未分類

昨日の気づき

投稿日:

今日は、本日の晩御飯予定のおでんを昨晩からスロークッカーで煮込んでおり、そのたまらんええ匂いを嗅ぎながら、本日のブログ担当クリバヤシが書いてます。

先日も書いておりましたが、当店はこの時期、高校さんの教科書の荷受けが多くなり、その仕分け作業をしたりという業務が通常より増えておりまして、店頭に立つ時間が少なくなり、横着してPCにて昨日は売上データで、何が売れたのかを見ておりました。

今、『君たちはどう生きるか』(マガジンハウス)や、石田ゆり子さんの『Lily』(文藝春秋)、芥川賞作品『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社)などは、今、店頭で絶対必要な本なのですが、つい派手な動きに目が行きがちで、見落としがちなのが、棚に差してある一冊が売れたときであります。

昨日の一冊は『架空通貨』(講談社文庫)

このオビが絶妙のコメントです

これは、『半沢直樹シリーズ』や『陸王』など数々のベストセラーを世に送り出しています池井戸潤さんの作品。

これが出版されたのは、2003年!!15年前です。現代のあの、仮想通貨とは多少、ニュアンスは違うものの、「円」以上に力をもった闇の通貨に支配された街を舞台にした、金融サスペンスものなのですが、昨日、当店でお買い上げいただいておりました。

こういうキャッチーなタイトルのものが店頭でお買い上げいただけるのを見ると、何か嬉しくなるもので、お店としては、こういう本があるのをもう少し早くキャッチしてオススメしていきたいものです。

情報としての仮想通貨に関する本や雑誌はすでに乱立しておりますが、こういう小説で読みたい人にも手に取ってもらえるように、現在、『架空通貨』注文中です。

ぜひこの作品とあわせて、『平成三十年 上・下』(朝日文庫)もなかなか面白いかと思います。こちらは、堺屋太一さんの2004年の作品。消費税20%にはなりませんでしたが、近未来予測の小説としては十分に楽しめる、というか、警鐘として少子高齢化などについても触れられた作品です。

今日は本の紹介をしてみましたー。

 

 

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

とりあえず点滴、

4月。 自分の人生、18歳からでしょうか、2月・3月・4月はいつもそばに教科書が。 2月に準備、3月には販売、まだ数年前ですが4月は大学のテキスト販売で出ずっぱりで、 気が付けば5月という、20数年で …

no image

皆様、とうとう七夕&大手出版社の夏のフェアの季節が来ましたよ!

金曜日です。 早速ですが、5月31日のブログに書きましたあの「皆様に大手出版社の夏のフェアのPOPを書いていただこう」的な企画が近々実施することと相成りまして、只今準備しております。 そのブログ読んで …

no image

書店員の仕事「雑誌と付録って別々なんですね!?」

栗林です。ちょっとご無沙汰してすいませんです。 先日は、長年お世話になっている、教科書関係の取引の会社様の創立50周年のお祝い に。なぜか今年は、90周年とか70周年とかキリのいい数字の会社様、大学様 …

no image

春に読む本

こんばんは、久しぶりにブログに復活しました、 約束を破る、悪い奴の方の栗林(B)です。 まだまだ忙しい栗林書房ですが、 私の持ち分の仕事は先が見えてきて、少しほっとしております。 もちろん、教科書の販 …

2月といえば菜の花忌

日曜日。怒涛のような2週間、を言い訳に、久々の更新となってしまいました・・・。 とはいえ、何かと仕事があることは実に有り難いと思う栗林です。 さて、2月。わが東大阪市、とくに当店周辺は、菜の花でいっぱ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。