スタッフ雑記

この時期、必ず来るんですけどね。

投稿日:

あれから10日ほどたち、繁忙期も大詰めです。

先日治療済の銀歯がポロっと取れて、お世話になっている歯医者さんに向かうも、まさかの金土日が臨時休業で、恐る恐る食事をしている栗林です。

春は、卒業、そして入学、人生における様々な起点となる時期ではありますが、当店においては、バイトさんの大学卒業にともなう退社が今年はあります。

高校卒業時、当店の「短期バイト募集」の張り紙をみて、面接にきてくれたO君。

今は亡き会長が、「君、教科書とか重たいの運ぶような力仕事やけど大丈夫?」と、一介の男子に対して失礼な質問をしておりましたが、元気に「任してください!」と自慢のキラキラした目を輝かせて(今も輝いてますが)答え、入社してくれ、そこからはや4年が過ぎました。

遠めの大学なので、長期バイト希望といわれた際にはどうしようか悩んだのですが、元気で明るい彼なら店にとってプラスだろう、ということできてもらい、特に3月の教科書販売時には、新しい短期バイトの子たちの先陣を切って頼もしく重たいものを運ぶ姿は、実に気持ちのいいものでした。

店頭でも、私には到底わからないライトノベルスと一番くじの選定をしてくれておりましたが、そんな彼も、社会へ羽ばたいてゆくわけです。

彼の書いたいちおしPOP①

彼の推し②

繁忙期も少し落ち着く4月なのに、シフトを組んでいると、なんかしんどい。

そのわけは、4年間支えてくれたバイトO君の存在だと思い、なんかいろいろな事が思い出されて、書き残してみました。

繁忙期、無事!?トラブルもなく終了の時期を迎えたら、打ち上げ兼、これから社会へうってでるO君の送別会をしてあげよう、と思っております。

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

魔術的芸術

それが素敵な子どもかは、さておき。

一週間ぶりのおまっとさんでした(キンキン)、今回のブログは、村尾です。 ある本を紹介しようと思うのですが、その本の内容的な事は多くの批評家などが書いているので(あらゆる芸術を網羅し、魔術的という括りで …

作家自身が語る声の力

栗林です。当店では、店頭販売以外にもご依頼に応じて、学校様での検定受付 や、イベントでの販売なども行っておりまして、その一環で先日は、 大阪樟蔭女子大学様にて、出張販売。 「しょういん子育て絵本館」の …

no image

はるき悦巳とバッキ―井上、おすすめです!

金曜日です。 一年前、何してたかなーってツイッター見てみると、 2019年の大阪ほんま本大賞特別賞を受賞作は双葉社 はるき悦巳「じゃりン子チエ」!大阪と言えばこれだし、双葉社のアクションといえばこれな …

残り少ない・・・

こんにちは、栗林(B)です。 一週間ほど、トナーが少ないと言われ続けております。 「残り少なく」ってどのくらい? とコピー機に表示されておりまして、 使い始めて1年以上経つので、 「もう少し」って言い …

no image

FAXを見て処理しながらブログ書いたら閉店時刻過ぎました。

金曜日です。金曜日のブログ担当はむらおです。 さて、店頭の対応や棚整理など以外でも現在スリップが廃止になってきているので売れた本の中でスリップがないことでチェック漏れしてないかチェックしたり、版元から …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。