スタッフ雑記

水道橋博士の新刊とサイキック青年団と私。

投稿日:2017年12月1日 更新日:

ブログ、今回は村尾です。

今回のオススメ本は、文藝春秋 水道橋博士「藝人春秋2 (上) ハカセより愛をこめて」です。

藝人春秋2

藝人春秋2

僕が水道橋博士というか浅草キッドを知ったのは、関西ならよくあることだと思いますが、サイキック青年団で、でした。

サイキック青年団というと最後が壮絶すぎて過激な番組だったと思われがちなのですが、イベント以外の放送は放送禁止を言う訳でも、暴露するわけでもありませんでした。

じゃあ何をしていたのか。

上手くいじる、だと思います。

例えば、サイキック青年団で、ある事件が起こった事があったのですが、のちに「関節技で腕をキメても良いが折ってはいけない、しかし今回は折ってしまった」と反省しています。要は、上手くいじれなかったと。

この、「上手くいじる」に関して、水道橋博士というか浅草キッドはそれが本当に上手い人たちで、それは「男の星座」(名著!)シリーズや前作「藝人春秋」、未来ナースという番組、そして今回の「藝人春秋2」を読んでいただけると分かると思います。

さて、で、今回の新刊で水道橋博士は何と出会いそれをどういじるのか。

上巻だけでも、橋下徹やタモリなど話題性のある人から、三又又三や江頭2:50などいつものメンバー、デーブスペクターやみのもんたとキャラの濃い面々がそろっております。

博士を知ってる方も、知らない方も是非、この水道橋博士の繰り出す活字に浸って頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

久々に楽しんで本を読みました

本を買ったものの、読み進めたが 面白くなかった=失敗=なんで時間をムダにしたんだろう と思うタイプの方が確実に増えているんだろうな、と思う。 売れている本のランキングを参考に、1位なら読む、受賞作なら …

no image

方言聞き間違いもしくはうろ覚えで微妙に間違えた説を検証。

木曜日といつもよりも一日早いですが(村)ブログ書きたいと思います。 皆さんはぶぶ漬けと言えば「帰らへんかなぁ、、、」の合図って言うのはご存じだと思うんですが、ではぶぶ漬けの”ぶぶ”って何かご存知でしょ …

no image

無関心が一番の敵かもしれない。

金曜日ですね、ブログ担当は(むら)です。 坪内祐三が、以前、欲しいと思った本はその時に買わないとという時代になった、、、みたいなことを書いていましたが、これの本当の怖さっていうのがあって、それは今後、 …

no image

そんなに缶をいっぱい描いていいのー?

金曜日です。 先日、マルセルデュシャンのインタビュー本が入荷してまいりました。 河出書房新社「マルセル・デュシャン アフタヌーン・インタヴューズ アート、アーティスト、そして人生について」 この本はと …

橋本治の本が出ています。

金曜日が過ぎてしまいました、日曜日です。 ユリイカの五月号の増刊、橋本治総特集 そして朝日新書714「父権制の崩壊 あるいは指導者はもう来ない」 と先日亡くなった橋本治の本が次々と刊行されています。 …

ぶっくりん 栗林書房のマスコット

ぶっくりん 栗林書房のマスコット
栗林書房ブログ スタッフみんなで更新中

店舗ご案内

店舗ご案内

ご注文・定期購読

ご注文・定期購読

教育関係・企業様へ

教育関係・企業様へ

よくある質問

よくある質問

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。