スタッフ雑記

表紙、装丁に魅了される!「ブックデザインの世界」

投稿日:

はじめまして。大阪樟蔭女子大学国文学科2年生のAと申します。

4月から「書物を学ぶ、書店で学ぶ」という授業を受けていますが、この授業の一貫として栗林書房さんでのインターンシップに参加させていただきました。
その中で、来店されるお客様への対応だけでなく、雑誌の付録とじや棚入れ、返品本の抜き出しなど様々な業務を体験しました。
初めてのことに緊張しながら、本や棚とにらめっこするばかりの時間が多かったようにも思いますが、仕事の大変さと難しさを学ぶと同時に、書店で働くことの楽しさややりがいも感じることができました。

実は、このインターンシップの経験をもとにした企画を、栗林書房さんの店頭で行わせていただくことになりました!

今年で3回目!

今回は「ブックデザインの世界」と題して、私たち学生が、内容はもちろん、思わず手に取りたくなる魅力的な表紙の本を選びました。

全部で6点!

1月14日(金)から2週間にわたってお店の入口に並びます。(もちろん、お買い上げいただけます。)

二人で選書!似顔絵&コメントつきです

普段から本をよく読まれる方はもちろん、あまり読まないなという方にもおすすめです。ぜひお立ち寄りください。

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

方言聞き間違いもしくはうろ覚えで微妙に間違えた説を検証。

木曜日といつもよりも一日早いですが(村)ブログ書きたいと思います。 皆さんはぶぶ漬けと言えば「帰らへんかなぁ、、、」の合図って言うのはご存じだと思うんですが、ではぶぶ漬けの”ぶぶ”って何かご存知でしょ …

夏の心霊本のおススメです。

日曜日です。何か月か振りのブログ書きです。 夏ですね、夏と言えば怪談とか心霊、怪奇な本ですが、今年も暑さの到来と共に入荷しました。 深津さくら「怪談まみれ」、松原タニシ「死る旅」共に二見書房からの刊行 …

寺山修司、宿野かほる、祟山祟。

  恐怖の口が目女 みなさんはおおかみ書房というのをご存知でしょうか? 「プロの作家が商業誌に掲載したけれど単行本化されなかった作品を自腹で書籍化する活動をしている」ところなのですが、そのお …

「試し読み」の偶然な出会いって素晴らしい

あいにくの雨の日曜日。 学校さん向けの教科書の準備に日々追われ、来週も販売があり、週末からは特に、予定がパンパンな栗林です。 最近、コミックにしても、スマホ画面で読むスタイルが定着しつつあるのは承知の …

いくら5つ星のレビューがつこうが、自分で発見した本には敵わない。

先日、朝日放送系列でスペシャルドラマ、『白い巨塔』が放映されてましたよね。 結構、V6の岡田君が主役ということもあり、話題になっていたかと思うのですが、 いかがでしょう? 録画だけはして、まだ見てはな …

ぶっくりん 栗林書房のマスコット

ぶっくりん 栗林書房のマスコット
栗林書房ブログ スタッフみんなで更新中

店舗ご案内

店舗ご案内

ご注文・定期購読

ご注文・定期購読

教育関係・企業様へ

教育関係・企業様へ

よくある質問

よくある質問

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。