スタッフ雑記

この時期、必ず来るんですけどね。

投稿日:

あれから10日ほどたち、繁忙期も大詰めです。

先日治療済の銀歯がポロっと取れて、お世話になっている歯医者さんに向かうも、まさかの金土日が臨時休業で、恐る恐る食事をしている栗林です。

春は、卒業、そして入学、人生における様々な起点となる時期ではありますが、当店においては、バイトさんの大学卒業にともなう退社が今年はあります。

高校卒業時、当店の「短期バイト募集」の張り紙をみて、面接にきてくれたO君。

今は亡き会長が、「君、教科書とか重たいの運ぶような力仕事やけど大丈夫?」と、一介の男子に対して失礼な質問をしておりましたが、元気に「任してください!」と自慢のキラキラした目を輝かせて(今も輝いてますが)答え、入社してくれ、そこからはや4年が過ぎました。

遠めの大学なので、長期バイト希望といわれた際にはどうしようか悩んだのですが、元気で明るい彼なら店にとってプラスだろう、ということできてもらい、特に3月の教科書販売時には、新しい短期バイトの子たちの先陣を切って頼もしく重たいものを運ぶ姿は、実に気持ちのいいものでした。

店頭でも、私には到底わからないライトノベルスと一番くじの選定をしてくれておりましたが、そんな彼も、社会へ羽ばたいてゆくわけです。

彼の書いたいちおしPOP①

彼の推し②

繁忙期も少し落ち着く4月なのに、シフトを組んでいると、なんかしんどい。

そのわけは、4年間支えてくれたバイトO君の存在だと思い、なんかいろいろな事が思い出されて、書き残してみました。

繁忙期、無事!?トラブルもなく終了の時期を迎えたら、打ち上げ兼、これから社会へうってでるO君の送別会をしてあげよう、と思っております。

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

文庫X

秘めたる想い、とどけ。

皆さんは文庫Xをご存知ですか?申し遅れました、金曜日です、というわけでブログ担当は(村)です。改めて、みなさん文庫Xはごぞんじですか? 文庫Xこと殺人犯はそこにいる これですね。写真が失敗して横むいち …

村上春樹とかシャンシャンとかフェアのお知らせとか

金曜日です。まず村上春樹の短編が三つ収録された文學界が発売しております。本になるまで待てないという方は是非ともお手に。 文学界7月号 そしてお次は上野で大人気のシャンシャン。 シャンシャンは出版界にも …

楽しんで、手書きPOPを

アナログな栗林、ブログ第二回です。 アナログ人間ではあるがゆえに、今回は「手書き」についてです。 どんな人間にも少しはできることがございまして、主に、いわゆる「手書きPOP」というやつで、私、これだけ …

ことりっぷ知床

小さな旅

こんにちは、栗林(B)です。 最近、東大阪からほとんど出ておりません。 もう、小阪で生活が完結してしまっております。   そんなところに本日の入荷品 日本全国、図書館さんへ納品です 人気ガイ …

「その犬の名を誰も知らない」

金曜日です。 小学館プロダクション 北村泰一・監修 嘉悦洋・著「その犬の名を誰も知らない」って本が出てまして、これがすこぶる興味深くて今回はご紹介します。 タロジロといえば南極物語でお馴染みですが、そ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。