スタッフ雑記

水道橋博士の新刊とサイキック青年団と私。

投稿日:2017年12月1日 更新日:

ブログ、今回は村尾です。

今回のオススメ本は、文藝春秋 水道橋博士「藝人春秋2 (上) ハカセより愛をこめて」です。

藝人春秋2

藝人春秋2

僕が水道橋博士というか浅草キッドを知ったのは、関西ならよくあることだと思いますが、サイキック青年団で、でした。

サイキック青年団というと最後が壮絶すぎて過激な番組だったと思われがちなのですが、イベント以外の放送は放送禁止を言う訳でも、暴露するわけでもありませんでした。

じゃあ何をしていたのか。

上手くいじる、だと思います。

例えば、サイキック青年団で、ある事件が起こった事があったのですが、のちに「関節技で腕をキメても良いが折ってはいけない、しかし今回は折ってしまった」と反省しています。要は、上手くいじれなかったと。

この、「上手くいじる」に関して、水道橋博士というか浅草キッドはそれが本当に上手い人たちで、それは「男の星座」(名著!)シリーズや前作「藝人春秋」、未来ナースという番組、そして今回の「藝人春秋2」を読んでいただけると分かると思います。

さて、で、今回の新刊で水道橋博士は何と出会いそれをどういじるのか。

上巻だけでも、橋下徹やタモリなど話題性のある人から、三又又三や江頭2:50などいつものメンバー、デーブスペクターやみのもんたとキャラの濃い面々がそろっております。

博士を知ってる方も、知らない方も是非、この水道橋博士の繰り出す活字に浸って頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

変換は便利だけれど

こんにちは、栗林(B)です。 残念ながら(?)乱丁本に当たったことはありません。 一番よくあるのは、「カバーと中身が違う本」でしょうか。 何度か、お客様に指摘されたり 自分で発見したことがあります。 …

「司馬さん」を偲んで。

先日のブログにあった、教科書販売の一回目の倉庫内の準備を、みんなが手早くやってくれたおかげで、本日はお休みをいただいたクリバヤシです。 本日は、国民的作家、司馬遼太郎さんの命日です。 記念館の外観です …

no image

料理本は、色あせない。

「おにぎりがないんです」 本日はお休みをいただいた栗林です。 とはいえ、ちょっと書類の整理に会社に出てきて昼ぐらいまで 少し仕事をしておりました。 昼ぐらいで、ちょうど休憩交代、その際に休憩で上がって …

KLFの評伝が発売しますよ。

もうすぐ6月、という事であと半月ほどすると以前ツイッターに書いた、河出書房新社からKLFの評伝が発売されます。金曜日です。 今の段階でまだ表紙出ませんでしたので代わりの画像を表示しております。 KLF …

尻職人と猫。

金曜日です。 この前、ツイッターに投稿したものがとても多くのリツイートといいねを頂きまして、嬉しい限りな金曜日ブログ担当です(実は過去にも一度めちゃくちゃバズッた事があるのですけども…)。 この柏書房 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。