スタッフ雑記

何かの例えで「サンダ対ガイラ」を持ち出す奴は大抵サイキッカー(自分込みで)。

投稿日:2018年2月16日 更新日:

金曜日です、ブログ担当は(村)でございます。

人それぞれにはよく使う言い回しというのがあると思うんです。

あるシチュエーションになった時に繰り出す際に決まった言葉を使うみたいな。

僕にとってそれがサンダ対ガイラでした。

ミッチーvsサッチー騒動の際にも「サンダ対ガイラみたいですよねー」って言ってたし、とりあえず誰かと誰かがバトルする時にはサンダ対ガイラを引き合いに出したりする事が多い訳です(あと好きなのが確か大槻ケンヂが書いてたある映画のラストの「おかーさーん」ドカーンってやつ)。

ですが、これ、話す相手話す相手の頭に???が浮かんでいってる事が多くなってきております。

そんなときはもちろん「あれ?ほらあのめっちゃ規模でかい兄弟げんかみたいな映画でー、最終的にくんずほぐれつになってー」ってヒント的な何かを出していくんですが、もはや火の車って感じで???はどんどん増え、それだけならまだしも、サンダ対ガイラどころかそれを言う僕自身の見識まで疑われ始める始末。。。

そんな僕にとってのマストフレーズ、「サンダ対ガイラ」と「フランケンシュタイン対地底怪獣」の写真がいっぱい載っているのが洋泉社「東宝版 フランケンシュタインの怪獣 完全資料集成」です。

フランケンシュタインの怪獣

フランケンシュタインの怪獣 完全資料集成

マニアの方にとっては「見たことある写真ばかりであり、かつ写真ばかりで研究論文みたいなものが載ってない」というご批判もあるとのことですが、それはこの本がもちろん高価だし完全資料集成と謳っているのだから、、、っていう期待の裏返しなのかなと思ったりします。僕自身はその前のやつを見れていないのでこの本をへぇーと面白く読んでしまいました。というのも映画館の入り口とかにあるスチール写真がめっちゃ好きで、ほんと飽きずに眺めてて、その感覚で楽しんでしまっただけなのですが。

そうそう映画と言えば、小阪に映画館があったって言うのも今は昔って感じになってきた気がします。映画館前の通りを大発ビルの方向に向かって進んでいった先の以前函館市場があった信号のとこに、僕が小学生時代には小阪国際のちょっとエッチな映画の広告が貼られていて、男子は興奮しながら見ていたという思い出が。あと上映してた映画もなかなかのセンスで好きだったんですけどね。

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

魔術的芸術

それが素敵な子どもかは、さておき。

一週間ぶりのおまっとさんでした(キンキン)、今回のブログは、村尾です。 ある本を紹介しようと思うのですが、その本の内容的な事は多くの批評家などが書いているので(あらゆる芸術を網羅し、魔術的という括りで …

no image

いつでも本はあなたに微笑みかけているよ。

残すところあと三日、今年も終わりが見えてまいりましたが、金曜日ブログ担当の村尾(今回、訳あって土曜日更新)はその今年の終わりの際まで仕事でございます。良ければ大晦日もご来店下さいまし。 さて、こうやっ …

リサラーソンのネコ

結局は自分の猫が一番可愛い

こんにちは、無趣味の栗林(B)です。 この前、「趣味って何なん?」と聞かれましたが ・・・趣味ない・・・( ゚Д゚) 読書は好きですが、もはや職業的になりすぎてしまい 趣味と言っていいものか・・・ 2 …

no image

無関心が一番の敵かもしれない。

金曜日ですね、ブログ担当は(むら)です。 坪内祐三が、以前、欲しいと思った本はその時に買わないとという時代になった、、、みたいなことを書いていましたが、これの本当の怖さっていうのがあって、それは今後、 …

昨日がなければ明日もない

こんにちは、 ゴミ袋もなければ洗剤もない、 悲しい栗林(B)です (なんのことやら)   先週の商談会「BOOK EXPO」、 参加した面々は楽しそうに帰還してきました。 収穫があったようで …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。