未分類

昨日の気づき

投稿日:

今日は、本日の晩御飯予定のおでんを昨晩からスロークッカーで煮込んでおり、そのたまらんええ匂いを嗅ぎながら、本日のブログ担当クリバヤシが書いてます。

先日も書いておりましたが、当店はこの時期、高校さんの教科書の荷受けが多くなり、その仕分け作業をしたりという業務が通常より増えておりまして、店頭に立つ時間が少なくなり、横着してPCにて昨日は売上データで、何が売れたのかを見ておりました。

今、『君たちはどう生きるか』(マガジンハウス)や、石田ゆり子さんの『Lily』(文藝春秋)、芥川賞作品『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社)などは、今、店頭で絶対必要な本なのですが、つい派手な動きに目が行きがちで、見落としがちなのが、棚に差してある一冊が売れたときであります。

昨日の一冊は『架空通貨』(講談社文庫)

このオビが絶妙のコメントです

これは、『半沢直樹シリーズ』や『陸王』など数々のベストセラーを世に送り出しています池井戸潤さんの作品。

これが出版されたのは、2003年!!15年前です。現代のあの、仮想通貨とは多少、ニュアンスは違うものの、「円」以上に力をもった闇の通貨に支配された街を舞台にした、金融サスペンスものなのですが、昨日、当店でお買い上げいただいておりました。

こういうキャッチーなタイトルのものが店頭でお買い上げいただけるのを見ると、何か嬉しくなるもので、お店としては、こういう本があるのをもう少し早くキャッチしてオススメしていきたいものです。

情報としての仮想通貨に関する本や雑誌はすでに乱立しておりますが、こういう小説で読みたい人にも手に取ってもらえるように、現在、『架空通貨』注文中です。

ぜひこの作品とあわせて、『平成三十年 上・下』(朝日文庫)もなかなか面白いかと思います。こちらは、堺屋太一さんの2004年の作品。消費税20%にはなりませんでしたが、近未来予測の小説としては十分に楽しめる、というか、警鐘として少子高齢化などについても触れられた作品です。

今日は本の紹介をしてみましたー。

 

 

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

本嫌いが読書に目覚めてよかったこと 1

今回は、小さいお子さんのいらっしゃるご家庭の方にぜひ、読んでほしいと思います。 「本に囲まれていいよね」 なんて声を掛けられるのが、私の学生時代の苦痛でした。先週、書いた中のマイナスな方。「勉強のため …

金曜日といえば探偵!ナイトスクープ。

探偵!ナイトスクープwalkerと円広志のハートスランプ二人ぼっち 金曜日です。 しかしまあーなんですねー、金曜日といえば探偵!ナイトスクープですが、この度30周年を記念してKADOKAWAより「探偵 …

キュンタ、はっけん、よまにゃ、ぶっくりん

もう、サッカーで頭がいっぱい、色々話題をまた振りまいてくれます、日本。 次はベルギー戦、夜中3時、でも観る! すいません、今日はこんなタイトルで。 ちなみにこれ、前の3つは「出版社の夏の文庫フェアのキ …

え、お母さんやお父さんも読んでへんやん、スマホいじってるやん

栗林書房です。ちょっと久々な更新ですいません。 職業柄、「新聞」には本の広告が掲載され、その切り抜きをもって来店される 方が一定数いらっしゃるので、色々読むのですが、こんな記事が。 これは産経の夕刊 …

大人になって絵本を見る。そしてハッとさせられる

まさに秋晴れな9月20日。 世の中3連休、しかも23日も休みでシルバーウィークです。 私はワクチン接種2回目を終え、少しゆったりした朝を迎えております。 読書、とかって前回も言ってましたが、フツーにマ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。