芹明香を思う存分満喫して頂けたらと思います。行けない方はどうぞこの本を是非!幾つか作品はDVDにもなってまして、もちろんオススメは(秘)色情めす市場です!!芹明香を知らないみなさんも是非!

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

無関心が一番の敵かもしれない。

金曜日ですね、ブログ担当は(むら)です。 坪内祐三が、以前、欲しいと思った本はその時に買わないとという時代になった、、、みたいなことを書いていましたが、これの本当の怖さっていうのがあって、それは今後、 …

no image

あとは握るだけ。

facebookはディズニーランドよりも時価総額が数倍高いけれども、ディズニーランドよりも全然雇っている人数は少ない、、、。 今の時代は億万長者になるよりも百万長者になる方が難しい、、、(中産階級にな …

12/1(日)初のトークイベント「賀一劇場」でした

前のブログでも投稿しておりました、 12月1日(日)14:00から16:00は 『47都道府県の歴史と地理がわかる事典』(幻冬舎新書)刊行記念 トークイベント、著者の伊藤賀一先生をお招きして、開催! …

貰っても使い道に困る知識

金曜日に書くつもりが日曜日に延び、そこも落して月曜日です。 たまに変なことに気づく人っていますよね。 気付きといっても、例えば「社会の裏情報」とか昔はジャンル的にはサブカルに属していたのですが、今や暮 …

はみがきあそび

ひみこのはがいーぜ

こんにちは、栗林(B)です。 先シーズン、秋服(別名、春服)をだいぶ捨ててしまったため 未だに夏と同じものを着ています。 ちょっと寒いです。(買えよ)   「はみがき」といえば「はーみー」。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。