スタッフ雑記

「司馬さん」を偲んで。

投稿日:

先日のブログにあった、教科書販売の一回目の倉庫内の準備を、みんなが手早くやってくれたおかげで、本日はお休みをいただいたクリバヤシです。

本日は、国民的作家、司馬遼太郎さんの命日です。

記念館の外観です

「司馬さん」。近所の方は親しみをこめて皆さん、そう呼ばれてました。生前は当店も、本当に長く可愛がっていただいた書店の中のひとつであり、私の父や祖父は、何度か話もしているのに、それが叶わなかった私は、白髪に黒縁眼鏡で、奥様と歩かれているお姿を見掛けるのみに終わり、本当に残念です。

小阪駅から記念館へ向かう途中の公園にて。

気取ったところはひとつもなく、その昔には、商店街の何かの景品として、本にサインをなさったりして気軽に提供された、と聞いてます。

司馬さんの作品は、どうしても小説「竜馬がゆく」いまなら西郷隆盛を描いた「翔ぶが如く」、言い出したらきりがありませんが、エッセイにもう少しスポットが当たってもいいのになあ、と常々思っております。

今、フェアをやってます

「この国のかたち」(文春文庫)が好きですが、司馬さんが国民的作家たる所以は、きっと難しい言葉や内容を、司馬さんがかみ砕いて誰もが読みやすく、時には軽妙に、本当に読者に語りかけるように書かれているからだと、私的に思っております。

おそらく、「もう全部読んだよ」、なんて方はそうそういないでしょう。逆に、知ってるけど読んだことないわ、とかエッセイ(随筆)はそんなに読んだことないな、という方には是非、この「菜の花忌」、司馬さんを偲んで、いまだ読んだことのない作品を手に取ってみるのはいかがでしょうか?

これは是非読んでほしい。

中でも、「21世紀に生きる君たちへ」(朝日出版社)は、絶対に後世に伝えていくべき名著ですので、当店でももっとアピールをしていきたいと思います。

栗林書房では、この「菜の花忌」にちなみ、(日ごろから「司馬遼太郎」棚は存在しますが)、小説ではない、より司馬さんの人柄、考えに触れるような作品を手に取ってもらえるようなフェアを、二月末まで展開しております。

「司馬遼太郎」という著者および作品を風化させることなく後世に伝えていくのも、書店に課せられた使命のように思ったりもします。

司馬さんの作品にとどまらず、司馬さんの関連本などもあわせておいておりますので、ぜひ。

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

尻職人と猫。

金曜日です。 この前、ツイッターに投稿したものがとても多くのリツイートといいねを頂きまして、嬉しい限りな金曜日ブログ担当です(実は過去にも一度めちゃくちゃバズッた事があるのですけども…)。 この柏書房 …

no image

子供たちが読みたい本を、選ぶという仕事。

「ちょっと、子供らが読む本、選んでもらえません?」 月曜から土曜、ほぼ毎朝、栗林書房の前には、その日発売の新刊や、当店のスタッフが追加注文した商品をトラックで届けていただき、私はそれを確認し、いったん …

number

未来を懸けて

こんばんは、運動音痴の栗林(B)です。 サッカーワールドカップも盛り上がってますね! より詳しく知るために。 スポーツ観戦は全く興味がなかったのですが いまやオフサイドが判るようになりました。エッヘン …

久々に楽しんで本を読みました

本を買ったものの、読み進めたが 面白くなかった=失敗=なんで時間をムダにしたんだろう と思うタイプの方が確実に増えているんだろうな、と思う。 売れている本のランキングを参考に、1位なら読む、受賞作なら …

安物雑貨店のドストエフスキー、今年もこのミスにランクイン。

金曜日、ブログ担当の村尾です。 このブログを書き始める前はよくツイッターにもつぶやいていて、それを読んだことある方で知ってるって方もいると思いますが、僕は海外文学をよく読んでいました(今は時間が取れず …

ぶっくりん 栗林書房のマスコット

ぶっくりん 栗林書房のマスコット
栗林書房ブログ スタッフみんなで更新中

店舗ご案内

店舗ご案内

ご注文・定期購読

ご注文・定期購読

教育関係・企業様へ

教育関係・企業様へ

よくある質問

よくある質問

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。